小笠原出張

 2006 10/13から10/22まで仕事で滞在した時の記録です.

10/11〜10/24の日程で父島に行ってきました.もっとも往復とも東京港竹芝桟橋でトランジットがあるので父島の滞在は13日から22日までの足掛け9日間でした.

正確ではないのですが14回目くらいの父島行きになります.
そのうちの何回かはアマチュア無線機器を持参することもあったのですが今回は5人チームでの合同作業なので,遊び道具は事前に工具類とともに足ヒレと度付き水中メガネ,シュノーケルなどを送っただけです.

東京を出航したとたんに台風が父島に狙いを定めて移動し始め到着翌日午後から暴風雨.現地で日中が自由になる日は4日間あったのですが,今回はすべて雨模様でした. 結局,用意したシュノーケリング用具は一度も海水に浸かることなく大島に送り返されてきました (T_T)

20年ぶりに一緒に訪れた同僚は
「俺がナンカ悪いことしたんか〜っ」
とシャウトしておりました.

856798_1908151134.jpg

856798_1804941151.jpg

  東京湾の門番 東京マーチス
「行って来まーす」 VHF16CHスキャナー 待ってくればよかった…

 

 856798_2907069569.jpg

 積載貨物にWKで始まる船番の漁船がありました.誰かが和歌山県から購入した物でしょうか.

1000kmではサスガに自力回航はムリか.

sun.jpg

船中からみた落陽

 

856798_1990966025.jpg

 出航後 25時間経過 やっと着きました.

856798_2773967547.jpg

 父島二見港入港時左舷に見えます.

大根無線中継所 父島と母島を4GHz帯のマイクロ波で結びます.  

 856798_1606802998.jpg

 父母間の定期航路を運行する母島丸. 小笠原丸入港を待って貨物の積み替え,乗り越し客を積んで

母島に向かいます. ヒップのスタイルはグラマラスなクルーザースタン.

856798_2156225419.jpg

 週に二回ほどある小笠原丸入港時は内地から入荷した生鮮食料品で溢れ賑わいます. 

856798_2498077769.jpg

 

856798_3128681847.jpg

 道端になにげなく落ちているヤシの実

856798_3376768712.jpg

 これまた道端に何気なくたたずむパパイヤの木

856798_3030304285.jpg

 NTT小笠原父島ビル屋上 内地との通信を一手にになう衛星通信施設

856798_2906018901.jpg 

 意外な風景.こんな集合住宅がポコポコ建っています.

 856798_530755537.jpg

 大神神社 大神は祭神 天照大神から こま犬がいないのが少し寂しい

856798_3640323757.jpg

 教会もあります.

 

 856798_3719146674.jpg

 衛星中継により在京局はUHF, BSはVHFにて再送信されている.

856798_2185843250.jpg

 気象庁

856798_2279260347.jpg

 気象庁父島気象観測所屋上

 

856798_1276926363.jpg856798_3400844535.jpg

 

856798_1936172817.jpg

 

東京都無形文化財 「南洋おどり」

856798_3267558704.jpg

856798_1525942399.jpg

見送り

856798_1669363578.jpg

ogamaru.jpg

おがまるは乾舷が高すぎて見送りのテープが届かないのが少し残念ですが今生の別れが実感される

なかなかの見送り風景です.


ワタシはいつも無関係の第3者ですが何度見てもハートウォーミーな光景です.

 856798_2024651090.jpg 

小笠原丸.愛称 「おがまる」 は客船にはめずらしいトランサムスタン

856798_3440076597.jpg

856798_4168367126.jpg

飛び込む

 

 856798_3918656223.jpg

飛び込む

 856798_1593445258.jpg

飛び込む

856798_1274959092.jpg 

バイバイ !

 ・
 ・
 ・

 「おがまる」出航時の観光プレジャボートの随伴と飛び込みはお約束の年中行事です. 

高速航行中に飛び込んでいるように見えますが各ボートとも一たん本船を追い越した後

低速に落として飛び込みパフォーマンスをしていました.

 

 25時間後…

856798_2996296122.jpg

マーチス 「ただいま」

 

856798_2393328179.jpg

 羽田空港北側に 「しらせ」がいました.

 

end

 

to 「写真館」 top

to 「JR1UIA の部屋」 top

to 「田附家のページ」 top

to 「大島の空の下で」 top