組織犯罪対策室
< U・S・L本部 >

2008/5/20 開設

→Home→連絡掲示板[ 工事中 ]→不審者情報DB[ 工事中 ]→プレス情報[ 工事中 ]

組織犯罪関係リンク

関東地区

AGSAS

罪は罰

集団ストーカー及び電磁ハラスメント被害を綴る

集団ストーカーと三島の記録

きまぐれファイル

集団ストーカー現象について考えるNEW

反創価

行政書士,社労士のぼやき

まき やすとも 政経調査会

自由の砦

創価学会の集団ストーカー

創価学会の集団ストーカー日記 NEW

関西地区

集団ストーカー認知・撲滅

集団ストーカーについて

コンテンツ

組織犯罪に関する考察[更新]

調査結果及び加害組織

法律情報

弁護士情報

裁判所情報

警察情報

役所情報

1. はじめに

このサイトでは組織犯罪を告発していきます。

特に集団による継続的ハラスメント行為・業務妨害行為・脅迫・信用および名誉毀損・業務妨害を行う組織に関して告発します。

2. 経緯

管理人の現在までの調査事実に基づく推理が正しければ,2000年に管理人が就職する前後に何者かが管理人を貶め入れるため,あるいは死に追い込むための殺人計画を策定し,2001年ごろから管理人の知らぬ複数の関与者を介した集団ハラスメントが行われ始めたと考えている。これに端を発すると考えられるハラスメント被害が起こり始めたため、2002から2005年にかけて調査を行い始めた。このころネットで「集団ストーカー」と呼ばれる犯罪手法による被害が掲載されるようになり、あまりに被害経緯がどれも類似していることから特定の集団が不法行為手法を共有して犯罪活動を行っているのでは?と考えるようになり、複数の被害者と情報交換を行ったところおぼろげながら犯罪集団の外枠がわかってきた。加害手法の中にかなりハイテクな機器を利用しているものもあるようで証拠の収集が困難を極めているが関係者の告発が可能となってきたのでここに実態を暴露することにした。

現法律で裁く際には法律上の定義が重要になってくることから[ストーカー]という名称は適切でないと考えられるので本サイトでは組織犯罪グループとして扱っていくこととします。(なお,さまざまな見識者様からの指摘もあるため,その都度表現の訂正を行う可能性もあるのでご了承ください。)

※現法律上のストーカーの定義は「恋愛感情その他好意の感情に起因して,つきまとう行為等」なので「恋愛感情その他好意の感情」に起因しない付きまといハラスメント等の常時日常で行われる不法行為は該当しません。また,「恋愛感情その他好意の感情」とは1対1のものであり,1対多を対象とはしていないので[集団ストーカー]と名づけられた「集団によるストーカー行為」は警察などの法律を遵守する機関では存在しない事にされますし,定義できないことは「ない」と断じてかまわない風潮があるようです。

このため?か、警察官の台詞は

「[恋愛感情]は1対1のものなのになんで複数が関与するんだ」

「あんたにそんなに事して何のメリットがある」

「あんたそんなに有名人なのか」

理由云々は不明だが意味のわからない集団による不法行為を受けているから被害申告しているんだ等、もっともな言い分を言うと

「理解できない」

「わからない」

と言って取り合おうとしない、被害届を受理しない事がほとんでしょうから皆さん,ふざけた警察官には気をつけるように。

※被害届は書面・口頭でも受け付けられることになっているので,被害届を受理しない警察官には警察手帳提示を求めるようにしましょう提示しない場合は義務違反にあたるので警視庁に抗議・懲戒請求をしましょう。また提示に応じてもさっと見せてこちらが名前を確認できないまま「はい,見せたでしょ」と言って即座にしまいこむ警官もいます。やましいことがないなら堂々と提示すればよいのにこれを行わないのは変です。経験上,こういう警察官は個人情報保護法を持ち出すので気をつけましょう。

さらに、提示しないことに抗議をするとその提示を求めた警官は提示せず、その上司だけが提示したりする場合があります。

上司を処分する請求を出しましょう。

個人の経験では「警察署にいる警官を警官だと思わないなんて頭がおかしい」というふざけた提示拒否を行った警察もあります。やましいことがなければこのような行動に固執する必要はないので十分に不審であると思います。


3. 管理人の被害履歴

 

2000

会社1就職

2001

断続的に見知らぬ複数の人物による集団ハラスメント行為・業務妨害行為・脅迫行為

その都度加害者は別々の人物だが加害内容は一致。

加害内容は一致する事からなんらかの組織・人間関係で個人情報を共有し悪用しているのでは?と疑心を持つ。

断続的であるので加害組織の人間関係・不法行為の関連性は不明。

警察相談*2警察署 → いづれも被害届を受理しない → 犯罪事実確認を行ったがないとの回答。

法律相談

実家から引越し

2002

断続的に見知らぬ複数の人物による集団ハラスメント行為・業務妨害行為・脅迫行為

2003

その都度加害者は別々の人物だが加害内容は一致。

会社1関連会社および会社1内の犯行の疑いが強まる

調査中一騒動あり。その直後帰宅中に暴行を受ける。

警察相談*2警察署→いづれも被害届を受理しない→犯罪事実確認を行ったがないとの回答。

自宅マンションにおけるハラスメント発生。

自宅マンションに不審者出入り多数。

2004

体調が著しく悪くなったこと及び会社1の関与が強いと感じ退社-

複数のアルバイト先などで同様の被害

そこそこまとまったお金を引き出したところ交通事故。タイミングがよすぎる。

会社2就職:各地で業務妨害

自宅マンションにおけるハラスメント発生。

自宅マンションに不審者出入り多数。

警察相談*2警察署

法律相談

2005

会社2退社 → 会社3就職 → 会社3勤務:各地で業務妨害

自宅マンションにおけるハラスメント発生。

自宅マンションに不審者出入り多数。

個人情報をほのめかす男女が複数出現

2006

・会社3勤務:各地で業務妨害
・自宅マンションにおけるハラスメント発生。
・自宅マンションに不審者出入り多数。
・警察相談*2警察署→犯罪事実確認を行ったが[ない]との回答。
AGSASの戸崎さんと会う → 複数の被害者と知り合い、情報交換・連携を取る。
・法律相談
・AGSASの戸崎さんの裁判傍聴に向かう途中,妨害行為に多数会う。
・某被害者の情報から某組織の関与に疑念を持ち,被害者複数と情報交換を行うとその次の日,あるいは会合直後ハラスメント行為多発。このため某組織の関与に関心を持つ。
高山椿己さんにメールコンタクトするが連絡とれず。 → その後,某被害者と協力関係にあるため調査しに行った帰りに,高山椿己事務所を訪ねたが不在。帰宅しようとした際に「調べても何もでない」とほのめかしを老夫婦が行ってきた。

2007

・自宅マンションに不審者出入り多数。いづれも選挙が近かった。 ・関係があるのか?

・飛び出しによる転倒誘発事故多発*4件 → いずれも加害者逃走。 ・窃盗被害を受ける→ 被害届提出 →いまだに捜査報告・進展なし ・会社3退社 → 会社4就職:各地で業務妨害 ・不審な男に暴行を受ける→被害届提出→いまだに捜査報告・進展なし

不審な男女に尾行を受ける

警察相談*2警察署→いづれも被害届を受理しない →某警察署が不審対応・警察手帳を提示せず。拒み通した。

法律相談

自宅マンションにおけるハラスメント減少。

2008

会社4勤務:各地で業務妨害

道路交通法違反の言いがかり*2件:切符を切られるもサイン拒否。

この後,警察官による監視行為・付きまとい→警視庁に抗議

抗議後監視と思われる行動緩和。しかしその後警察官による監視行為・付きまとい

自宅付近におけるハラスメント再発生。

激怒を禁じえないので調査結果から考察発表のため告発サイトを立ち上げ,告発開始。

- 更新窓 -

2010/03/30 ホームページ更新 2010/01/04 ホームページ更新 2009/08/04 ホームページ更新 2008/07/24 ホームページ修正 2008/06/10 ホームページ修正
↓本日のハラスメント軍団構成員↓
→
過去ログ→ココ
Wanted!!
犯人をご存知の方は通報願います。
通報はこちらへ