■スタッドレスタイヤを装着しました■

雪国に住むワタクシにとって、冬のスタッドレスタイヤは欠かせません。
はじめての冬を迎えるツインに、新しいスタッドレスタイヤを装着しました。

購入したのは、高岡市のスーパーオートバックスです。
新聞の折込広告に、4本セット9800円!
あまりの安さに「いや〜軽自動車って、本当にスバラシイですね〜」
・・・・水野晴郎風に感動?してみます。

折込広告に掲載していたのは、オートバックスのオリジナルブランド、
ノーストレックというスタッドレスタイヤです。
以前、ミニに履いたとき、なかなかのグリップだったのでコレに決定しました。

タイヤサイズは以下の3種類がありました。

135・80R12
145・70R12
145・80R12

上記の3サイズはいずれもツインに装着可能で、値段も一緒。
普通のタイヤは太いほうがグリップするのですが、
スタッドレスは広いとデコボコに対して設置面積が減り、かえって滑りやすくなるそうです。
(雪国に住んでる人にとっては当たり前の話ですが、
雪の路面は平ではなく、ワダチなどで、デコボコします。)
かといってタイヤ幅が狭いと、適切な空気圧で車重を支えることができないため、
スタッドレスは車体指定のタイヤにするのがベストなのだそうです。
とはいってもツインの場合は、標準以下にタイヤ幅を細くすることはできませんが・・・
ワタクシはかなり車高を確保できる、145・80R12に惹かれたのですが、
万が一、フェンダーに当たったら泣きだろうなぁ・・・
ということで、結局標準サイズとまったく同じ135・80R12にしました。

で、さっそくお目当てのタイヤをレジにて注文。
すると、何故か更に割引されて、結局6800円!!
なんでやねん!(まぁ、いいけど)
そういえば、ツインに一万円以上の部品を取りつけたことがないことに気が付く・・・

新品ナラシを兼ねて、12月入ってすぐにタイヤ交換。
新品時は1000キロ程度走ったほうが、タイヤ表面のオイル成分が飛んで安定するそうです。

タイヤ交換は自宅で作業しました。
油圧のガレージジャッキ(ホームセンターで2980円)で車体を持ち上げ、
ウマも持っているのですが、めんどうなのでタイヤを車体下にかませて対応。
30分ほどですべての作業が終了しました。



装着状態はこんな感じ。
タイヤ表面のブロックで、サイドはずいぶんと角ばった印象です。
まだ雪が降っていないので、グリップはなんともコメントできませんが、
晴れ路面では走行ノイズと乗り心地は若干ダウンするものの、
ハンドルが軽くなりました。
ノーマルのスチールホイルをはじめて履きましたが、
丸いツインに意外と似合ってるなぁと実感。
これもまた、良しかな。


■冬将軍到来!■

前日の夜から、寒気が入り、朝起きたら車はご覧の通り。
積雪30センチくらいでしょうか?
長靴が埋まってしまう雪の量です。
やばい、このままではツインが凍え死んでしまう。



スノーブラシで格闘すること10分。

ツイン救出成功!
ついでに駐車場も除雪作業。


雪上走行レポートへ行ってみよう!



走ルンですトップへ