TOPへ戻る
犬猫どこでもカジリンコのインドですょん♪ トップ

ガンガーのモルゲンロート
インド・デリーへ

サールナートへの道

ペット用品の抜け毛取りピロコーム
サールナート

バナーラスの街

ガンガー

ガンガー沿いの路地

寝台車でアグラへ

タージ・マハール

アグラ城

ファーテーブル・シークリー

ジャイプールへの道

ジャイプールの街

風の宮殿

ジャンタルマンタル天文台

犬と猫の抜け毛取りピロコーム
アンベール城への道

アンベール城

ジャイ・マハル・パレス

デリーへ向かう道



お好み  TOPへ > 戻る
輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  我輩は猫王メインクーン    Land2 花ランド  ペットのパピヨン  踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  世界のネコ 
インド
昨日買ったサリーを着てタージ・マハールへ向かう。入り口は赤砂岩の門で、くぐり抜けて白い大理石のタージ・マハールへは靴カバーをして行く。
赤砂岩に溶け込むようなサリーでした。
白大理石の前面に色とりどりの宝石で象嵌が巡らされています。
ムガル帝国シャー・ジャハーンの第一后の墓。
タージ・マハールとはムムターズ・マハールの発音ががなまったものです。
ムムターズ・マハールとは、アルジュマンド・バースー・ベーガムの称号です。
アルジュマンド・バースー・ベーガムとはシャー・ジャハーンが熱愛した第一后なのです。
きさきの名そのものなのです。
夜のガンガーの祈り。
東のベンガル湾に向かって流れるガンジス川はこの地では北に向かって蛇行している。
ここで葬式を行えば輪廻転生から開放される。
人々は死ぬためにここへ集まるという。
沐浴をしている人も沢山居る。
水は聖水と言って壷に入れて故郷に持ちかえるらしいが、けっこう汚れて見える。
旅行に出るときに病気になるから入るなと釘を刺されている。
サールナートは北インドの中央部に位置し、悟りを開いたブッダが始めて説法をした所であり仏教徒の聖地です。
鹿公園の中にあり、ブッダ・ガヤーで修行していた頃の五人の修行者とここで会い、悟りを始めて語ったとされる。
クーラー付き寝台車で中は薄暗く感じたが通路が狭くカーテンが両側にあるせいかもしれない。
右が二人席が向かい合って2段、左が一人席2段で、一人席2段の方だった。
二人席2段の方にはサリーを着た人がいる。
ファテーブル・シークリーを見る。
砂漠のラジャスターンへ向かう途中、アグラの南西40Kmにある城址。
ジャンタル・マンタル天文台は風の宮殿の隣には天文学に秀でたマハラジャが建設した天文台がある。
日時計や星・星座を観測するものでインドの占いの元になる星座を個々に観測する専用観測儀もある。


朝犬たちは尻尾を振ってやってくる。
ドアを開けると犬たちは脱兎のごとく駆けだして行く。
時々、犬はヤブに入っていく。
何か獲物を見つけたのだろう。
ここらには、シカ、イノシシ、キツネ、が居る。
獲物を追うときの生き生きとした動作は本能だろうか。
子供を獲物と間違えないでくれよ。
実に楽しそうだ。
海に棒を投げると泳いで行って取ってくる。
犬は何度でも、疲れることを知らないのだろう。
猫は違う、すぐに疲れるのだ。
チーターは猫だと何時も思う。
トップスピードで一瞬の狩りを行ない、後は休養なのだ。

犬のアトピー性皮膚炎/皮膚の病気

空気中の様々なアレルゲンを吸収して起こる皮皮膚病です。
花粉、ハウスダスト、カビなど原因を特定することが大切です。
遺伝的なものが大きく影響するとも言われていて慢性化しやすく、一時的に治っても再発しやすいようです。
腋や下腹部、、目の周りなどに左右対称に現れることが多い。
症状
・強いかゆみ
・患部を引っ掻くため脱毛、ただれ
・皮膚が赤くなる
治療・対処法・予防
・原因(アレルゲン)となるものの特定・排除
・体を清潔にする
・投薬

犬の食物アレルギー
食物中のある成分に対して体の過剰反応によって起こります。
細菌やウイルスなどの外敵を排除する免疫システムが、通常は反応しないものに対し敏感な反応を起こし体に害を及ぼしてしまうことがあります。
これをアレルギー性皮膚炎の中の食物アレルギーと言い、その原因となる食物をアレルゲンと言っています。
症状
・激しいかゆみ
・激しく掻き毟ることによって表皮がはがれて出血
・発熱
・下痢・嘔吐

治療・対処法・予防
・アレルゲンを取り除くためアレルゲンが何かを特定する(血液検査など)
・かゆみや炎症を抑える薬の投与
・犬の周りの環境を清潔にする
などなど

ペットの抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは 

ペット用品(かため)を注文し、本日手元に届きました。
愛犬に使用しましたところ毎日コームでとかしているハズなのに、
驚くほど無駄毛がとれました。
本当にビックリしました!!

私の勝手な使用感をお伝え致します。
思っていたよりは小振りでしたが、細かな所(脇の下・尻尾の付け根周り等)に対し て使いやすく満足しています。
取っ手の指を入れる所は曲線を描いた楕円形にしてはいかがでしょうか。
関節が丁度当たってしまい、痛いのです。
そのこと以外はパーフェクトです!!


この穴の形は、とっても重要な意味があります。
働き者のお母さんがしっかりと握ったら、わんこをぶら下げるほど力が出ます。
小さなお子さんには、しっかりと握れるサイズです。
ペット用品の使い始めはたくさんの抜け毛が取れるのですが、一巡して綺麗になった後は抜け落ちるものだけになるので軽く梳いていれば良いのです。
大人には指が一本か二本でちょうどよいかなと思っていますが、
まだ改善が必要な所かもしれません。」

なんだ…これは……
すごい・・・・・・・・・
いろんなブラシをためしてみましたが、納得できるものに巡り会うことができなかったのですが…
ペット用品をペットに一度通しただけですごさを実感することができました。
ダックス(ロング)とシーズーがいます。
二人ともちょっと油断すると毛玉だらけ。
市販のブラシじゃ歯が立ちませんでした。
結局、はさみでチョッキン。
恐るべし、ペット用品
もっと早くに巡り会いたかったです。
注文から配送もスムーズで、すべてにおいて感激です。

早速使ってみました。
ホヤホヤ毛が沢山取れましたよ~!
抜けた毛の処理も簡単で、良い物に出合えてラッキー!!!
元々ブラシは嫌いではないので、気持ち良さそうにうとうとしてました♪
コンパクトで持ち運びも便利だし、
散歩の時にお友達にお勧めしちゃいま~す^^

 噂通りの効果に感心しました。
何よりも犬が毛梳きを嫌がらないのがいいですね。
これまで使っていたスリッカーブラシには異物感からか(ブラシに)噛み付きそうなぐらい 威嚇していたのですが、ペット用品だと気持よさそうにされるがままになっています。

 注文から配送まで迅速だったことも嬉しく、いい買い物をしたと家族一同喜んでおります。

 あれから、毎日使っています。
使いやすいし、抜け毛がさっととれるのがいいですね。
我が家の愛犬も気持ちよいらしく、
きのうは、ブラッシング中にうとうととしていました。

ブラシを手にすると逃げ回ってた子が短い時間ではありますが、ペット用品を当てさせてくれました。(コームにとれた毛をみて感激です)
少しづつコームを当てる時間を長くし、慣れさせていきたいと思います。
ロングなので毛換期が大変でしたが、悩みがひとつ減りました。

注文してよかったです!(^^)!

スコティッシュ・ホールド
早速使ってみると、もう 最高でした!
うちの やまと(猫・スコティッシュ)は 今までゴム製のグルーミングブラシですいていたので 毛がすごく飛び散るので、風呂場でやっていました。
でもやまとの気分次第で、風呂場に行くのを嫌がる時もあるので、その気にさせるのが 大変なときもありました。
でも ペット用品なら部屋にいながら すけるので、すごくいいです!

日本猫
猫たちに試してみましたところ、とても、気持ち良さそうにしています。
とれた毛もうまくまとまり、便利……と思いました。

もう少し横幅が広くても良いように思いますが、このサイズには理由があるのでしょうね。


子猫と同じくらい毛が極細であちこち舞ってたいへんなのです。
ペット用品でも、やはり毛が舞ってしまいしっかり取ることができませんでした。
もう一匹の毛質がふつうの子に使用しましたら、ものっすごいゴッソリ取れたので、良い商品だと思います。
もう少し毛がながかったら、また違った結果になったかも。

日本猫
ペット用品、とっても使いやすくて感謝しています。
我が家には、二匹の猫がいます。
一匹は完全な家猫で、もう一匹は外と家を自由に行き来して暮らしています。
どちらの猫もペット用品が気に入ったらしく、大人しく毛をすかせるようになりました。
優れものに出会えて・・・

アビシニアン
使ってみての感想ですが、まだ子猫(3ヶ月)なので、あまり抜け毛がないのか取れる量はあまりありませんが、
まったく嫌がる様子がないのでよかったです。
これから毎日じっくりと使っていきます。

日本猫
普段からブラッシングが大好きな子なのですが、スリッカーだと皮膚が傷つくのではないかと不安でした。
ペット用品は先が尖っていないから自分の手に当たっても痛くないので安心しました。
これで猫の気が済むまでブラッシングしてあげられます。

とにかく、楽しいブラシを手に入れることができてうれしいです。

8月のカエデは葉の量に注目していただきたい。
全体が春先のように枝が透けて見えている。
葉刈りをかけたわけではなく、葉数を減らしているのである。
この程度葉数を少なくしても大丈夫。
枝をゴツくしたくないための河村さんの方法である。
このカエデ・は大型の小品(20数㎝)からの改作。
印象としては中品からの改作である。
模様樹風に作ってあった作品を、頭部を飛ばしーの枝だけを利用している。