禁煙とは

禁煙とは、煙草を吸うのを断つことです。また、その努力をしている時にも使われています。
少し前は“禁煙ブーム”が巻き起こっていました。
そして煙草税が上がったり、分煙化が進み、喫煙できる環境が公共の場で減りつつあることから、それは徐々に定着しつつあり、人々の喫煙率は低下しているように感じます。タバコなんかやめようよ

なぜ身体に害を及ぼす煙草は、人々に浸透していったのでしょう。
煙草は新大陸(アメリカ)で生まれたと言われています。
新大陸の先住民はすでに喫煙が習慣となっていたようで、それを目にした探検家たちがヨーロッパの自国に持ち帰った事が、世界に広まったきっかけのようです。
フランスでは、「嗅ぎタバコ」が貴族に愛用されていたようです。
また、スペインの医者が煙草は万能薬になると発表したことが、煙草の普及に拍車をかけたようです。
煙草の語源もスペイン語やポルトガル語の 「tabaco」だと言われています。
日本では、戦国時代の終わり頃に輸入され始め、江戸時代には一般の人々にも浸透していたようです。

人々の格好品として親しまれた煙草、どのように禁煙化の時代が起きたのでしょう。
日本で初めて禁煙を“法”として発したのは、江戸時代のようです。その時のお触れは煙草への非難ではなく、反幕体制側に煙草を親しんでいる人が多かったようで、その統制のために出されたようです。
海外では万能薬と信じられていた煙草ですが、1828年頃、煙草に含まれる「ニコチン」に毒性があると確認されました。
反煙草運動もあったようですが、シガレットが流行し始め、なかなか煙草を人々から遠ざけることは出来なかったようです。
実際に煙草が害のあるものと位置づけられたのは、第二次世界大戦以降のようです。肺がんの増加は喫煙と関係があるのではと疑われ始め、研究が進められたようです。
その後、様々な研究の結果に基づいて、1962年にイギリスで,1964年にはアメリカが「喫煙が肺がんによる死亡の増加の原因となる」と報告を出し、喫煙の健康に対する人々の懸念は一層高まったようです。

ただ、“禁煙に終わりはない”と言われます。一度煙草を手にしてしまうとニコチンを受け入れる事を身体が覚えてしまうようです。ニコチンの依存症の高さも怖いものですね。禁煙グッズを検討してみましょう。

中古車なら禁煙中古車

じゃがいもで禁煙?

禁煙支援マニュアル|厚生労働省