Counter
○○のお店





エアコンの中には「カビ」や「ホコリ」がいっぱい!!
エアコンの吹き出し口から何だかイヤなニオイがしたことありませんか?
それは内部に「カビ」、「ホコリ」、「細菌」、「ダニ」、「花粉」などが
ひしめき合ってるからです!

エアコンの内部には通常、余った水はドレンホースから室外に排出されるのですが、
いくらかはどうしても溜まってまっています。その水分と適度な温度で必ず「カビ」が発生します。

また、エアコンは上部から部屋の空気を吸い込んで下の吹き出し口から温度変換された
冷風や温風が送り出されているのです。


            ということは!!!


部屋のホコリ、タバコのヤニ、花粉などを吸って、
おまけにエアコンの内部のカビ、細菌、も一緒になって
吹き出し口から出てきて部屋中に撒き散らしているんですよ!

これは ちょっと!って感じですよね。

 

  左の写真:冷風などを送り出すファンです。
         内側までカビやホコリがぎっしりとこびり付いている
         のが分かると思います。

  右の写真:内部に溜まった余分な水分を排出する                    ドレンパン。こちらも、カビが大量発生していますね。




冷暖房の効きが悪くなります!!
カビやホコリが1番溜まりやすいのは熱交換器(アルミフィン)です。
ここの汚れを除去しないとエアコンの本来の力が発揮できなくなります。

 

  左の写真:熱交換器(アルミフィン)の表側です。
         アルミなのに色が黒っぽいですよね。
         ここもカビやホコリの仕業です。

  右の写真:アルミフィンの裏側です。
         こちらも、錆なども発生しています。




電気代がアップします!!
エアコンの内部にカビ、ホコリがたまると、熱効率が悪くなり
消費電力が増えるので当然電気代もアップします。



エアコンの寿命が短くなります。
掃除せずに使い続けるとモーター等に余計な負荷がかかり
寿命を縮めたり、故障の原因にもつながります。




        1.エアコンをつけるとカビ臭い又はヤニ臭い。
        2.冷房の効きが悪い。
        3.音が大きくなった。
        4.過去2年以上掃除していない。
        5.市販の洗浄スプレーで掃除したことがある。

     これに思い当たればクリーニングをお勧めします。
   




        1.周囲の養生
       
        2.動作確認
           作業前に温度測定などの動作確認を行います。

        3.分解作業
          前面パネル、フィルターなどを取り外し、室外機との配管接続部分を外して
          本体を取り外します。

        4.クリーニング
          前面パネル、裏面パネル、フィルター、アルミフィン、ファンを隅々まで
          徹底的に洗浄します。

         ※浴室か、ベランダ、お庭などをお借りして洗浄しますので予めご了承ください

        5.取り付け
          分解したパーツを組み上げて取り付けします。
       
        6.真空乾燥
          冷媒配管を一度外しますので真空ポンプを使用し、配管内を真空乾燥
          させます。

        7.点検・終了
          作業前と変わりないことを確認します。





              ・家庭用壁掛けエアコン(横幅90cmまで)      ¥15000(税込み)

              ・2台ご依頼の場合は1台につき            ¥13500(税込み) 

           
              
        

        (ご確認事項とお願い)
              ・作業時はエアコンの真下に脚立が置けるスペース(約畳1畳)が必要となり
               ますので、テレビやベッドがある場合はご相談下さい。

              ・置物などはお客様に事前に移動をお願いさせていただく場合があります。

              ・作業時間は1台約4時間の予定です。

  




        ・高圧洗浄では取り除けない汚れを丁寧かつ徹底的に洗浄します!
         壁に掛かった状態で高圧洗浄機を使用して洗浄する業者さんもいますが、それでは
         アルミフィン(熱交換器の裏側・内側や、ファンの中、それに結構ホコリが溜まって
          いる本体と壁の間などはしっかり洗えてません。
         だから本体を取り外し、分解するのです。
         そうしないと隅々まで完璧にクリーニング出来たとは言い切れないですよね!!