TOPへ > [戻る]

犬猫ペット好きといつもの動物園

アカショウビン
アカショウビンは琉球諸島から北海道までの
低山帯の原生林(ブナ林等)に渡ってきて、
古木等に穴を掘って営巣します。
沖縄諸島以外は、梅雨時期の渡り鳥で、
営巣し幼鳥が巣立ち体力が着く夏の終盤ごろ、
又東南アジア方面に戻ります。


アカショウビン
日本のカワセミ類はこのアカショウビンのほかに
カワセミ、ヤマセミの3種類います。
この中ではアカショウビンだけが渡り鳥です。


使ってみました。
とても良いですよ。
二重被毛の犬種には 特に良いと思います。
毛も飛びませんし、抜けてたまっている毛を綺麗に取ってくれます。
本格的な換え毛期を前に とても、うれしいです。

我が家のサモエドはちょっとでもブラシなどがひっかかると「痛いよ。」と言いたげにブラシを持った手を噛んでくる。
ちょっと困ったやつですが、ペット用品では20分ほど平和?にコーミングできて、抜け毛もいっぱいキャッチできました!

感動です。

我が家のワンコには
とかす回数に比べて取れる割合が少ないかなと感じました。

相模原のショップでペット用品を買いました。
うちのサモエドに使っていますが、非常に気に入っています。
最初は高いかなと思ったんですが、いくつも買うようなものではないし、思い切って買いました。
ショップには試供品が一個置いてあり、みなさん、いろいろと試しているようですね。

ハスキーとのMix
犬の抜け毛処理には悩まされています。
毎日のようにブラッシングをするのですが、ブラシやノコギリコームでは思うようにとれず、また、じっくりブラッシングすれば、その量の多さは、家族全員のセーターでも作れそうな勢いです。
夜は室内で飼っているので、掃除の手間もバカになりません。

 早速、我が家の駄犬のグルーミングに挑戦してみました。
すくようにむだ毛取りができ、とても調子がいいです。
犬の方もブラシと違って抵抗が少ないのでいやがることもありません。
噂以上に使い心地の良いの品物でとても満足しています。

ピレニーズ(♂) ・ ゴールデン(♂)
特にピレニーズの方は、 人間よりも大きな体に豊富なダブルコートを持つ犬種なのでとてもブラッシングが大変だったのですが、 ペット用品を使用してみてビックリ。
本当によく抜けます。

今までもしっかりブラッシングをしていたつもりだったのですが、 ちゃんと抜けていなかったんですね。
ペット用品ではなんと家庭用ゴミ袋いっぱいの毛が取れました!(本当です)
見た目にもスレンダーになってまるで別犬のようです。

猫は換毛期のピークを過ぎているのか、思いの外毛が取れませんでした・・・

そこで、シェルティに使ってみた所、面白い様に下毛が取れて、毛艶も良くなり大満足です。
もともと犬なのに猫っ毛で、軟らかい毛なので乱暴にブラッシングすると切れ毛してしまっていたのですが、それも大丈夫そうです。

猫もシェルティも、どちらもブラッシング時に痛くないせいか全く嫌がらず、お腹まで見せてくれました。
なでられていると勘違いしている様です。

早速使っています。
今たくさん毛が抜けるので、とても助かります。

思ったよりかわいく高級感?のあるデザインで気に入っています。
早速使ってみましたらとても使いやすくスムーズに毛が抜けて大満足です。
(しかし張り切りすぎて端っこの一本が曲がってしまいました。。。TT)

とてもいい商品なので、いろんな人に使ってもらえると良いですね。


ペルシャ
本当に驚くほどすんなりと毛が梳けて、しかも櫛の部分にしっかりととどまって、散らばってしまわないので感激しました。
HPの写真のように寝そべってはくれませんでしたがゴロゴロと喉を鳴らしながら、毛を取らせてくれました。
普段は抜けた毛がふわふわと舞って困っていましたが、しっかりと束になって処理も簡単で大助かりでした。

日本猫
ペット用品受け取りました。
使ってみて、本当に取れた毛がコームの先にかたまっているので、感動しました。
猫もいやがらずにじっとしております。
想像以上でした。

日本猫
早速我が家の半ノラ猫に使ったところ、
ごろごろといい気分になったようで、いつまでも嫌がらずにご機嫌にしておりました。
これからますます抜け毛の増えるシーズンですが快適に過ごせそうです。

とにかく、楽しいブラシを手に入れることができてうれしいです。

具体的に何⑫なのかは聞けなかったのですが、ドボドポドボッとかなりの量を振り撒けば効果的とのお話でした。
まぁ、辺り一面は酢の香りに包まれるでしょうが……。
また除草剤はさほど著効はせず、例えばコケレスなどゼニゴケ専用の駆除薬剤のほうが効果に信頼が置けるようです。
「専用」と調ってお金を取るだけあって、効き目も保証されるというところでしょうか。

お好み  TOPへ > 戻る