2007年12月 再び小笠原へ

 

12月9日から12月18日まで足掛け10日間,仕事のため小笠原に滞在しました.久しぶりの父島,15回目の小笠原訪問にして初めて上陸した母島を含む現地の点描です.

 

ドック入り直後のため「おがさわら丸」の船体はよく手入れされてピカピカ.ペンキの白が鮮やかです.

ogamaru.JPG

 

 父島,二見港入港時に見える町並み.

 hutamikou.JPG

 

二見港にある海上自衛隊父島基地分遣隊のアンテナ.ロータリーLP と コニカルモノポール

 jsdfant.JPG

 

小笠原諸島がアメリカから返還された1968年当時はほとんどがこのタイプの漁船でした.現在は通常のキャビン付き漁船が一般的なようです.

canoe.JPG

 

 戦時中,日本軍の父島守備隊は塹壕,トンネルの建設が主な活動だったようです.このトンネルもそういったものの一つと思われます.途中にある横穴は塞がれていますが幹道部分は落盤防止のモルタル加工を施した上で現用されています. 義父は当地の守備隊の一兵卒でしたが,生前現在父島都道上にある丸山隧道 (トンネル)の建設に動員された思い出をよく語っていました.

tunnel.JPG

 

前浜 (二見港) 

 maehama.JPG

 二見港対岸からのぼる朝日

 morningsun.JPG

 

鳥名不詳 青灯台前の防波堤で目撃 人を恐れる様子はあまり無く数匹で散歩中でした.

 bird.JPG

 

夜明山山頂付近に設置してある海自のコニカルモノポール

jsdfant2.JPG

 夜明山山頂付近に設置してある海自の固定対数周期アンテナ

jsdflpant.JPG

 

 JAXA 宇宙航空研究開発機構 (旧宇宙開発事業団 NASDA) の追跡ステーション

jaxa.JPG

 夜明山中腹からの景色

thedeep-bluesea.JPG

 父島の水産試験場に併設された漁業無線局の鉄塔. 上部のヤード両端にはドコモのアンテナが共架されていた.hfanddocomoant.JPG

 

父島に行くたびにほぼ毎回,海自の艦艇を見かけます.今回は「おおすみ」がいました. 話題の「ひゅうが」ほどではありませんが,見た目ほとんど空母です. 

oosumi.JPG

南洋おどり. 踊り子の子供たちがかわいらしい.

dance.JPG

 

父島滞在8日目の休日,秘境海岸 ジニービーチへむけ単独ハイキングをしました.

ここは車を降りてはじめに通過するポイント「小港」 海岸

PC150174.JPG

 

砂浜と岬越しに見える衛星追尾アンテナ. 職業柄どうしても目に付いてしまいます (^^)

PC150178.JPG

 

中山峠よりの景観

mountains.JPG

 

2番目の通過ビーチ 「ぶた海岸」 なんとも不思議な名前です.

 PC150186.JPG

 

こんな道が延々と続きます.

PC150189.JPG

 

 目的地は写真 左端のガケの下

PC150190.JPG

 

野生のヤギによく会いました.当日は途上で4回, 合計7頭と出くわしました.

PC150195.JPG

 

だいぶ目的地に近づいてきました.

PC150199.JPG

 

ラス前の通過海岸 「ジョンビーチ」 ここまでは何度か来た事があります.

PC150209.JPG

 

ぶた海岸からビーチと峠を3っつ越え,2時間ほど歩くとジョンビーチに着きます.そこからさらにガケをひとつ越えると楽園ジニービーチに着きます. 15回目の父島訪問で初めてたどり着いたすばらしい景観の砂浜です.

ジニーとジョンを隔てるついたて状の崖道に無数に落ちているヒロベソカタマイマイの半化石 

PC150213.JPG

 

この斜面を降りるのは50歳を越えた身体ではやや不安.

PC150219.JPG

 

崖を下るとこんな風になっています. 

PC150221.JPG

 

着きました これはホントに日本の景色でしょうか.

PC150239.JPG

 

足跡は自分が付けたものだけ.まさしくプライベートビーチです.

  

Ginny.JPG

PC150225.JPG

 

 付近は奇岩島が林立し漁船は接近不可能.

PC150242.JPG

 

今回お世話になった自炊民宿. コンドミニアムと言ってよいのではないかと思います.貸切です.ここに9泊しました.

room1.JPG

久しぶりにリグ(無線機)を持って来ました. 交信相手のモールスが聞き取れずアセル!!room2.JPG

 

 今回初めて母島を訪れました.仕事のためなので撮影スポットはほとんど行けませんでしたが,こんな場所がありました.服装に注意.当日は12/17ですが,これで少し汗ばむ程度です. 

.southend.JPG

 

母島診療所 救急車はここの職員が運用するとのことでした.

PC170357.JPG

 

母島唯一(?)の食堂

PC170379.JPG

 

比較物がないので判りにくいかと思いますが,これで一人前. 巨大ですがおいしかったです. 完食

PC170378.JPG

PC170395.JPG

 

 母島町並み

PC170396.JPG

母島よりの帰途,海上から見た おがさわら丸左舷 貨客船とはいえ,なかなか優美な長船首楼型(タブン)船体です.

ogamaruportsaid.JPG

大島に帰る日が来ました.  さらば小笠原.出航時に見る見送り風景はいつもながら感動的です.bye-bye.JPG

 

 二見港入り口付近で鯨の見送りを受けました.

whale.JPG

 

東京入港4時間ほど前に船内から見えた三宅島, いまだに噴煙を上げているのが遠望できます.

PC190479.JPG

 

同じく大島 こちらを向けているのは拙宅のある集落側.ちょっと寄ってくれればいいのに (~_~;)

PC190477.JPG

end

 

to 「写真館」 top

to 「JR1UIA の部屋」 top

to 「田附家のページ」 top

to 「大島の空の下で」 top

 

 

 NTTグループが提供するレンタルサーバーの決定版!