対州屋について
対州屋のこと
作業者紹介
対州屋の業務内容

サービス / 料金
基本作業と料金
修正オプション
ブログ構築とアップロード
送付について
お支払い方法

ここが違います
基本修正事項
解像度とファイルの種類

作成の流れ
作業の流れ
絵画・書などのファイル化
送付方法

お問い合わせ/ご注文
注意事項
連絡先
連絡フォーム
Q&A
ブログ


対州屋について

                                                 


対州屋のこと

 アルバムの中でずっと眠ったままの写真たち。それは家族の貴重な「記憶」ではないでしょうか?対州屋はそんな写真たちを安価で見やすい画像ファイルに変換いたします。写真アルバムをページごとスキャンして19円コースがおすすめです。600dpiという高解像度でスキャンしますので、あとで1枚ずつの画像に編集・修正が可能です!
 こんにちは。上の画像は「対州屋」の看板馬、長崎県対馬原産の在来馬・対州馬の「 ひん太 」とうちの娘です。
対州馬は、車の入れない細い坂道が網の目のように広がる長崎市で、建材や石材などを背負って頑張っていた馬なのですが、現在では業者もいなくなり、その数も激減していった結果、絶滅の危機に瀕しています。
そこで、もう一度対州馬の活躍の場を!ということでトレーニングに励むのが ひん太なのです。
そして、かつての対州馬たちのように坂の町で頑張っていこうということから始めたのが、「対州屋」の業務です。坂の町でいろいろな仕事をする内に、様々な思い出を背負った方々とお会いし、その貴重な思い出を後世までクリアーな形で残したいという気持ちから、「プリント写真のデジタル・ファイル化」を始めました。
 どんな方にもある、「子ども時代」そして、自分を育ててくれた保護者や周りにいた人達。その記憶を未来に残しておく為の、ささやかなお手伝いができれば嬉しい限りです。そしてそれを見た人が少しでも目を輝かせてくれたら・・・それが私たちの「やり甲斐」に他なりません。

作業者紹介

江島 達也

 長崎市泉町生まれ。 私の「故郷」は戦後間もない頃造られた、お風呂もないアパートで棟の名が「隼(はやぶさ)」。それが絵師としての屋号です。群馬大学教育学部美術科卒。 大学の4年間、実にボンクラな学生でしたが、4年目は仲間と自主ゼミを立ち上げJ・デューイやM・モンテッソーリなどの教育学を学びました。この頃、前橋市内にあったフリースクール(オルタナーティブ・スクール)をつくる会などに参加しまして、この時期の様々な社会人との出会いが、その後大きな影響となりました。
包装機械メーカーの東京営業所に入社、8ヵ月後退社。

平成2年より長崎県教員として県内各校に勤務しました。 平成17年末退職後、フリーのイラストレーターとして活動開始。
平成23年3月 「僕の子ども絵日記〜ながさきの四季」(長崎新聞社)出版 
平成24年 「長崎の坂道で対州馬の荷運び再現」プロジェクト。

平成25年 再び長崎市で対州馬による荷運び業再開を目指し「対州屋」として活動開始。

平成27年 あさひ日本語学校(長崎市)校長職を兼任

ブログ: 「アトリエ隼(はやぶさ)仕事日記」 長崎の炭坑・教会・歴史などを紹介しています。




blog版 対州屋 ホームページ

対州屋の業務内容

・プリント写真など紙媒体のファイル化
・画像調整ソフトによる調整・修正
・OCRソフトによるファイルの変換
・ブログ構築
・デジタルイラストの作成
・チラシ、フライヤー、書籍原稿ファイルの作成
・その他各種作業