じゃが島タッグカップ(名称募集)



みなさんちゃんと最後まで読んで下さいね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 連絡事項 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
第1回大会終了しました。
優勝はデルタフォースです。
大会の詳細はページ最下部のリンクを追ってください。

以下、運営責任者として流星の総評です。




大会総評 by運営責任者:流星

デルタフォースのお二方、優勝おめでとうございます。
各試合圧倒的な攻撃力で高いポイントを奪取していく姿はまさにForceでした。

しかも彼らは一度も代理を出さずに全試合参加し、
Messiahは審判業務に協力してくれたりと、
両者、大会に対して非常意欲的に取り組んでくれ、
運営側としては大変喜ばしく思います。



さて、今回の大会は代理参加が目立ちました。
恐らく、個人登録制を採用したために、無責任な登録が増えたからだと思います。

代理参加は意外と問題です。
まず大会としての整合性が取れなくなります。
ようするに制度が崩壊して、正当性、拘束力が失われるということ。

代理を探してチームを作るのに時間がかかって、試合開始は予定より遅れ、
チームが毎回変わってしまうようでは当たり前の結果ですよね。


んで大会としての整合性が取れなくなるとどうなるか。
みんな好き勝手やるようになります。
いわゆる”どーだっていい、何だってあり”のムード。
大会が、参加者に強制力を行使するためには、
強力な運営陣とルール、制度に裏打ちされていなければなりませんから。

30日はひどかった。
審判の言うことはきかない、
大会の試合会場で勝手に関係ないタッグ戦をはじめる、
大会非登録者が運営に口を出す、
大会を否定する、
試合開始が大幅に遅れる、
てね。

まぁ前述の通りこれは代理を大量に出して、
しかもこの日は審判すら決められていなかった運営側の責任です。
皆さんすいませんでした。

特に緊急で審判を頼まれた心太さんはどうすればいいか分からなかったでしょう。



次回同じような過ちを繰り返さないためにも、議論が必要です。
みなさん積極的に参加をお願いします。

考えるべきは
仝朕妖佻神の可否
代理制の可否、方法
審判団の創設について
た拡修量魍笋砲弔い

 ↓△肋綉の通りです。
については、審判はやはりある程度専門化したほうがいいかなと思いまして。
試合参加者に急遽頼み込んでどうにかなる話でもないくらい、結構大変な仕事です。
一応、審判長をQAとして話を進めてきましたが、具体的に創設する時期がきたかなと。

い蓮豹拡修覆鵑討い蕕覆ぁ匹隼邱臍阿砲いなり言われ、制度の破壊を促されたから。
審判は必要だと僕は考えています。

というか意見があるなら大会始まる前に言ってくれ。
時間はいくらでもあったはず。


こんなところだろうと思います。
掲示板でいろいろと意見をお待ちしてます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





大会本部(掲示板)
次の大会までに決めておくべきことがあります。
議論お待ちしてます。

ルール
参加者、試合監督者は必ず見てください。


【過去の大会結果】
プレ大会(2007年11月)
第1回大会(2008年3月)



管理人:流星
最終更新日:2008年4月1日