かに星雲近くの彗星状天体(2010.12.12撮影)









2010年12月12日(JST)
1枚目 19:39:11 7枚目 19:56:37
2枚目 19:41:11 8枚目 20:02:45
3枚目 19:44:11 9枚目 20:03:45
4枚目 19:51:37 10枚目 20:04:44
5枚目 19:52:37 11枚目 20:06:45
6枚目 19:55:37 12枚目 20:07:45

※30秒露出して30秒中断という撮影間隔でした。一部間隔が空いているのは、ガイド不良で撮影直後に削除した画像があったためです。
※彗星状天体は南方向(画像下方向に移動しています)

30秒露出×12枚コンポジット
キヤノンEOS KissX3、JPEG(ISO6400)
IK-51反射望遠鏡カセグレン焦点+自作レデューサー(4540mm F8.9)、ノータッチ追尾
4×4ソフトビニング(拡大画像は2×2ソフトビニング)、トーンカーブ調整、トリミングなどステライメージ6にて画像処理

★ 約1年前の撮影でしたが公開するタイミングを逸していました。星ナビ2012年2月号「新天体発見情報」に経緯が掲載されています。
撮影中にも棒状の天体には気づいていましたが、微光星の集まりかな、ぐらいに考えていました。それでも何となく気にかかっていたので、帰宅後に画像再生してチェックしてみると移動しているのに気が付きました。 即座に天文台に戻って再撮影して確認すれば良かったのですが、その時は思い浮かびませんでした。
その不思議な形状から何なのか悩みながらも、1994年のシューメーカー・レヴィ第9彗星のような分裂した彗星かもしれないと思い、翌日午後、思い切って国立天文台に報告しました。その後の経緯は星ナビ記事のとおりになります(後日アストロアーツHPに掲載されると思います)。 当方でも天候の回復した12月15日に捜索してみましたが見つかりませんでした。可能性としては中野主一さんが書かれていたとおり、遠方(惑星軌道)の人工天体から一時的に燃料が噴出されたのではないかと思います。

確認観測等にご尽力いただきました方々に対しまして、お手数をおかけしましたことをここにお詫びいたします。

トップページへもどる home