Story

「……だけは殺すつもりじゃなかった……。
……は、信じて……」

体中に熱くて痛い感覚。
耳に聞こえてくる声も遠退いて……。

■■■

駆が見るそれは夢なのか、それとも……。

短命な人工生命体の末路。
都市で起きている連続殺人事件の行方。
自分の全てを犠牲にしてでも守りたいもの。

駆が踏み出した一歩は
どの真実に辿り着くのだろうか……。