■ハイワッテージバルブに交換■
クリアトレーサー H4U/エクストリームホワイト

ホームセンターの特価コーナーに498円でバルブ2本セットが売ってました。
あまりの安さに即買い。

パッケージには・・・・

HIDクラスの輝き・明るさ。
消費電流12V60W/55W
高効率110/100W(クラス?)
車検対応、取り付け簡単、リレーハーネス不要


・・・となっていました。
消費電流はノーマルと同様ながら明るさだけをアップした、
効率の良いバルブなのだそうです。
他の同様の商品を見ても2980〜5980円くらいはするので、
これは圧倒的にお買い得。
レイブリックやPIAAなど有名メーカー品ではなく、
「株式会社・ワイド」という怪しげなメーカー。

大丈夫かいな・・・(汁



●さっそく取り付け作業●
交換作業に工具は一切不要です。

まずは、バルブのカプラーを外します。
シンプルなツインは作業環境が比較的良いので、
余裕で手が入ります。



ヌルって感じで外れました。


次にバルブ周辺をシールしている、
ゴムブーツを外します。


ゴムブーツには「TOP」と書かれた部分を上にします。
間違うとライトレンズに水が溜まるので注意!


バルブを固定するスナップを外します。
フックにかかっているので、これを指先で外すだけでOK。


出てきたライトバルブ。
左がノーマル、リヤが498円バルブ(ノーマルのほうが高いと思う)
なんとなくちびまるこちゃんの丸尾クンを思い出す。
ハイワッテージバルブは、むじん君風の丸尾クンだ。(古い。。。
ちなみにバルブのガラス面は絶対に手で触らないように!
間違って触った場合、アルコール系のクリーナーなどで拭きましょう。


分解作業と逆の手順でバルブを交換します。
見た感じ、うっすらブルーになって引き締まったような気がします。



明るさ比較。でも画面ではわからないですね(笑
ノーマルの黄色っぽい光にくらべ、
高効率タイプのほうが明らかに白い光に変わっていました。
しかもガラス表面のブルーがヘッドライト下側に写っています。
ちょっとしたアクセントにはなりますが、だからどうしたとツッコミを入れる自分。

もちろん、実際に夜間走行してみての違いは・・・・微妙です。

なんか、最近は安物買いの銭失いになってるような気が。

その前に、ノーマルでも十分明るいよ。



ところが・・・
そのバルブもわずか一年程度で球切れ。

ガッデム!
哀れ、片目になったTwin。


暗い夜道ではさすがに怖いので、外したノーマルバルブに戻そうと思い、
押し入れをガサゴソ探してみましたが、ない!
う〜ん、捨ててしまったか。残念。
しかたがないので、近くのホームセンターに買いに行くことにしました。

そこで購入したのはこちらです。

ビームスH4Uウルトラホワイト

HIDクラスの白さを実現!美しい光を放つホワイト光

■夜間のドライブで抜群の視認性
■明るさ、白さのバランス重視
■HIDクラスの輝きと白さを実現

夜間のドライブで抜群の視認性って、それ意外になにを求めるの?






こちらはさらにパワーアップして、60/50Wの電力で130/120Wクラスの明るさ。
値段は今までの3倍以上(って今までが安すぎです)1764円なり。

メーカーはミラリードとこれまた怪しいメーカーです。
ちなみに中国製と書いています。
中国4000年の歴史、その実力をとくとご覧あれ。



捨てたと思ったら

なんてこったい、買った直後に、最初に外したノーマルバルブを発見!
これまたガッデム!も〜プンプン!切腹です。



さてさて、装着後のレポートは。
取りつけは以前にも行ないましたので、
スイスイと作業完了、もう手馴れたもんです。
で、たしかに明るくなりました。

青い瞳も健在で、けっこう気に入りました。
さすがは中国4000年の歴史、恐るべしです。


ただ、コレ系のハイワッテージタイプは、もともと寿命が短いそうです。
やはり一年程度が目安なのだとか。そうですか・・・




トップへ