美濃染付の青山徳弘 主催 青山窯

青山窯の美濃染付

美 濃 染 付

当たり鉢

 素焼きをした生地に透明釉をし、呉須という顔料で描いた柔らかな文様のある器を染付けといいます。


美濃染付けと景徳鎮染付けとの違い

 「染付け」は、景徳鎮の染付けを由来としています。この景徳鎮染付けとは、生地に景徳鎮周辺のカオリンを用い、呉須という顔料で描いたコバルトブルーの柔らかい文様のある磁器をいいます。

 「美濃染付け」は、磁器に近いのですが、景徳鎮で言う磁器とは少し違い、半透明ではないし、金属音もしません。
 カオリン・石英・長石という磁器原料を使うのではなく、成分的には近いですが、カオリンより少し熟成している小名田木節粘土や高田粘土を使いますから、生地は純白や半透明ではありません。また、生地に鉄分を少なからず含むのもその特徴です。

・・・鉄分を生地に含むため、下の写真のように、白い器に意図しない黒い鉄粒の発色をします。・・・

鉄粒発色

 しかし、この原料でできる美濃染付けは、カラスのグラスのような素地が薄い磁器と違い、厚みを加えることにより、少し熱伝導度が低くなるため、熱湯をこの器に受けても薄い磁器ほど熱く感じません。
 加えて、少しの厚みは、保温性を生み出し、茶などが少し長く温かく飲めます。その意味では、温かい食事を扱う器として良い特性があると考えています。
 また、この少しの厚みがあることにより、カラスのような素地の薄い磁器より丈夫です。


 これは、料亭やそば屋さんなどで使われる理由ともなっています。
 つまり、美濃染付けが好まれるのは、青山徳弘氏の優れたコバルトブルー文様の意匠というのは当然ありますが、それだけではなく、厚い磁器(ガラス状態)という特性も備えているため、丈夫で、なお使い続けても変色しない、清潔感を常に感じることができるという点が、理解されているからです。


 このように美濃染付けは、磁器(ガラス状態)の特性を有するため、陶器(素地がガラス状態になっていない器)である萩焼などに見られる貫乳(かんにゅう)という表面に細かいひびが入ることはありませんし、陶器のように吸水性もありませんので、長年の使用で茶渋や食品のアクで変色しません。
 この器の安定性が、食物を扱う器として、優れていると考えています。

青山窯の由来

 青山徳弘氏が主催する青山窯は、美濃古染付の伝統工芸で、多治見市無形文化財保持者である父・青山禮三氏とともに28年間その技法を磨き、その後「美濃染付」の青山窯を開いた。

 現在、描かれる呉須絵は、複雑な牡丹唐草模様や、精細な麦藁(わら)手、生き生きとした麦穂(麦穂)、抽象化された花火、木賊(とくさ)などです。


青山徳弘へ  青山窯の器へ   青山窯 案内へ  青山窯へ 


青  山  窯

岐阜県瑞浪市日吉町字八瀬澤6261番地1
電話 0572−69−2610


☆ Produced by officenishio ☆
Copy Right 2008 officenishio All Rights Reserved