2014.08.24 烈車戦隊トッキュウジャー ミニプラ 烈車合体 サファリガオー のレビューです。今回は10個入りBOXで

アソートは全部同じかは不明ですが5種類の各2個づつでした。

で、トッキュウオーと大部分が同じなので新造されたランナーから見てみましょう。

サファリレッシャー(ライオン)の付属品で黄土色のランナーは全て新規パーツですね。

ミニプラ トッキュウオー

 

↑頭部は2つあります。白の頭部は使いませんけどね。

それにしてもさサファリガオーの顔面のリングはどうして付けちゃったのでしょう。

デザイン会議の段階で「れ、玩具化したら丸顔に成っちゃいません?」って誰も言わなかったのカナ。

↑コチラはサファリレッシャー(パンダ)に付いてくるシッポブレードのパーツです。

刃の部分は勿論、2番の持つ部分も軸が更に追加されており、新造パーツとなっております。

↑映画は見てないですけど、ダブル飛び蹴りがあるのですね。関節可動が多いとやっぱりポーズ決まりますね。

次はクリアーですか。私はBOX買いだから凄くお金がかかります。15000円はもう逝ってますネ。

食玩だから楽かと思ったんですけどね。ラインナップが多いのは良い事ですけどね。

↑ パーツ洗浄したんですけどシールがシールが剥がれてきますね。現在夏ですから、この気温と扇風機をかけながら撮影してるからかなぁ。

名称はサファリレッシャー、(ライオン) (イーグル) (ワイルドキャット) (アリゲーター) (パンダ)です。

ライオン以外は形はトッキュウオーと同じです。

↑ ミニプラ サファリガオー、ライオン形態ですね。トッキュウオーには無い追加された形態。

↑ 前半分はナカナカ様になってるのですが後ろ半身は無理やり感がありますね。

太腿部分から全く別の物に新造されればロボ形態共に良かったのですが大人の都合でしょうか。

 

↑ ミニプラ サファリガオー ロボモード。超装甲ギンガイオーみたいな追加パーツって良いですよね!

↑ ムゲンバインぽくなっちゃったけど変な色分けが無くなって格好良くなりましたよね。

新造パーツが利いてますね。足の膝や脛に増加装甲が有ると尚良かったと思います。

↑ 相変わらず肩はあまり動かないです。

↑ 武装烈車のポリスレッシャーかドリルレッシャーが色的には合いますね

。またシールが剥がれてきちゃって申し訳ないです。

↑ 一応、トッキュウオーに装着。

鬣はライオン頭部ごと取り替えないと付けられません。

↑ 超超サファリダイオー?超超トッキュウダイオーと同じく合体が可能です。

やはり膝辺りに追加パーツがないと白タイツに見えちゃいますね。

 

↑ 前回やった合体で。新規パーツがジョイントの役割をしてくれたので

サファリガオー、ディーゼルオー、ビルドダイオーのパーツを全部付けられました。

ポーズを付ける時は重くなるから余計なパーツは外しますけど。

↑壊れた トランスフォーマー玩具から拳を取り、付けてみました。

↑あまり重い武器は持たせられませんでしたが武器が豊富になりました。

こうして見るとプロポーション自体は悪くないのでまだまだ改造で良くなるかも。

 

 

ミニプラ ディーゼルオー

ミニプラ 第3弾 武装烈車

ミニプラ ビルドダイオー

 

ホームへ戻る