中編小説

HTMLファイルでお読みになる場合は、各タイトルのバナーをクリックしてください 

(400字詰め原稿用紙100〜350枚)

 

  二人はアルビレオ
(2009年)
 

幼い頃から双子のように育った鷲斗(しゅうと)と琴音(ことね)。だが、時折起こる大きな不幸は、いつも琴音のほうだった。幼なじみの純愛の物語です。
 1 駅 〜プロローグ〜  2 小学時代  3 中学時代  4 高校時代 〈一〉  5 高校時代 〈二〉
 6 高校時代 〈三〉  7 高校時代 〈四〉  8 高校時代 〈五〉  9 それぞれの道  10 胸騒ぎ
 11 彼女の行方  12 彼女の親友  13 戸惑いの中で 14 二人のディスタンス  15 誕生日の告白
 16 それから  17 もう一つのバラの花      

 

音の翼にのせて
(2006年)

恒也と美音は幼なじみだった。だが、彼女の家が火事になったことがきっかけで転校することになり、別れ際に2人は12年後の再会を約束する。
 第一章  第二章  第三章  第四章  第五章
 第六章  第七章  第八章  第九章  最終章

 

時と夢の匂い
(2006年)


彼岸に久しぶりに実家に帰った僕の目の前に1人の若い女性が現れた。それは、かつての恋人の穂奈美だった。そして、その日から僕の体に異変が生じ始めた。
 1 彼岸の出来事   青空が見えた  3 波打ち際で  4 雨上がりの光景  5 川を渡る風
 6 月夜のささやき  7 オレンジ色の眠り  8 夢から覚める時  9 木洩れ日の中で  10 願いは時を越えて

 

夜空のせんこう花火
(2005年)


共に恋愛で心に傷を負った夏輝と耀子。2人は何度も挫折と困難と葛藤を経ながら遠距離恋愛を続ける。
1 残 照  2 破 断  3 胎 動  4 燭 光  5 予 感
 6 写 真  7 露 光  8 暗 転  9 薄 明  10 光 跡
 

「風舞の空」トップページへ

「風舞の空」で掲載している小説の著作権は、管理人である風舞航士朗に帰属します。

管理人の了解無く内容の全部または一部を複製・転載することを禁止します。