インドネシアのコーヒー

 

 

インドネシア・コーヒーといえば、古くから、「マンデリン」(Mandheling)や「トラジャ」(Traja)が有名ですね。

 

インドネシアは、ジャワ島、スマトラ島、スラウェシ島などでコーヒーが生産されます。

ジャワ島にコーヒーが持ち込まれたのは1699年だそうで、16世紀末にインドネシアを訪れ、植民地化したオランダは、後にプランテーションを行った。

1830年にはジャワ島で始められ、ジャワ島の他にも、スマトラ島の西海岸でもコーヒーの栽培が行われた。 第2次世界大戦以前までは、世界3位のコーヒー生産量を誇っていたが、大戦中は激減。しかし独立後には再び回復し、最近では再び生産量第3位の座を争っているとか。

 

生産品種はロブスタ種が中心で、全体の90パーセントを占めている。

特にジャワ島で生産されるジャワ・ロブスタは、ブレンドの際の好適品としてよく利用されている。

このロブスタ種はさび病に対して抵抗力が強いために、アラビカ種の掛け合わせによって、優れた品種が生み出される。

アラビカ種はジャワ島、スマトラ島、スラウェシ島で生産されている。

ジャワ島のものは「ウエスト ジャバ インドネシア」で生産量 こそ少ないが良質であり、スマトラ島の「マンデリン」は世界的にも評価は高く、インドネシアを代表するコーヒーとして知られている。スラウェシ島で生産されるものとしては「カロシ」、「トラジャ」などが知られている。フローレンス島の「イスラ フローレンス インドネシア」は希少豆。

なお標高1200メートルを越える同島のトラジャ地方では、1974年に日本のキーコーヒーと現地資本とによってトアルコ・トラジャ・コーヒーの栽培事業が始められた。

 

有名なコーヒーとしては、下記のものがあるようです。なおインドネシアのコーヒーは全般的に濃厚な苦味が特徴です。そのためカプチーノ、エスプレッソやアイスコーヒーに向いています。

 

 

マンデリン トバコ Mandheling tobacco (スマトラ島)               

 

マンデリン特有の濃厚なコクと苦味が楽しめます。ミルクとの相性も良くカフェオレ、カプチーノにもおすすめ。アチェで7割、トバ湖近くのリントン・シリカラン地区で3割が生産されているとか。マンデリン生産量の半分が、米国の有名なスターバックス・コーヒーチェーン店が購入し、半分が日本に輸入されているそうだ(輸出向けが主)。スターバックスがインドネシアのコーヒー豆の売り上げ一部をスマトラ沖地震の救援金に贈ったことも有名。最近、インドネシアでもスタバが増えてきています。(なんかユニクロの中国進出に似ていますが)。変な話ですが、スタバや日本に持っていかれて、インドネシアでは見かけませんね。これこそ幻のコーヒーです。

 

『リントン ハリマオ』はインドネシアからやってきたマンデリンコーヒー、スマトラ島北部のリントンニフタ地区で栽培されたコーヒーです。  ハリマオとはスマトラ島に生息するスマトラタイガーのことで現地の言葉でトラを意味します。 精製方法はセミウオッシュド。コーヒーの実を収穫したその日のうちに果肉を除去し天日で乾燥し、脱穀、さらに乾燥というインドネシア独特の精製方法によりマンデリン特有の素晴らしい風味を持つコーヒーに仕上がりました。 飲んだ最初の印象はこうばしいコクと甘さを感じ、次にマンデリン特有の果実のような甘味とナッツのような美味しい苦味が口いっぱいに広がります。苦いのが苦手な方は砂糖を少しいれて飲むのもおすすめです。飲みやすくなるだけでなく、さらにコーヒーの風味もひきたちますよ(UCC珈琲)。

 

 

輸出用か

 

 

ガヨ・マウンテン Gayo Mountain(スマトラ島)          

 

ガヨ・マウンテンは国の支援で生産されているプロジェクトで有機栽培です。厳正な管理のもとで有機栽培されており中深煎りにするとしっかりとした味で酸味苦味の調和も取れているとのこと。

ガヨ・マウンテンは、インドネシアでも有数のアラビカ種のコーヒー産地、スマトラ島最北部アチェ州ガヨ高地で栽培されています。

インド洋をはるかに臨む3000m級の山々が連なる山岳地帯。山深いこのあたりは、赤道直下ながら年間平均気温20℃、風がインド洋から運んでくる豊富な雨、そしてきらめく太陽が肥沃な大地を創り上げました。恵まれた自然と豊かな土地、ここでは昔から有機農法が行われていました。

自然が自ら作り出すサイクルに沿って、人々は種を植え、育て、収穫し生活してきました。サトウキビ、茶、丁子などの農作物に加え、最大の作物コーヒーが生産されています。

ガヨ高地はイスラム教の戒律が厳しく排他的な面もあり、観光客はもちろん近隣の住民すらもなかなか足を踏み入れる事のできない秘境でした。

生産されるコヒー豆が良質なことは古くから知られていましたが、排他的な土地柄と、生産性が少なく輸送するにも人手しかない奥地のため、長い間マンデリンに混ぜられ日の目を見る事がありませんでした。

1984年、石油に変わる外貨獲得の手段として、アチェ地方を国際観光地に開発する計画をインドネシア政府がスタートさせ、観光の重要な柱としてコーヒーに注目されたのです。

農薬・化学肥料を使用しない有機農法により栽培されたコーヒーは、風味と香りのバランスが良く、カリブ海産の高級品に勝るとも劣らないものです。秘宝のコーヒーとして今日まで語り継がれています。

 

 

 

 

トアルコ・トラジャToarco Toraja(スラウエシ島)

 

1978年、日本のキーコーヒーが発売して以来、30年を超える。まろやかで程よい酸味、豊かなコクが絶妙に調和した深い味わいと、上品で芳醇な香り。それまでは幻のコーヒーと言われていた。

南ジャカルタにある百貨店「パサラヤ」の地下にキーコ−ヒーのカウンターがあって、ここで目の前で入れてくれるロイヤル・トラジャ・コーヒーは確かにおいしかったです。

 

 

 

○ 砂糖とミルクにこだわり「トアルコ トラジャ」をより一層風味豊かに! 2014-4-12

 

JTは、「トアルコ トラジャ」を贅沢にブレンドした砂糖ミルク入り缶コーヒー、ルーツエクスプローラー「トラジャブレンド」を2014年4月21日、全国で数量を限定して再発売する。

「トアルコ トラジャ」はインドネシアのスラウェシ島トラジャ地方でのみ産出される、香り高く柔らかな風味のコーヒー豆。「トラジャブレンド」は、この「トアルコ トラジャ」のコーヒー豆を増量し、より贅沢なコーヒー感を楽しめるという。柔らかくまろやかな風味を持つ種子島産のさとうきび粗糖や、北海道産生クリームを使用することにより、風味豊かな味わいに仕上げたという。

パッケージにはトラジャ地方固有の伝統的な柄を用い、トラジャ独特の世界観を表現したそうだ。情熱をイメージさせる赤を基調とし、金色をアクセントとして配色することで、高級感を表現したという。

 希望小売価格は120円(税抜)。

 

 

マンガライ Manggarai (フローレス島)

 

「イスラ フローレンス インドネシア」マンガライ族が作り上げたスマトラ式コーヒーで、生豆はマンデリンに似ています。苦みと自然な甘味、コクのあるコーヒー。苦み・香りはマンデリンとは異なり独自のもの。ほどよい苦みのあとに広がる自然な甘味・コクがあります。

この西にはコモド島 (komodo) があり、大トガケが闊歩しています。

(バリ島から東に、ロンボク島、コモド島、スンバワ島、フローレス島 --- テイモールと続きます)

 

 

マンガライのコーヒーの木

 

 

コモド島のコモド・ドラゴン

 

(スタバのデイカフェ・コモド・ドラゴン・ブレンド)

 

記事を見る

 

 

キンタマニ・バリ コーヒー Kintamani(バリ)

 

バリ島北部にあるキンタマーニ高原周辺で産出されるアラビカ種のコーヒー。高原の冷涼な気候と火山性の土が、デリケートなアロマとリッチでエレガントな味わいのあるコーヒーを作り出す。マイルドな口当たりで、苦味とか酸味がきつくなく、万人向きの味。バリ(ングラライ)国際空港の免税品店などで、1$5ほどで売られている。バトウール山の山腹で産するアラビカ種は土居名人推薦の「神山」銘柄で有名。

 

 

キンタマニ・バトウール湖、後ろがバトウール山

 

 

コピ・ルワック(スマトラ島、ジャワ島、スラウエシ島)

 

これこそ正真正銘の幻のコーヒー。

コピ・ルワック(インドネシア語 Kopi Luwak)とはジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆のこと。「コピ Kopi」はコーヒーを指すインドネシア語、「ルワック Luwak」はジャコウネコの現地での呼び名。独特の香りを持つが、産出量が少なく高価。

日本では、コーヒー一杯が6000円だとか。(北ジャカルタ・スネンのアトリウム・モールの喫茶店ではコーヒー一杯千円位でした。ブレンドだと300円位。バリのヌサドウア・ビーチホテルのロビーバーでも2000円位ですから、日本では随分高いですね。ジャカルタ・グランドインドネシアの専門店は下記参照)

ジャコウネコの分泌物から取れる香料は、麝香(じゃこう)に似た香りをもち、「シャネルNo.5」にもブレンドされているという。漢方でも霊猫香(れいびょうこう)といい、気を巡らし脳を覚醒させる作用があると言われ、クレオパトラが媚薬として用いたそうだ。)

ジャカルタの空港の免税店では一箱50ドル位で売られているようです。

市内のパサール(ローカルのマーケット)では随分安価で、これはどうも「イタチ」が食べた「イタチ・コーヒー」という俗説があります。

各紙、最近人気が出てきているとの記事が出てきている。

また、インドネシア・ユドヨノ大統領もこれからこの特産品に輸出に力を入れるとのこと。

「最近、ホワイト・ルワック・コーヒーのTV宣伝でも見られますね。

 

YouTube(でちょっと見る

 

 

 

 

グランドインドネシアのウエスト・モール地下にある、その名もずばり「コピ・ルワック Kopi Luwak」の専門店がある。

 

 

 

店の看板もその名もずばり

 

   

 

 店のショーウインドーには「コピ・ルワック」が鑑定書と一緒に飾られている。

 ここでは100g入りが5千円で売られている。

 

 

コピ・ルワック一袋にホログラフィーと番号が、また証明書も入っているこりよう

 

 

おもおもしく袋ごともって来て、中身には1杯分のコピ・ルワックが、またコースター兼説明書が入っていた。

コーヒー1杯は800円でした。

しなしながら、一般のインドネシア人はランチを楽しむだけで、コピ・ルワックを注文している人は余りいませんでした。

 

コピ・ルワックをもっと見る

 

 

 

インスタント・コーヒー

 

なんと言っても、インドネシアの庶民が飲むコーヒー、特にうちに運転手の好物です。

カパル・アピ Kapal Api (蒸気船の意味)

このコーヒーの一袋にはコーヒーのグラインドされたものと砂糖が入っています。

そのまま熱湯を注ぐので、そのままで飲むと口の中がコーヒーのカスがジャリジャリするので、コーヒが沈殿するのを待ち、上澄みの分だけを飲みます。

沈殿した下の部分は捨てるように。

(トルコ・コーヒーみたいなものです)

 

 

 

Kapal Api

カパル・アピ

 

なお、ジャリジャリしたのが嫌な人で、インスタント・コーヒーを頼む場合は、「ネスカフェ」と言って注文します。

 

変り種は、Kopi Jahe(コピ・ジャヘ) ジンジャー・コーヒーですが、これも既に砂糖が入っているのでちょっと甘いですね。

 

 

 

Kopi Jahe

コピ・ジャヘ

 

やはりインスタント珈琲なら、Kopi Luwak(コピ・ルワック) 、これも既に砂糖とミルクが入っていますが、さすがに幻のコーヒーは違う。あまり甘く感じません。香りがインスタントと思えないほどおいしい。しかも一袋数十円と安い! 麝香猫のコーヒーの字が印字されている。

 

 

Kopi Luwak 3 in 1

コピ・ルワック

 

徳用サイズのもので沢山入ったものもあります。なんとこれが数百円?

 

 

 

White Koffie 3 in 1

 

 

(インドネシアでルワックというジャコウネコ)

 

 

 

ちょっと、ここで一服。

 

J.COはドーナツ屋さんだが、ここで飲むシングルのエスプレッソ(espresso)やカフェ・マキアット(caffe macchiato)は、ドーナツ付きで150円と安い。

ドーナツも米系の店より甘くない。コーヒーを頼むと1個のシンプルなドーナツが付いてきて、甘くなくて美味しい。

エスプレッソ (espresso) は、コーヒーの入れ方の一種で、イタリアやフランスでもっともよく飲まれる。風味が濃い、こくのあるコーヒー。

エスプレッソマシンもしくは直火式のマキネッタという専用の器具で作られる。

マキアート (macchiato) とは1ショットのエスプレッソに少量のスチームドミルク(蒸気などで泡立てた牛乳)を注いだもの。

 

 

 

ラマダン向け J・COドーナツ 

断食月(ラマダン)が始まり、ブカ・プアサ(一日の断食明け)にはより美味しいものを食べたいという人が多い。そんなムスリムの欲求に応え、シンガポール、マレーシアにも出店しているインドネシア発のドーナツショップ「J・CO(ジェコ)ドーナツ・アンド・コーヒー」はこのほど、断食月向け新商品を発売した。同社は、カプチーノの本場、イタリアの味は夜の活動を楽しみたいという人には欠かせない、とテーマを「イタリア」にした。

新作カプチーノは三種類。刻んだナッツと生クリームが載せられた「カプチーノ・イタリアーナ」、アーモンドのほろ苦い香りにチョコレートソースが入った「カプチーノ・オペラ」、キャラメル風味のゼリーが入った「カプチーノ・キャラメル・ジェリー」が加わり、J・COドーナツのカプチーノメニューはこれで四十種類となった。値段はいずれもミディアムが二万六千ルピア、レギュラーが三万ルピア。

新作ドーナツは二種類。「ドーナツ・チョコナッツジー」は、ふんわりとした生地の中にアーモンドクリームとチョコレートがたっぷり入っている。生地の上にはホワイトチョコレートがしっかりと塗られ、口の中に甘みが広がる。「ドナ・イタリアーノ」は、ドーナツの円の中に生クリームが詰められ、上にアーモンドスライスがちりばめられており、ぱりぱりした歯ごたえに生クリームの柔らかい食感が楽しめる。価格は一つ六千ルピアから。

 

 

 

 

ホームに戻る