ゼロスいじめゲーム最終回!?



朝、コレットの
シャッジメント
をもろに受けたゼロス・・

そんな、ゼロスをよそに、仲間達は
モンスターと戦っていた・・・

むろん、ゼロスも
戦闘パーティの一人だったため・・・。

ゼロス「魔人剣!・
ファーストエイド!・サンダーブレード!!・・・・・」

なんやかんや、TPを仲間の為に
使い過ぎたゼロス・・・。
どんどん自分のHPが無くなるのに・・・
気づいたのは、

三度目の戦闘のときであった・・・
ゼロス「あの〜リフィル様・・・」

リフィル「何かしら?
今、ロイドのHPを
回復しようとしているのに」

ゼロス「ロイドもやばいげどさ・・・
俺様もやばいんですよ〜(汗)」

リフィル「あら、貴方はまだ大丈夫じゃない?
回復するまでもないわ」

ゼロス「えっ!?・・・・
全然平気じゃないんですけどぉ!!!?」

ロイド「ゼロス!危ない!」

ゼロス「えっ?・・・・
ぐはっっっ!!」

ロイドはいきなり、ゼロスを切りつけた・・・・

ゼロス「ろ、ロイドっ・・・
くん!?・・・・」

ロイド「あっ、わりぃ・・・間違えちゃったぜ・・
はっははは・・」

ゼロス「違うだろう!!!
わざとだろう!!!?」

ロイド「本当にごめんな!あっ、
これ、リーガルが作ったサンドイッチ。」

ゼロス「おぉ〜♪サンドイッチじゃん。
これなら体力回復できる・・・
ヴっ!!!」

サンドイッチを口に入れた
ゼロスの顔が一気に青ざめた・・・

ゼロス「これ、本当は誰がつくったのかなぁ〜?」

ゼロスはロイドを睨んだ・・・

しいな「それ、リフィルのお手製だよv」

ゼロス「・・・・・・・・
・・・・・・・・チ〜ン〜」

ゼロス、失神・・・・

ロイド「ぜ、ゼロス!?」

しいな「大丈夫だよ。
気絶しているだけ」

コレット「ねぇ、しいな・・ず〜っと、ゲームやるの?」

しいな「やるさ、う〜ん・・・世界が一つになる
まではね♪」

しいなは笑いながら言うのだった・・・

ゼロスのいじめゲームは
まだまだ、続く・・・・


ゼロス(なんで、こうならないと
いけないんだよ〜!・・・俺様、しょんぼり・・・・)
END




あとがき

いや〜一旦終わりました・・・
もし。また、やってほしい
と要望が来たら、いつかまた、やりたいです(笑)