電気スタンドの修理  2010.4.26

故障中の電気スタンドを改造修理しました.
インバータータイプで約2000円と手ごろな値段だったので購入したものの一週間ほどで勝手に消灯してしまう現象が発生.そのつど「イラッ」としながら再点灯していたのですがじきにまったく点かなくなりました.  裏面をみると中国製造の品ながら国内販売元の連絡先が記してあったのでインバーター基盤を無償で送ってもらい交換しました.
作業は「安かろう悪かろう」の品とは如何様なものかを実感しながら終了しました. とりあえず正常に動作するようになりましたが,はたしてフード部分やコネクタの樹脂が耐紫外線素材になっているのかチト心配しています.


ST1.JPG

 

右は送られてきた新タイプの基盤.ソケットからのライン端子が元のものは2つだが新しいものは4つある


ST10.JPG



ST2.JPG


もともとはフィラメント間のコンデンサは直結でした.このまま使用しようかと思いましたが 基盤上の物を使うことにして 取り出してみると.

ST3.JPG

コンデンサを切り離し,ソケットの金具を引き出してみました.



ST4.JPG


なんとコンデンサはソケット部分に押し込んであるだけ.ハンダあげしていません!

ST5.JPG

ST5-5.JPG

引き出しコードをハンダつけします.




あとは組み立てて ST6.JPG


ST7.JPG


ST8.JPG
テストして
ST9.JPG


完成!