M57リング星雲


m57_s95.jpg(49396 byte)

2013.6.30 21h01m〜06m
15秒露出×6枚コンポジット
キヤノンPowerShot S95、JPEG(ISO1600)
IK-51反射望遠鏡カセグレン焦点+XW40mmでコリメート撮影(合成915mmF2、4270mm相当)、トリミング、ノータッチ追尾
ステライメージ6にて画像処理




2011.11.12 18h29m〜39m
30秒露出×3枚コンポジット
キヤノンEOS Kiss デジタルX(IRカットフィルター除去改造、LPS-P1フィルター併用)、RAW(ISO1600)
IK-51反射望遠鏡カセグレン焦点+自作レデューサー【クローズアップレンズAC3+AC5】(合成3060mm F6.0)、ノータッチ追尾
2×2ソフトビニング、トーンカーブ調整、トリミング、マスク処理などステライメージ6にて画像処理

★赤外カットフィルター除去改造(誠報社のクリアフィルター改造)したデジタルカメラで撮影しました。ノーマルであるEOS Kiss X3で撮影した下画像と比べると感色性の違いが分かります。



2011.10.2 20h16m〜23m
10秒露出×8枚コンポジット
キヤノンEOS Kiss X3、RAW(ISO3200)
IK-51反射望遠鏡カセグレン焦点+自作レデューサー【クローズアップレンズAC3+AC5】(合成3060mm F6.0)、ノータッチ追尾
ダーク減算、2×2ソフトビニング、トーンカーブ調整、トリミング、マスク処理などステライメージ6にて画像処理

★環状星雲・ドーナツ星雲の愛称もある惑星状星雲で、太陽の0.5倍以上8倍以下の質量の恒星が一生を終えてガスを宇宙空間に放出した姿です。条件の良い時に51cm望遠鏡305倍で見ると中心星の存在がわかります。
↓51cm望遠鏡で見たイメージ

天体画像ページへもどる back

トップページへもどる home