東急不動産だまし売り裁判購入編 - 林田力 : 本

林田力『東急不動産だまし売り裁判』 林田力『東急不動産だまし売り裁判購入編』(Amazon Kindle)は東急不動産だまし売り裁判におけるマンション購入経緯にフォーカスする。東急リバブル東急不動産は消費者が知りたい不利益事実を説明しなかった。東急リバブル東急不動産は住まいの対極に位置する。東急リバブル東急不動産は住まいという言葉が保証するもの全てを最大級に脅かす。

東急不動産だまし売りは以下の文章で説明できる。「ビジネスが社会悪になってしまう要因は、市場での取引に基づく関係が、『一時的』なものでしかないから」(今野春貴『ブラック企業ビジネス』朝日新書、2013年、212頁)。一般の消費者にとって不動産は一生に一度あるかないかの大きな買い物である。リピーターがないと考えれば、東急リバブル東急不動産のような不誠実な悪徳不動産業者にとって、だまし売りが合理的となる。

「消費者から見ると、一生に一度しかチャンスがないですから、一度被害を受けちゃうと、次はやめますというような事が基本的に難しい」(五十嵐敬喜、耐震偽造から日本を立て直す会『建築革命―偽装を超えて「安全」で「美しい」まちへ』KJブックス、2006年、186頁以下)

東急リバブル東急不動産は売ったら売りっぱなしである。マンションだまし売りが東急リバブル東急不動産のビジネスになっている。マンションだまし売りは泥棒と同じである。東急リバブル東急不動産は巧妙に責任を取らずに逃げやすい状況にしている。東急不動産だまし売りは未熟な建築を放置し、間違っていてもばれなければいいという開発を助長した。東急不動産の関心は金だけである。東急不動産のやり方は汚い。指の先まで腐っている。信頼に値する人間は、マンションだまし売りなどしない。

東急リバブル東急不動産は取り返しのつかないことをした。東急不動産だまし売りは消費者を押し潰すものである。東急不動産だまし売りは消費者の運命を狂わせる。東急不動産だまし売りは人間性の搾取である。東急リバブル東急不動産は対話の代わりに脅迫を強めた。東急リバブル東急不動産の態度は哀れみも、情けも、悔悟も、人並みの感情など持ち合わせていなかった。東急リバブル東急不動産が本質論で向かって来ない理由は、不利になることが目に見えているためである。

東急リバブル東急不動産は、その場しのぎの真っ赤な嘘を口にする。東急リバブル東急不動産は嘘をついている。嘘をついたと消費者にばれたことも分かっている。東急リバブル東急不動産は消費者に敬意を表することなく刹那に生きている。林田力は東急リバブル東急不動産に真実を話す機会を何度も与えた。しかし、その機会を東急リバブル東急不動産は無駄にした。東急リバブル東急不動産は良心や倫理を喪失している。

東急不動産課長は「裁判所でもどこでも好きなところに行ってください」と開き直った(林田力『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』「一方的な切り上げ」)。東急不動産課長は控えめに言っても無能である。大物面をして歩き回るだけが能である。東急不動産課長は、とんでもなく不愉快な人間である。どうすれば東急不動産課長のような不機嫌で無愛想な人間になれるのか。ブラック企業の上司は部下の頭を生産的な方向に導いてくれそうな示唆に富む質問はなく、アドバイスもない。

林田力は涙を抑えられなかった。それは、ある種の解放となった。ダムの堰が切れ、感情がほとばしり出た。林田力は泣き止んだ。喉がヒリヒリと痛み、泣き止むしかなかった。それから思いも定まらないままに宙を見つめ、何時間も同じ姿勢で横になっていた。林田力は東急リバブル東急不動産を放免するつもりはなかった。東急リバブル東急不動産の無礼な態度だけでも、見逃しは筋が通らない。

東急リバブル東急不動産に先見の明はない。東急リバブル東急不動産は自分達の消費者の基盤を壊している。東急不動産だまし売りは不公正であり、間違った経済学である。信じられないような恐るべき東急不動産だまし売りの実態は、東急リバブル東急不動産の企業体質の必然的な産物である。問題は東急リバブル東急不動産の内側にある。その自浄能力が問われている。

アマゾン ジュンク堂書店 ビーケーワン セブンネット 7&Y JBOOK TSUTAYA 紀伊國屋 HMV e-hon NEO Google ブックス