<安芸高校 第3頁> Counter  

     <前 頁>

BGMは(ポルトガル語)ゴンドラの唄
原曲【作詞】吉井 勇【作曲】中山晋平 <私は、40歳以降は応援歌にしている>
1.いのちみじかし 恋せよおとめ あかきくちびる あせぬまに 熱き血潮の 冷えぬまに あすの月日の ないものを
2.いのちみじかし 恋せよおとめ いざ手をとりて かの舟に いざ燃ゆるほほを 君がほほに ここには誰も 来ぬものを
3.いのちみじかし 恋せよおとめ 波に漂う 舟のように 君が柔手(やわて)をわが肩に ここには人目の ないものを
4.いのちみじかし 恋せよおとめ 黒髪のいろ あせぬまに 心のほのお 消えぬ間に きょうはふたたび 来ぬものを

1914年、芸術座「その前夜(ツルゲーネフ)」主題歌。黒澤明監督「生きる」にも出てきます。(Iwakichsky)

同窓会(57周年)旅程 平成21年6月4日(木)5日(金) 滋賀県長浜市「長浜ロイヤルホテル

安芸駅→高知駅→明石大橋→新大阪(昼食)→奈良公園→長浜IC→長浜ロイヤルホテル 6月5日;鮎家の郷→京都市内観光→神仙苑(昼食)→西本願寺→京都駅→淡路SA→吉野川SA→高知駅→南国マルナカ前→野市→赤岡→・・。
集合場所 新大阪駅北口出口右側「ニューオオサカホテル」 出欠の連絡は5月8日までに 高知組3万8千円(バス宿泊昼食宴会観光料写真その他) 新大阪組3万5千円・昼食会のみ4千円


第3期里帰り同窓会(54周年)の写真 平成18年6月10日(土)11日(日)

1日目 
受付は12時20分(ホテルたまい)昼食 →移動 参加 82名・母校<記念会館>にて、岡崎先生の50分授業・10分休み・野島先生の50分授業 →移動 → 午後5時から会場で、母校吹奏楽団演奏鑑賞・校歌など合唱・懇親会。2日目 安芸の浜で地曳き網見学(天候運のため変更し) →安芸広域メルトセンター参観 →内原野公園 →岩崎弥太郎邸→時計台・武家屋敷あと郭中竹垣 →書道美術館 →昼食 →解散。世話人の言に曰く「里帰り同窓会・50余年前にタイムスリップ・伊尾木川の鮎も解禁の古里へ---」

 

 

 





 





2008.8.28高知新聞 金婚ご夫婦の安芸会場(19組)の中に(同級生の)川北・狩野延寿74幸子73、南国会場(47組)に十市・土居昌紀74・照子70
両兄の名を見つけたり

前頁に


index