精子提供ボランティア/男性不妊対策 精子バンク日本

 
 HOME
 自己紹介
 費用・条件・依頼について
 シリンジ法と病院利用
 
 提供記録(ジオログ)


私は約40歳の男性で数児の父親です。子供を多く欲しいことが若い頃からの夢で、 できればもっと多くの子供を欲しいと思っていましたが、パートナーのほうの 事情で、これ以上子供を設けるができません。
 しかし、私とは対照的に、身体的事情・精神的事情で子供を授かる
ことができず、苦しんでいらっしゃる方が私の周囲には多く、
何とか子供に恵まれない方の力になれないかと常々思っていました。

子供が授からない様々な事情のうち、精子を得ることができず
お子さん授かることが叶わない場合には、過去には民間の精子バンクを利用する
という手がありましたが、200万円程もかかりましたし、現在は廃業しています。
病院で『精子バンク』をやっているところも数箇所ありますが、
非常に費用や適合条件のハードルが高く、
ほとんどの人が使えないのが現状です。

更に、シングルマザー希望者や同性愛者や性同一性障害者のために病院が
精子提供や不妊治療をすることは、日本では表向きには全くないです。
しかし、精子の提供というのは、非常に簡単な行為です。
普段は殆どの精子を捨ててしまっていますので、必要としている人が
いることを考えれば、本当にもったいない話です。
また、費用や手間の面で考えても、身体的に妊娠が問題ない人なら
病院を使わなくても、シリンジ法で簡単に妊娠できます。
遠方のかたでも、宅配でお送りするので少額で提供できます。

そこで、希望する方に直接、無料で精子提供をしようと思い立ち、
このホームページを立ち上げました。

なお、タイトルに「精子バンク」と入れていますが、精子提供を行っているのは私のみです。
(なお、血液型が合わない場合は、ネットで知り合った他のドナーの方を紹介することも出来ます)
また、「男性不妊対策」と入れていますが、私の精子を提供することで解決の
お手伝いをするという意味であることをご了承ください。
なお、直近の状況については、下記のブログをご覧ください。
http://blog.ap.teacup.com/jpspbk/
otama.jpg
 
Yahoo!ジオシティーズ