「大島公園回顧録  森口吉五郎著 私家版 昭和48年4月」 抜粋

                            

表題の書中より主に時間経過に注目して抜粋としました. 2008.4.13 田附克弘         

                            

森口吉五郎の指摘した大島公園設立にいたる四本の柱            

1. 東京湾汽船株式会社                  

2. 大三輪僧正の修験道場と地元泉津村の全面協力      

3. 東京市移管                  

4. 鮎川義介氏の大構想と援助                

                            

大島公園関連年表                            

昭和4年                 東京湾汽船日航開始                  

昭和4年3月14日〜5月30日     松山新道(聖地橋から動物園に至る道路)に着手

昭和6年5月4日       神奈川県鎌倉町の浄光明寺住職 大三輪僧正来村        

昭和8年                大三輪僧正により泉津に真言宗の大修験道場が建立される

                            (泉津村福重2)

                            東京湾汽船が修験道場を中心とした自然動物園を計画        

                            林甚之丞社長発案   

                            観光客にとって三原山見物だけではあまりにも時間に余裕が

                            あり船会社の責任としても他に何か時間を有益に利用できる

                            施設をなすべき

                            協力を求められた泉津村村長森口吉五郎は計画の厖大な

                            ことに鑑み利害・思惑の錯綜を避けるため独断決行を図る

                            事とする.

昭和8年5月30日      東京府水谷技師来島                  

昭和9年6月             行者浜より三原山登山道を緑地計画のため測量      

昭和9年9月20日      泉津村より東京湾汽船に土地貸付 

                             21万5千坪 10年間無償貸付   

昭和9年12月24日     東京市より井下清公園課長来島                

昭和10年 1月 5日     聖者橋(吊り橋)渡り初め                

昭和10年6月15日      自然動物公園落成                    

昭和10年 7月14日    動物園内 猿島を拡張                

昭和10年10月11日    泉津村より東京市へ緑地計画陳情          

                              東京湾汽船は23万円を投じ公園を完成

                              引き続きヒュッテ行者整備・電灯電話の架設・水道を施設.

                              然るに民間企業としては維持に困難あり.

                              営利企業による維持の困難性から東京市移管が検討される

                             (梅本大島支庁長・林社長・森口村長)

昭和11年 8月12日    井下公園課長視察                    

同日                       井塚虎太郎東京市長に大島公園計画を具申          

                             動物園敷地を東京市に寄付 東京湾汽船よりの寄付金2万円に

                             より隣接地を買収し市の受け入れを促進

昭和12年 1月10日    東京湾汽船との敷地貸借契約解除を通知            

昭和12年1月20日     東京市長宛造営物寄付予約書提出          

昭和12年1月28日     森口村長より東京支庁あて隣接地である海軍用地の公園供用を申請

同日                       横須賀鎮守府司令長官から森口村長に海軍用地を公園用地として

                             使用することが許可

昭和12年 3月12日     海軍用地5万613坪 東京市自然公園用地として供用      

                              海軍用地: 郷土鼻(ゴード)付近の実装魚雷発射場      

昭和12年6月26日      公園地寄付受領並びに地上権設定契約締結          

昭和12年6月            公園工事に着手 泉津村から男女60余名が登録常雇として出労  

昭和13年1月15日     地上権設定契約                  

昭和13年2月8日       大島公園寄付の手続き完了                

昭和13年3月12日     小橋一太市長,海軍用地公園供用する件承認        

昭和13年3月23日     黒潮小屋(平原技師設計)上棟式              

昭和13年 5月 1日    大島公園開園 (170万h)                

                             浜田山白井山に修験道場移轉                 

                             東京市はこの段階で海洋自然公園をも併設する意図あり.    

昭和13年 6月26日    東京市は自然公園用地として5万2683坪其の他所在地上物件を受領

                             このころ鮎川義介氏が大島厚生施設協会構想を発案  

昭和16年 3月17日    大島厚生施設協会設立                

                             大島の持つ立地・自然の好条件を利用.東京市民の休養保健のために,

                             大島全島を自然公園とし,かつ島民の生活向上・産業の発展を図るもの.

                             鮎川氏7000万円を拠出し事業に着手            

                           相談役 鮎川義介,以下政財界,関係官庁,学者,陸海軍当有力者多数

                           評議委員 大島支庁長,各村長,その他大島在住者      

                           構想例: 鳥獣を放し飼いにする世界一の自然動物園,水産日本を象徴

                            するに足る鯨も泳ぐと言う大仕掛けの海洋水族館,亜熱帯植物園 云々

昭和17年2月23日    東京市に日産健民会(鮎川氏)から公園内に植物園設置の件申し出    

                            行者窟以南の市の開発未着手地域(ゴゼ川)            

昭和17年4月15日   戦局悪化による協会の判断

 太平洋戦争のため,大島全体の事業は一応大体の机上計画をとりまとめ置くていどにして実行を他日に待ち差し当たりあたりゴゼ川植物園を中心として進むこと.ゴゼ川植物園は早急に大衆の意に適する程度の亜熱帯的景観を仕上げ,これにより社会の注目をひき,他日の全島本格的事業を軌道に乗せるように誘導すること.以下略.

                            * 完成後は全施設を市に寄付する旨の文書も存在する模様  

昭和19年                戦局悪化に伴い事業計画変更              

                             植物園は食料増産農場となり遂に敗戦の年を迎える.        

昭和41年9月31日    大島公園用地地上権設定更改契約締結          

    東京市は海洋公園整備敷地としての利益,泉津村は地元の開発と物資労力の供給等の利益を目的としての相互依存関係による契約は戦争の激化,村民の強制疎開等も作用して,公園の整備も初期の計画通り進められておらず,当初泉津村が期待して契約した状態とは程遠いものとなった.これらの事情も反映し,村では財源収入に当てるため,契約第8条により,やむなく順次公園の樹木を伐採せざるを得ない状態になり,都としても現状では双方の利益に均衡のない事を認めざるを得ない状況下におかれた.そこで地上権設定地内にある樹木の保障,公園施設の管理委託等が考慮され,結論として財産区が財政上必要な程度を地代として支払うことが最も妥当なものとされ,都は泉津財産区に対し,土地の地代として年額150万円支払うことになり,今日(S48.4)に至っている.

 

「大島公園回顧録」 は こんな本

下の写真のとおり B5版160ページ余 手書きの400字詰原稿用紙のコピーを閉じたものでほぼ完全なプライベート版です.

発行は1973(昭和48)年4月.  わたしはこの時高校2年生で,自宅に回覧されてきたこの本を見た記憶があります.以来30余年の時が経過し,IT技術によってその存在を当時より広い範囲の方々にお伝えできる環境となりました.

  

kaikoroku.jpg

 

P4120013.JPG

 

 

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

to 「写真館」 top

to 「JR1UIA の部屋」 top

to 「田附家のページ」 top

to 「大島の空の下で」 top