JKEnterprise.


 

千田寛仁の正式な詳細説明

千田寛仁 1974年2月12日岩手県花巻市生誕、内閣府全省庁入札指定商社 日本環境保全組合JKエンタープライズ千田丸子社 総責任者。千田寛仁は日本で最も古いとされる大神神社を明治まで包括してきた元神宮寺の曹洞宗平等寺に生まれ、一相平等、均しの世を発願して、生来の正義感によって日本国を憂い、少しでも世の人々を先に良い方向へと導かなくてはという発願と使命感を抱いて環境保全事業に携わる。千田寛仁が進むべき道が、ただ日本国の哀れを憂うことに有らず、生きとし生けるものの根源の浄化、すなわち環境の保全にその答えはあると見出してより幾年、千田寛仁が禅の修業によって会得した生命の摂理、守るべき命、禅の精神で関わる全ての人々とともに、真実の道を明かして行きます。より良い社会構想となるように。中道、中庸が大事として、少しでも日本国そして世界の皆様の役に立ちますようにと活動中。



備考:俳優、僧侶(曹洞宗)、実業家(チーム・マイナス6%日本環境保全組合JKエンタープライズ千田丸子社CEO)の3つの側面を持つ。


千田氏 1974年生誕(昭和49年)2月12日(初午)、岩手県花巻市。日本国最古大神神社奥院・元神宮寺三輪山平等寺の徒弟次男。母故郷岩手県北上市千田氏の養子。岩手県北上市の高峰水乞山の麓を本家とする。坂東藤原秀郷流。 平泉奥州藤原氏の将軍、源義経軍師佐藤基治四郎佐藤忠信の子佐藤義忠を中興の祖として、それより9代下り、重義和尚の時代、頭首隆義が更木先祖を奉り、佐藤之姓を納めて地元北上市祭主の姓といわれる旧家称(発音tida)を苗字に充てたことが北上市更木を本拠地とする千田氏の起源。藤原清衡より43代、源義経より39代孫。



千田本紋 源氏車


平・京都御所紫宸殿国宝・平等院鳳凰堂源・奥州政庁


Japan Kingdom Enterprise.

Japan Environmental Safeguard Association

Tida Marco Enterprise.

千田丸子社由来記紀

日本でポピュラーなところでは春日大権現

藤原不比等(淡海公)より繋げて観るといい。

先祖でみんな繋がっていることが解かる。

>>源平 清和のルートはここから。<<

>>天照国照彦天火明櫛玉饒速日命 大神神社大物主 三輪明神ニギハヤヒ<<

>>●藤原北家系統記はこのページ(物部・蘇我・藤原(以後4700以上の氏)は一つの系統) ブログ

>>●蘇我馬子&石川麻呂。<<

>>まとめ。千田家家系図一覧<<



Yahweh

順家督血統
▲▼A family tree▼▲

(YHVH, YHWH, JHVH, JHWH, IHVH, yahweh) 


Adam アダム 930 土 6036年前 2010年基準

Set セト 912 償  

Anosh エノシュ 905 シス宿命の名

Chainan ケナン 910 獲る

Mahalalel マハラルエル 895 神輝

Yeled ヤレド 962 子孫

Enoch エノク 365+エロヒムと行きメタトロン

Motho shalach メトシェラ 969 槍投

Lamech レメク 777 混乱

Noah ノア 950 休息 3780年前PS600歳洪水 4380年前 2010年基準

Sem セム 600

Arpahsad アルパクシャド 438

Chi Nam カイナム

Xie rough シェラフ 433

Eber エベル 464

Vereg べレグ 239

Lei レウ 239

Serug セルグ 230

Naol ナオル 148

Terra テラ 205

Abraham アブラハム 175 正室サラ(日本等先祖)、側室ケトラ(東方先祖)、側室ハガル(アラブ先祖) 3953年前 2010年基準

Isaac  イサク 180 (son with Abraham honest woman Sara )

★(ISRAEL)

Iakob ヤコブ 147 12子(ルベン・シメオン・レビ・ユダ・ダン・ナフタリ・カド・アシェル・イッサカル・セブルン・ヨセフ・ベニヤミン)12支族(ルベン・シメオン・ユダ・ダン・ナフタリ・カド・アシェル・イッサカル・セブルン・ベニヤミン・マナセ・エフライム)

Judah ユダ

Phares べレツ

Esrome  ベツロン

Alny アルニ

Admin アドミン

Aminadab アミナダム

Naasson ナフション

Salmon サラ

Boes ボアズ  子孫ソロモンは神殿の二柱の一つとして崇めた

Iobed オベド

Iessai エッサイ

David ダビデ(大闢) 大酒と読む 約3040年前 2010年基準

Nathan ナタン(ヨセフの祖)  兄弟Shlomo ソロモン(マリアの祖)第一神殿建設、

Matata マタタ

Menha メンナ 

Melea メレア

Eliaquim エリアキム

Yonam ヨナム

Ioseph ヨセフ

Judah ユダ 

Simeon シメオン(
と書く) 主が遣わすメシアに会うまで死なない誓いを立てた秦の先祖

Levi レビ

Matato マタト

Yorim ヨリム

Eli rasiel エリエゼル

Joshua ヨシュア

Elle エル

Elle madam エルマダム

Cosam コサム

Adir アディ

Merki メルキ

Neli ネリ

Shaltielle シャルティエル

Zerubbabel ゼルバベル 2547年前 第一次帰還 ユダヤ70年

Lesa レサ

Yohanan ヨハナン

Yodha ヨダ

Yosek ヨセク

Semein セメイン

Matatia マタティア

Mahato マハト

Nagai ナガイ

Esri エスリ

Naum ナウム

Amos アモス

Matatia マタティア

Yosep ヨセフ

Yanai ヤナイ

Meruki メルキ

Levi レビ

Matato マタト

Eri エリ

Ioseph ヨセフ 

Joshua ヨシュア  2014年前 (2010年基準) バプテスマ1984年前 /南ユダ王国 後裔をペルシア__高句麗__日本へ

「紀元前928年ユダ・ベニヤミンの子孫の南朝と、ルベン・シメオン・レビ・ダン・ナフタリ・カド・アシェル・イッサカル・ゼブルン・ヨセフの子孫の北朝とに別れる。南朝ユダとベニヤミンはマナの壺を継承、エール(イル)といい太陽信仰をレビ族が託され、それをカドが継承したことによって、この部族が日本にイル三輪「言うなら日高見瑞穂大倭連合国」の源氏となる、北朝はエフライムがおもに、バールといい嵐慈雨牛と農耕のバアル信仰この部族でシメオン族やダン族が日本にイヤサカ出雲の平家となる。カエル・猫・人間の頭に冠を被ったバアル。蛇の象徴ダンの子孫は朝鮮から出雲、平安京を作り、カドの子孫は阿波や青森、石川や岩手へ着た。日本最初の国を大倭日高見国というこれを解してオオユダの国ともいう。ヤコブ(イスラエル)の次男シメオンとは「聞く・耳を傾けよ」の意で、ギリシャ語でシモン、後にはブルガリア王もこの名を継ぐ。ダビデより8代ユダの子にまたシメオンあり。バール信仰のシメオン漢字を以ってユーと示し申す。書の神。(※)ダビデより4代メレアの時代、時はレハベアム王の治世紀元前607年にバビロニア帝国ユダ王国に侵攻、ユダヤ離散、一部赦されてゼルバベルの時代、時はアルタクセルクセス王の代にメディアペルシャに融合。66年にはローマ帝国との間にユダヤ戦争が勃発、70年のティトゥス率いるローマ軍によってエルサレムが陥落。その後、熱心党員を中心としたユダヤ人967人はエルアザル・ベン・ヤイルに率いられてマサダ(要塞)に立て籠もり、ローマ軍15,000人がこれを包囲した。2年近くも抵抗をしたが、73年についにローマ軍によって陥落。2人の女と5人の子供を残して自決したという。これによって中東におけるユダヤ戦争は終結した。


世界遺産マサダ
位置は東経35度21分13秒北緯31度18分55の標高約400メートルの岩山。紀元前120年頃に建設されたマサダ(要塞)、後にヘロデ大王(紀元前4年没)が離宮、要塞として改修、難攻不落と言われた。」


____ 〈★China中国〜〉

 

軒轅(ケンエン) 黄帝 約4520年前 (2010年基準) 夏、殷、周、秦、諸侯の祖 

昌意

高陽  帝センギョク

女脩

大業

大費

大廉

孟戯

仲衍

胥軒



蜚廉

悪来

女妨

旁皋

大几

大駱
「ユー・Jew・猶太」合流

非子
 (秦シメオン「」と書く)*Qin秦初代 約2900年前 (2010年基準)

秦侯

公伯

秦仲

荘公

襄公 秦国初代王  

文公

憲公

徳公

成公

康公

共公

桓公

景公

哀公

夷公

恵公

悼公

匐Ω

懐公

昭子

霊公

献公

孝公

恵文君

昭襄王

孝文王

荘襄王

秦政(始皇帝) 中国統一初代皇帝 2269年前生誕 2010年基準

扶桑 皇女蘭夫斉王田横、蘭中国より日本壱岐島へ


(※)バール信仰、シメオン子孫中国秦ユー非子は上記の通り秦の初代王なり。始皇帝の皇子扶桑の皇女蘭は中国を逃れ日本壱岐島へ、皇女蘭の子孫皇女日弥呼(卑弥呼)は豊といい福岡は宗像家より大倭へ来朝して中国の進んだ医術によって天然痘の脅威から大倭の国を守った。亦、紡績によって絹の生産をはじめ当時なすすべを知らなかった国の女たちを救った。日弥呼の娘皇女臺與(台与)はイルの王垂仁の后となり命を景行へと繋いだ。

長崎__福岡__ 日弥呼(皇女蘭子孫豊、卑弥呼と称される人)奈良へ


____(★Japan日本〜)

藤原   佐藤   千田

開化 日高見国王 三輪山に立君 兄の名を大彦、皇室一条家の祖 

崇神 側室に豊

垂仁 正室に豊の娘臺與(台与)

景行 日本における景「キリスト」の意

倭武命(日本武尊)

仲哀 后神功、神功祖は新羅皇子天日矛★新羅王族(★秦後裔)

応神 神に応じて与えられる意

仁徳

允慕

雄略 初瀬より飛鳥へ遷都

仁賢 (后春日大娘皇女)

継体 (后手白香皇女)

欽明(子息に桜井皇子)ゆえにここは今も桜井市

敏達  異母弟用明{_厩戸(母穴穂部間人、室膳大郎女)_父祖麻呂古(丸子)親王}

押坂彦人大兄皇子

舒明 妻皇極(=斉明)舒明の兄弟茅渟王(母漢王女・妻吉備姫)の娘 ★百済王族

天智 妻蘇我媼子

 上り藤鎌足 下り藤不比等


藤原不比等 春日大権現 父天智 養父大織冠藤原鎌足 日本全国先祖

房前 藤原北家祖

魚名 忠臣

藤成 伊勢守

豊澤 下野権守

村雄 下野大掾

藤原秀郷 下野守・武蔵守・鎮守府将軍

千常

公脩

文行

佐藤脩行 佐藤近江丞

公輔 佐藤左衛門尉

師清

師文

師治

庄司基治 妻、奥州国王藤原清衡孫娘音羽夫人

忠信  妻、初音  

義忠 左衛門尉 

養子重基は 父源義経 左衛門少尉 検非違使少尉 判官  母基治娘北の方(義経正妻)

重忠 左近大夫

重光 左京進

有信 太郎左衛門

忠直 三郎左衛門

時明 主計助

成光 左近忠

道成 小次郎

日高見(首都を岩手県北上市水乞山)紋章 第9代開化天皇が瑞穂(首都を奈良県桜井市三輪山)を治めるにつき、兄の大彦は国の祭祀を行った。丸に一と書いて一条紋章は明治時代になるまで寺社への認可印となった。今で言う「政府公認」文部科学省の認可証。


千田隆義 小太郎 重義和尚の進言により大倭日高見国主千田姓に戻す 537年前 2010年基準

利章 源九郎

量重 三郎

時廣 又次郎

時長 甚右エ門

義貞 甚右エ門

徳右エ門

甚右エ門 徳之進

甚右エ門 惣助

甚右エ門 甚内

甚右エ門 時忠

甚右エ門 時義

甚右エ門 甚五郎

甚右エ門 宮内

甚吉

甚右エ門 市助

甚右エ門 惣治

甚右エ門 甚之亟

甚右エ門 定次

甚右エ門 佐吉

甚右エ門

甚右エ門 庄之助

甚右エ門

甚右エ門

甚右エ門 

トラ 甚之亟

寛次郎

甚太郎

政幸
丸子 本紋  蘇我 表紋

丸子孝法、政幸娘妙幸 (全国十万人寄進日本国最初官寺大三輪寺三輪山平等寺復興)

千田寛仁 (著筆) 



TIDA MARUCO  太陽の子マルコの意

 

祭・斎主千田 大倭(オオヤマト) 旧国称 (イスラエル・中国・新羅・東日本)

祭・主丸子(和邇) 大和(やまと) 新興国  (インド・高句麗・百済・西日本)

備考:紋様について


菊花紋 ▲イザナミの乳母ともうたわれる加賀石川県白山菊理媛のミ印。遺っているものは飛鳥時代より確認はされ、これを頻繁に使われはじめたのが鎌倉期の後鳥羽上皇からとされる。源氏足利家がはじめに使用を許可された。皇室の象徴としてはもとより日本の随所に見られる。世界で似たようなものに、インド釈迦族のカピラ国紋章があり、釈迦族は朝鮮伽耶国を経て、日本に定着したいきさつもある。伽耶とは朝鮮語をして太陽族の意という。イランもインドも朝鮮も日本も、古代は萱ぶきの屋根であった。1869年(明治2年)8月25日の太政官布告第802号により十六八重菊が公式に皇室の紋とされる。





桐紋 ▲寺社仏閣や縁の家庭をもとより、皇室、日本国政府で使用されている。日本国はじめの大神神社の紋様も平成になっていつの間にか三輪から桐に替えられた。室町期以降の創作と考えられている。天幕の意味、繁栄と分派をあらわし葵の紋等と同様に昴の隠し印となっている。



インド国章 転法輪(釈尊32相の一、釈迦族「太陽印」)仏教は公には538年に欽明天皇磯城島金刺宮に到着した。初瀬川、現在の大向寺橋の付近と伝わる。実質は百済王族の亡命であり、百済仏を三輪明神に納め、現在で言うところ日韓合同の睦を行ったのが大三輪寺、現在の三輪山平等寺の始まり。中国や新羅と縁の深い東日本と、韓国と縁の深い西日本が衝突していた時代がある。

東日本南ユダ王国イル太陽信仰三輪天照大神オオヒルメ源氏(太陽信仰、獅子、狐、龍)
西日本北イスラエル王国バアル慈雨信仰出雲スサノオ平家(雲信仰、蛇、狼、蝶)

と覚えると解かりよい。穴とは南ユダ、尻は頭、千は長、田は菱ソロモン、ソロモン大穴持、ダビデ大酒、敷は目、島は国。


祖アブラハムには3人の妻あり。おもに日本は正室サラの子孫。側室ケトラには6人の子あり。ジムラン、ヨクシャン、メダン、ミデヤン、イシュバク、シュアハをして東方先祖。ミデヤンの子をエファ、エフェル、エノク、アビダ、エルダア。側室イシュマルに12子、アラブの先祖。

更(サラ)の子にイサク。イサクの子ヤコブを後にイスラエルと称す。イスラエルの子供達。紀元前928年を以って南北に分裂するも元は一つの家族。


長子をルベン。イスラエルを逃れたルベン族はコーカサス「高」を越え山(主)として石川に漂着。岐阜県飛騨高山へ。白山菊理媛に見る象徴を菊花こと太陽。ゆえに日本の国旗は太陽を表し、ミ印を菊とする。飛騨高山の首長を山本氏。大嘗祭には高山の山本家が一位の木の笏を天皇に授けた。飛騨より北上したルベン族はユダ族、ベニヤミン族と合流して日本最初の国、大倭日高見国へ融合。古の日本語で太陽をチダという。水乞山に本家千田氏イスラエルの日本における首長。安倍氏奥州藤原氏等諸侯を輩出する。岩手を南部という。源氏では天皇を皇命(スメラミコト)という。大倭とはオオユダすなわち大いなるイスラエル。奥州源氏であり陸奥(みちのく)を言う。陸奥は首都を岩手県北上市水乞山とする東北地方。早池峰山より水乞山。国見山、江刺、丹沢、平泉へと変遷する。1.200年前には38年戦争が行われ、北イスラエル王国の後裔平家の祖桓武天皇に南ユダ王国の後裔日高見天皇アテルイがやられる。その後平家の支配が続いたが、源義経が壇ノ浦合戦で平家を降伏させ、日本の始めの総頭首、判官となる。分かりやすく言えば諸大名の頂点に立った。亦、平家総大将平時忠の娘蕨姫を妻にもらい、源平の合戦は終息する。しかし、奥州討伐に朝廷が動き1189年に源頼朝の侵攻奥州合戦で奥州国は滅ぶ。義経の一族は以降、歴史の表舞台から消える。そして時代は応仁の乱に火蓋を切り、戦国時代に突入。源氏を武田として平家長尾(上杉)と戦い、源氏徳川家康の治世によって葵(賀茂)のもとに日本における骨肉のイスラエル戦争は鎮火。天草の乱で完全に終結する。オランダとの強い絆によって、徳川時代は長く続いた。徳川家康は妙見北極星摩多羅神、秦河勝を山王として上座に祀っている。



次子をシメオン。またの読みをシモンというは秦の祖。シメオン族の紋は「剣と急須」。剣が王権を象徴する。稲荷信仰、狐、海部であり秦氏。シメオン族は南ユダ王国のべニヤミン族を重宝する。


三子をレビ。12子において祭祀を司る特別な存在。子孫にモーセ。神道祭祀氏族アロンの杖を象徴。直系レビ族「賀茂氏」吉野御杖村、葛城より京都へ。レビ族はマナの壺をカド族に託す。長尾氏。※役小角、弘法大師、慶円上人、道元禅師。


四子をユダ。象徴を「ライオン」。ユダ族、ベニヤミン族とともに岩手県北上市に到る。湯田と称す。夏油より下る。菊地氏。


五子をダン。象徴は「蛇」。東漢氏(やまとのあやし)朝鮮と日本を繋いでいる。出雲国を開く。雲に蜘蛛。ダビデを象徴する六角の亀甲、平家の本家中の本家。沖津氏。今も私は次男で友達。あちらが平家の本家「神社」でこちらが源氏の本家「お寺」で次男同士で呼び合っている。沖津君はサーファー。


六子をナフタリ。象徴は「鹿」。信州に到るモリヤの地。鹿を象徴するのはナフタリといいゼブルンとともにイスラエル開放の氏族。(ゼブルン族を併合)香取氏。


七子をカド(ガド)雄牛バアル信仰。イッサカル族や葛城のセブルン族とも仲がよく強大になる。蛇信仰のダン族とも合流し、飛鳥時代より主流。平安期より平家では日本の天皇を帝(ミカド)と言う。よって帝とは北イスラエル平家であり本拠は出雲を言う。明治天皇以降は幕末での悔過の為か天皇は三輪や伊勢には来ない。後に京都平安京をして38年の戦争をしたのが1.200年前。カドの日本における首長が忌部氏。カド族の紋は「天幕」。レビ族よりマナの壺を継承する。角の付いた冠が王権を象徴する。徳島の三木家が阿波忌部氏の代表格。三輪山よりはじまる歴代の天皇が即位する際「大嘗祭」に御衣御殿人(みぞみあらかんど)として麻布を天皇に授けてきた三木家。菱に角の棒三つが御紋、これは三井財閥の印に。天幕を司る北イスラエル(エフライム)忌部、三木家の断り無しに大嘗祭は出来ない。弘法大師空海はカド族を「四」の文字に表し、忌部三木家のある徳島の地を四国として奉じた。四国八十八箇所周りは88とは書かない。上下の八を合わせソロモン菱に十字を表す。カドはソロモンの神殿を徳島に移した。イル豊葦原瑞穂国(西日本首都現奈良県桜井市)元の王、登美氏の後裔は和邇の丸子氏の諸領。丸子(マルコ)に第9代開化天皇が養子で入る。出雲の力添えを得て日高見より独立した。後に印の天幕は桐に代え、丸に桐の紋で表される。カドの王に
日高見の皇子第9代開化天皇が即位。若倭根子日子大毘々命(北朝大イスラエル三輪に養子に入った南朝ユダ王国の皇子)という。イスラエルからの南北の争いを締結したのが実質の初代と見られる理由。南北、イルとバアルが融合する。第12代景行天皇をもって出雲が完全に政治の実権を握った。北イスラエル王国の統治となる。後、安土桃山時代の慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)の関が原合戦では、三輪山平等寺は島津大将の島津義弘を70日間匿い、無事に薩摩に帰還させている。その子孫で薩摩藩9代藩主・島津斉宣の子孫天璋院篤媛は西郷隆盛に願い出て説得し江戸城の無血開城を成功させた。薩摩藩12代藩主島津忠義の娘邦彦王妃俔子(くによしおうひ ちかこ)は今上天皇継宮明仁陛下の祖母。


八子をアシェル。木を象徴する。聖書にも[アシェルには豊かな食物があり王の食卓に美味を供える。]という聖書の通り。八咫鏡にはその通りへブライ語でEhyeh Asher Ehyeh/エへィエ・アシェル・エヘィエと刻まれている。森氏。


九子をイッサカル。ロバを象徴。伊都国、宮崎県西都原を中心として安羅国を建国。公孫氏。


十子をセブルン。帆船を象徴する。海神族、和邇の丸子氏、瀬戸の三島氏。台湾、日本へは青森に漂着後、鹿島神宮に祭られる。ナフタリとともにイスラエル開放の氏族。鹿島氏。


十一子をヨセフ。ヨセフは西洋ではユニコーンを象徴する。日本では猫とアヒル。椰子を象徴するマナセと葡萄を象徴するエフライムの父。エフライムが北イスラエルの主流となる。日本の多くがエフライムとカドの子孫。柿本氏。


十二子をベニヤミン。狼を象徴する。秦の崇拝対象。妙見、稲荷信仰。神を敬謙にあがめる義の兄弟。荷田氏。


以上を仏教で11面観世音菩薩と名づく。頭上10面の顔と、顔、頭の上に阿弥陀如来で12面。これを以って12氏族。三輪山平等寺本尊の顕すもの。元平等寺の前立観音は現在同じく慶円上人を開基とする多武峰の聖林寺へ安置。フェノロサはこれを理解して日本のユダヤに関わる仏像を守った。国宝。因みに三輪山平等寺の本尊は指定されていない。由緒をおもんみれば国宝の中の国宝なのだから指定して守ったらどうかと文部科学省へ提言している。
◎大和一ノ宮、崇敬する三輪のお寺へのリンク



秦氏は珍しいものではない。飛鳥時代にはじめて来朝したというのは誤りの認識。紀元前2世紀にはすでに日本で秦のネットワークが存在した。卑弥呼(日弥呼)が九州からすんなり山都入りできたのはこのため。秦は日本全国に分布している。白(シロ、シラ、ハク)という。秦の新羅は、日本で更木、白木、新城と表記する。ホシオリの地三輪山平等寺の多聞の方向乾(イヌイ)北に巻向穴師は兵主八千鉾を大己貴(オオナムチ)これはソロモン王を表す秦の権威のこと、丹後や三輪にはじまる酒作り。大酒とはダビデ王のこと。八坂(イヤサカ)の拝所を磐境(イワサカ)これが本義、八坂神社の神体もそう呼ばれるのですが、地殻変動のこと。この天体地上大地は、大宇宙と鼓動をひとつにしていて、かるがゆえ古代人(日本先祖)は、天体の観測研究を怠らなかった。天香香背男、そして卑弥呼に至るまでも。現代の磐境は吉野に素粒子研究所としてあります。ユダヤ民族が中東において経験した恐怖を忘れない祭祀で精霊的な磐座信仰と異なり学術的な信仰。スサノオ祇園祭りはシオン祭り。渡来人の祭典。烏(ヘブライの兄弟)を従えて大陸より帰還した大王スサノオ。[強くて怖ろしい"エブス(日本における南ユダ中臣、ウブス・蝦夷として畏れられる)"の土地「後にソロモン第一神殿の丘」シオン「イスラエルへの回帰」を独読みではZion、英読みではZion、ヘブライ読みではTziyyon。]の海部の祖を天日矛と言い、彦火明。その子孫を八幡といい応神天皇は誉田(HONDA)。本田善光は推古天皇八年(600)豊浦寺の本尊を難波の堀江より信州へ移転する。信州諏訪大社はモリヤの地。イル信仰の三輪とバアル信仰の出雲の戦における日本においての第一次終結契の地。


赤穂〜太秦、(大酒はダビデ)大避神社、巴は六芒星(三鳥居) 「 IC~XC~」


甲に例えられている。まさに笑う門に福来る。

10支
陽を、甲 丙 戊 庚 壬 陰を、 乙 丁 己 辛 癸としている。

12支
陽を、子 寅 辰 午 申 戌 陰を、丑 卯 巳 未 酉 亥としている。





12支族



Lord Rothschild let the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland promise the revival of the Israeli country.
ロスチャイルド卿がイスラエルの国の復興を英国に約束せしめたことは、
世の中から争いを無くす、大きな金字塔となりした。今後シオンへの理解を
広めて、誠に貴い象徴が復興しますようにと考えております。

世界の東西南北をして戦のあることが、いにしえの兄弟姉妹の喧嘩であるこ
との哀しみ先祖が体験した恐怖その自然災害を忘れて争うことの無念。
血脈を説き必ずや和して、力を環境保全と農業と教育、医療、世界の安泰に向けますように。お祈り致しております。

                   

                       2010建国記念日 千田寛仁著




人物について

卒業校

奈良県桜井市立三輪幼稚園卒

奈良県桜井市立三輪小学校卒

奈良県桜井市立大三輪中学校卒

岩手県北上市私立専修大学北上高等学校卒

東京都世田谷区私立駒澤短大仏教学部卒

東京都新宿区バーニングタレント養成所卒

京都府右京区太秦東映俳優養成所卒

大阪府中央区難波吉本総合芸能学院NSC卒

福井県大野市宝慶寺専門僧堂卒

日本の学者 曹洞宗和尚にして、永平寺二世孤雲懐奘禅師の自坊であった談山神社元神宮寺妙楽寺の暦住位牌を護持する。

日本の実業家 日本国内閣府官房より全省庁統一入札資格を預かる商社、日本環境保全組合の総責任者。

日本の小説家 文芸社より、JAPANESE/JUSTICE「もう一つのしょうわ史」等歴史小説の執筆。

日本の役者  NHK、MBS毎日放送、他等に出演。

TV出演経歴

NHK青春メッセージ92岩手県優勝

NHK青春メッセージ93岩手県審査員特別賞

NHK青春メッセージ94関東甲信越大会出場

NHK青春メッセージ95近畿大会審査員特別賞

NHK青春メッセージ96NHKホール全国大会出場

MBS ドラマ コール・ミー出演

NHK 『街道をゆく』北陸編

人物像

  • 内閣府入札指定業者。チーム・マイナス6%に参画する岩手県企業、日本環境保全組合を運営する。俳優業、小説の執筆等。宗教家としての側面を持つ。

   

関連人物

  • 聖徳太子 父祖聖徳太子ト謂ハ冠名也 厩戸皇子 倭王 日本仏教祖上宮聖徳太子法王トモ謂。
  • 藤原鎌足 母祖最上生誕 幼少ヲ鹿島ニテ過シ奈良進展後中臣ヲ家督シテ天智帝依藤原姓ヲ賜。
  • 宮澤賢治 五五世政幸恩師
  • 岩手県知事千田正 五四世師弟

関係省庁

衆議院庶務部 参議院庶務部 国立国会図書館総務部 最高裁判所事務総務局 会計検査院事務総長官房 内閣府大臣官房 総務省大臣官房 法務省大臣官房外務省大臣官房 財務省大臣官房 文部科学省大臣官房 厚生労働省大臣官房 農林水産省大臣官房 経済産業省大臣官房 国土交通省大臣官房 環境省大臣官房

尚、警察庁、防衛省は2005年より継続。


ごあいさつ
千田寛仁は藤原の菩提寺復興を念願としています。


 最後に、時代はいつでも右か左かで争っています。事の発端は古く、藤原においても天智(後に桓武)か天武(後に聖武)かでもめてきている。言うまでも無くその両極をいただいたのが秀郷公で、ようやくその争いごとがゆるやかにはなったのが、また足利時代に火がつく。日本の先祖は、こうしたことで随時争ってきている。それは実は半島からの争いの続きなのである。自分も明らかに両極いただいている人間として、皆様にその水面下の闘争を静まれよと線香を供える今日。結婚してもうまくいかない夫婦が多い離婚三割強のこの国で、その内なる理由を深く熟知した中で仏の世界の穏やかなる和合を心から、争いをくりかえさぬよう、僧侶として倶梨伽羅両方の菩提を祈り、どなたの家庭も円満であるように一層の祈祷をいたしてゆきます。世の子供たちの幸せそれは、血統を超えた、真理の世界。蒼から紅へ色遷ろう空に、人類は一つの命。家が治まれば日本安定し、日本が安定すれば、世界が安定するという、それが本当の環境保全なので御座います。


著作権/千田  安倍・物部・蘇我・藤原・佐藤・千田縁者の複製を許可致します



 無断引用は法律で禁止されています。但し、出典を明記する場合に、著者承諾の上複製し公開することを許可しております。推敲は構いません。いかなる場合もご一報ください。マスメディア放送および出版における技術提供もお受けします。


水力 WaterPower



推奨

internet Yahoo!BB
 Google Yahoo!geocities