ホワイトニングの方法

歯に行なうホームホワイトニングとは、歯を削ることなく綺麗に漂白し着色を分解させて白くする方法のことです。
1989年にアメリカで実用化されて以来、多くの人が活用している技術です。
日本では2001年に家で行なえるホームホワイトニング剤が販売され、歯科医などでも用いられるようになりどんどん注目を集めるようになってきました。
歯に行なうホームホワイトニングには、ふたつの種類があります。
ひとつは歯科医院で行なわれるオフィスホワイトニング、もうひとつは歯科医師に指導してもらいながら自分で自宅で行うホームホワイトニングです。
大きく分けるとこの2種類になりますが、最近ではこのふたつを併用して行なうデュアルホームホワイトニングという方法も取り入れられるようになってきました。
歯科医院で行なわれているオフィスホワイトニングは、短時間で効果が現われるのですぐに歯を白く綺麗にしたいという人にはお勧めの方法です。
過酸化水素水の濃度の高い物は使用される方法となっています。しかし早い効果は期待できますが、歯の奥まで白くすることは難しいとされていますし、効果は人によって違いも出てしまいます。
自宅で歯に行うホームホワイトニングは、濃度の薄い過酸化水素水で行ない、歯科医院で歯に合わせて作ったトレーにホームホワイトニング剤を入れて、自分で歯にはめて行なう方法となります。
即効性はありませんがゆっくり時間をかけて歯を白くさせていきます。継続させることが重要となりますが、歯の奥までしっかりと漂白させることが出来る方法です。

ホームホワイトニングでじっくりと内部まで白くする

歯のホームホワイトニングを行っている審美歯科などでは、シェードガイドという歯の色見本を使い歯の美白効果を測定します。
B1、A1、B2、D2などと表されていて、明るさの段階は16段階にわかれています。この見本を使いながら歯のホームホワイトニング効果を判断するのです。
日本人の場合、ほとんどの人がA3からA3,5ほどと言われていて、アメリカ人よりも歯が白く明るいともいわれていますが、歯のホームホワイトニングを行なうと歯の明るさが増し綺麗な白い歯を取り戻すことが出来ます。
人によって効果には違いがありますし、抗生物質などの影響を受けて変色した歯は効果が出ない場合もあります。
ホームホワイトニングの効果をあまり得られないと判断した場合には、ラミネートベニアという方法で歯を白くすることがあります。
ホームホワイトニング以外にも歯を白くさせる方法はありますので、まずは歯科医などに相談をして治療法を決めていくといいと思います。
審美歯科など色々な場所で行なわれていますので、まずは医院選びから始めましょう。
歯のホームホワイトニングを行なう人は増えていますが、効果は永久的に持続するわけではありません。
半年から2年ほどで効果は薄れるといわれています。少しでも長く歯のホームホワイトニング効果を持続させるためには毎日のブラッシングが重要となります。
また、定期的に歯のクリーニングを行なったり追加でホームホワイトニングを行なうのも効果的です。





Copyright © 2008 ホームホワイトニングで費用をかけずに見る見る白くなる
経済