↑ハイパー・メガ・ライフル。MG Hi-ν ガンダム Ver.Ka用 HWS拡張セットのレビュー追加です。

HI-ν標準装備の普通のビームライフルが拡張セットにも付いています。

通常のライフルに追加パーツを付けるのは面白いですが重さ的にはパーツを減らして軽量化した方が良かったと思います。

射撃体勢を取るときのハイパー・メガ・ライフルの前方にある足(二脚銃架)も展開できません。

ここは"ハの字"に展開する為にボールジョイントにでも改造しなくてはなりません。バンダイ様の手抜きが残念です。

↑ ハイ・メガ・シールド。縦23cmぐらいあります。

↑ ハイ・メガ・シールドはバインダー&ブースターへと変形します。

↑ハイ・メガ・シールドは盾として使う場合、通常のシールドと重ね合わせて使います。

HI-ν標準装備の普通のシールドも拡張セットに入ってます。

通常のシールドとハイ・メガ・シールドの合体はタイトなので合体用の盾とするのも良いですね。

でも何故か腕との接続パーツは入ってません。MG HI-νと兼用です(^^;)

拡張セット付属のシールは普通のシールドの方を青紫の斑点模様に出来るという毒を感じさせる物もあります。

↑ 胸、腰、足の増加装甲の取り付け箇所です。足はもう1箇所ぐらい固定場所が欲しいかな。

増加装甲装着の画像は下の方にあります。

↑ 残念ながら魂ウェブ限定の限定となった拡張セット。箱サイズは3000円クラスのMGの箱くらいあります。 

 

2014.09.05 MG RX-93-ν2 Hi-ν ガンダム "Ver.Ka" のレビューです。

小説 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレンというパラレル世界でアニメ劇場版νガンダムと同位置である機体ですね。

リニューアル版の2007年の旧Hi-νと違い今回レビューするMGガンプラはリニューアル前の太ましいデザインという事で

プラモ的には今回の方が新製品なのですがデザイン的には前回発売の旧Hi-νの方が新しいという色々と訳分らんガンプラです。

説明書に反して骨組み状態から組み立ててます。説明書通りに組み立てた方がスムーズです。

↑ 逆襲のシャアといえば、ガンダム界のレジェンド、アムロとシャアの最終決戦を描いた作品ですね。

左絵:THE ORIGIN、安彦良和先生。右絵:シャアの日常、南北先生。

↑ 全天周囲モニターのコクピットにアムロさんが座ってます。その上のスペースに別売りのLED発行ギミックが仕込まれるわけです。

胴体はファンネルの重さと電池ギミックの為か可動域は控えめです。

右のヒトデの様な物体は掌で指の第1、第2関節なども動く全指可動の優れもので、

組み立てる必要が無く、ランナーから切り離すだけで完成します!

 

 

↑箱、横の写真。全部撮影するの大変ですからね。助かります。

足裏には爪があります。カタパルトから発進する時に固定するヤツかな?

小惑星に取り付く時とか?またはベースジャバーに乗る時に使うとか?

気になるのは 股間には何もギミックが無いのにアップで載っている事です。何を自慢したいのかしら。

↑今回のイメージ絵ですね。キットより肩アーマーが僅かに大きくて羨ましい。

 

 ↑バックパックを外せば青いνガンダムですね。太ましいプロポーションといっても実際に太いのは膝から下ぐらいで普通体型ですね。

リア・スカートアーマーは大き過ぎると思いましたがH.W.Sを装備すれば釣り合いがとれるのかなと。

↑ 前回のMG Hi-νガンダムではこんな感じの表情になった人もおられる様ですが

↑ 今回のMG Hi-νガンダムではこんな感じになれたカナ?

絵:ガンダムエース、シャアの日常、南北先生。

別売りのガンプラ用LEDユニット(緑)を使うことによって目等が光ります。

頭部の下から光が漏れますがサイコフレームの発光だと思えば良いじゃないっ…!

目全体が光ってしまうので目の縁は黒く塗装してます。(別売りのLR41というボタン電池2個も必要です。)

 

↑ リ・ガズィは相変わらず酷い言われ方ですね(^^;) アムロ大尉の技量でサイコ・ドーガを追い詰めちゃいますが。

リ・ガズィカスタムだったら良かったのにね。

右はグラーブ・ガスのサイコ・ドーガ。ギュネイ・ガスの小説版の名前ですね。ガンダムエースのベルトーチカ・チルドレンの漫画版です。

↑ さて、膝立ちポーズですが、相変わらず膝から下が長いバランスなので普通にやると

ご覧のように片方の膝が地に付かず浮いてしまい、ポーズを維持するのがやっとです。つまり、出来ていません。

↑ そこで、最近のガンプラは立ててる方の足を少し前に出して膝立ちポーズだとしてます。

しかし、これは不自然ですね。場所も取るし、重心バランスも若干悪くなります。

膝アーマーをもう少し前に出す様なデザインにするだけでも違うんですが、設計やデザインの段階で

改善する方法は幾つかあるので Hi-νに限らず是非、検討して欲しい部分ですね。

↑ こういうやり方もありますが更に不自然で足首の自由度が以外と無いのでダメですね。

↑MG F91はHi-νの腰ぐらいしかないです。一蹴りで大破しそう。

右手のビーム・ガトリングガンの整形色は何故かライトグレーです。

 ↑ ビームサーベルの刃を腕に取り付け可能。サザビー危うし!

ファンネル・ハンガーのソケットにフィン・ファンネルが装着されており、まるで鳥の様なバックパック。

鳥の頭みたいなのが付いててSDガンダムの大将軍の装備みたいですね(^^;)

ですが、このバックパックが結構な曲者で……。

↑バックパック基部はMSにしては珍しくコンパクトです。左画像のファンネル・ハンガーの基部をご覧下さい。

それで支えるの?って感じの部品ですよね。普通はこういう部品は前後で挟まれて固定されますが

画像の様にチョット差し込んで終わりです。直ぐには壊れないでしょうけどファネルは結構重量があるので不安です。

↑そしてもう一つ。洋服の値札の如く、ニュー・ハイパー・バズーカをマウントします。

"イタズラで背中にバズーカ貼られちゃった"みたいな違和感です。

↑で、やっぱりバズーカのマウント・ラッチが耐えられなくて白化してしまいました。

こうなると保持力が低下してチョットぶつかると外れたりします。

今回の撮影ではバズーカをマウントしてますが当然、普段は外しときます。

↑ ニュー・ハイパー・バズーカの砲身は伸縮します。ファンネル・ハンガーと左腕にビームサーベル計3本を収納してます。

手首は基部の保持力が心許ない感じなので改善して欲しいなと思います。

↑ MG Hi-νガンダム フル装備。台座無しで撮影しましたので当然、後ろに重さの負荷が掛かります。

フィン・ファンネルとプロペラントタンクを外せば大分安定します。そもそも踵がもう少し出ているデザインでも良いと思うんですけどね。

↑ 付属の支柱を使う事も可能です。コレは台座の一部を外した物です。

手元の資料によると…

νガンダム:第二次ネオ・ジオン戦争に際して、アムロ・レイがアナハイムにアイディアを提供して開発した機体。

サイコミュを搭載し、フィン・ファンネルと呼ばれる遠隔射撃砲台を装備。さらに、ネオ・ジオンからの技術供与により

サイコ・フレームをコクピット周辺に使用し、過敏なまでの反応速度を誇る。

アムロの最後の乗機で、シャアのサザビーと壮絶な決戦を演じた。

 Hi-νガンダム:ロンド・ベル隊所属のニュータイプ専用MSである。

元々アナハイム・エレクトロニクス社のフォン・ブラウン工場で開発中の新型MSであったものを、ブライト・ノアが

赴任の際に手土産としてロンド・ベルに配備される様に手配したのである。メイン・パイロット兼メカニックの

アムロ・レイみずから設計したサイコミュを搭載し、攻防一体のサイコミュ兵装"フィン・ファンネル"を装備する。

急ぎ建造されたνガンダムの設計を改めて見直し、発展型として再設計された機体。

背部にファンネルの充電を兼ねた収納ラックが追加され、継続戦闘時間が増加。

長距離砲撃用のハイパー・メガ・バズーカ・ランチャーも装備された。

スラスターも強化され、火力と同時に機動性も大きく向上している。

↑  だそうです。νガンダムが無かった事になってる訳ではない様ですね。

↑ フィン・ファンネルが一番精神的に作るのに疲れました。加工しないと嵌らない部分も有ったし

同じの6つだもの。一部νガンダムと同じ部品の様です。保持力弱くて"コの字"にあまり固定してくれないから撮影大変でした。

台座が付属します。

 

↑  ガンダムレギルスみたいになってますが、コアファイターはありませんよ。

以上、MG Hi-νガンダムでした。水転写デカールも付属して番号が102番まであります。

デカールを使ってファンネルをグラデーション塗装風に出来ますので挑戦してみてくださいネ。

 

 

↑ 本体に増加装甲を付けた状態。これだとアーマー装着途中みたいですね。

フルアーマーガンダムみたいなバックパックが欲しい。

MG Hi-ν ガンダム Ver.Ka  HWS装備型。

(へビー・ウェポン・システム) フルアーマー化プランだそうな。

↑ シールドが重いです。ここまで巨大な武器を装備すると

肩の引き出し関節が仇となってしまいます。派手なポーズをとらなければ大丈夫ですが

シールド専用の台座が必要なぐらいです。

↑手首が重さに耐えられない為、ハイパー・メガ・ライフルの後部下面に

軽く引っ掛けるパーツがあり、ソレで保持します。

MG Hi-ν ガンダム Ver.Ka  HWS装備型。第2形態。

バックパックの鳥の頭の様な部分の青いパーツと差し替えてブースターに変形したシールドを取り付けます。

バズーカは懸架してるだけかな?打てるのかな?

↑ ↓ 巨大なブースターは上下でき、角度が決められます。

↑ 小型のデンドロビウムみたいになってる様な。ガンダム7号機の重装型とかSガンダムのディープストライカー程ではないですけど。

デンドロみたいに"擦れ違いざま"にビームサーベルで切り付けそうです。隠し腕でね。

ビームサーベル5本装備してます。

↑ もはや隠しステージのボス戦です(^_^;)

↑ やらせるか!フィン・ファンネル!

もっと使い勝手の良い台座が欲しい。お値段的にコレになったんでしょうけど。

カッコイイけどこの状態でズーッと飾るのは危険ですよね。

↑ ポーズを付けて遊ぶ分にはコレぐらいの装備が丁度良いです。

↑ 本体のスカートアーマーの青い部分を外すと増加装甲の腰パーツの可動域が広がります!

本体の下半身がもう少し動けばもっと格好良いポーズが出来るんですけどね。

以上、漫画の活躍も気になる MG Hi-ν ガンダム Ver.Ka  HWS拡張セットのレビューでした。

その他のレビューはこちら↓です。

MG シム・スナイパー ホワイト・ディンゴ隊仕様

 

 ホームへ戻る