ウルトラアクト( ULTRA-ACT )のウルトラマン別売りのブラザーズマントです。マントは台座とセットです。足元のエフェクトパーツは付属しません。

 

※ ブラザーズマントは旧商品のウルトラアクト( ULTRA-ACT )ウルトラマンとセブンには装備できません。(2010年6月と12月発売の物。)

私はコレが初のレビューですのでよく分りませんが マン、ゾフィー、セブン、新マン、エース、タロウ以外のウルトラマンも装備出来ないと思われます。

↑ブラザーズマントが背中から少し浮いているのと広げすぎると大きな切込みが入った様になってしまいます。

プラ製で重みがあり、装備してない状態より転倒し易くなります。それで光の国の色のイメージという台座が付属する訳ですね。

↑ 本体の方の商品内容は以上です。現段階で一番動くウルトラマンだそうです。ブラザーズマントが付けられるリニューアルバージョンです。

首の根元はデザイン上、あまり動かないのですが猫背に出来るなど良く出来てます。

股関節は緩めで調整できる人はした方が良いかも。受けの方に強制的に仁王立ちさせるようなクセが付いておます。

といってもボールジョイントなので棒立ちもできますし、それ程 問題ではないです。

カラータイマーの赤色パーツが付いてますが硬くて取り外せなかったので割愛しました。カラータイマーと目はクリアーパーツです。

ウルトラスラッシュ(子供の頃の私は八つ裂き光輪と呼んでましたが。)は持ったまま固定。スペシウム光線も出たまま固定されてます。

↑ 昔、カップラーメンのCMで3分待てないで飛び立ってしまうというのがやってた気がしたので。

あとピースしてる手首の使い方が分らなくて。理由があるんだろうけど私は詳しくないのです。可動させると

ウェットスーツみたいな体に分断線が入ってしまうのでウルトラマンの可動フィギュアはあまり好きじゃなかった(ソフビは大好きだった。)のですが

今回のは可動を活かしまくりなのでかなり気に入っております。

久しぶりにウルトラマンを手にした率直な感想は「神々しい」でございました!昔はよく再放送やってたんですよね!

ホームへ戻る