腰や膝、肩が痛いとき、寝違い、ぎっくり腰、突き指、打ち身、ねんざ、打撲、脱臼,骨折などは各種保険取り扱いの上滝接骨院へ

       
   富山市梅沢町1丁目1-9 筺076-491-2585

当院は患者さんとのコミュニケーションをもっとも大切にしています
 


                                     
おしらせ



   こんな時は・・・

捻  挫


 関節をつなぐ靱帯や血管を傷つけた状態です。
 腫れ、内出血、皮膚の変色、動かないなどの症状があります。
 
[ぎっくり腰][寝ちがい][つき指]なども捻挫です。
   

打  撲
(うちみ)


 何かにぶつけたり、物を落とすなどの強い衝撃によって、筋肉・腱・血管などの
 皮下組織を痛めます。
 

挫  傷
(にくばなれ・
すじちがい)


 運動中や運動後に、急に筋肉にしこりができたり、動かすと痛んだりします。
 筋肉の組織が切れ、その中の血管や筋繊維も切れている状態です。
 
[こむら返り]なども挫傷です。
 

骨  折


 腫れる・変形・皮膚の色の変化・動かしたり、触れたりすると激痛がある・
 動かせない
 こんな症状の時は骨折が疑われます。
 

脱  臼


 肩・指・肘・アゴの関節で多く発生します。
 

           「ほうっておいたら良くなる」「しばらく様子をみてみよう」などと思わず
          早めの受診をお勧めします。

           
早期に施術を行うのが、完治への早道です!


        スポーツや同じ動作を繰り返すことで、けがをすることがあります。

         また 【肩こり】 や 【腰痛】 【膝の痛み】 なども、けがが要因となっていることも多くあります。

      
こんな時も、自己判断はせず、一度当院へご相談ください。
 

   こんな症状はありませんか?

          
 
頭痛がする、肩が痛い、腕が重い・・・・首に原因があることが多いです。

               背中が痛い・・・・原因は背中ではなく、寝ちがい(首の捻挫)によるものかもしれません。

               膝が痛い・・・・・・膝自体に損傷がないときは、大腿部(もも)の筋肉に原因があるのかも。

               膝に水がたまる・・・【膝にたまる水】 は、体液です。
                          
* 注射器で水を抜くことなく、施術により体内にひかせることができます。

               おしりが痛い・・・・・背中や腰が原因の場合もあります。

               指をまげるとコツンという・・・・いわゆる【ばね指】ですが、原因は指ではありません。

        【テニス肘】 【腱鞘炎】 【外反母趾】 【肩が上がらない・・五十肩】 【腰を曲げると足が痛い】
                   なども・・・

             痛みの原因は、思わぬところにある場合があります。

       また・・・・

       不眠・寝つきが悪い・夜中に何度も目が覚める・・・・
       
こんな時もご相談ください。
        鍼灸師であることを活かし、適切なアドバイス・施術を行います。
        
* 保険適用外の施術になる場合があります。
                
               

          当院では、痛みの原因になっている箇所を特定するために、
            必ず、患者さんの動きによる検査をおこないます。

            その上で、痛みの状態を見極め、最良の施術方法を選びます

            身体の状態は毎日変化します。
            その変化を見逃すことなく、的確な施術をおこないます。

          また、日常生活で留意すべきことや自宅でできる治療法、
            完治後、再発しないための予防方法などのアドバイスもいたします。


    交通事故に遭われた方へ・・・

        どんな怪我でもそうですが、交通事故の場合は特に、
          初期段階の適切な施術
が とても重要です。
          軽傷と思われる怪我でも、数年後に痛みが現れる場合があります。
          できるだけお早めにご来院ください。

          また、病院へ通院している方でも、接骨院への通院もできますので
          ご相談ください。

 

   当院が行う施術は・・・

柔整マッサージ


  マッサージをすることで、痛む箇所を特定し、痛みの程度・状態を把握
 します。
 

電気療法 
(低周波療法)


  SSP・・・痛いところの“つぼ”を探り、的確な位置に通電することで
        より効果があります。

  サイバーウェーブ・・・同じく“つぼ”を刺激することで
                 【針治療】に近い効果があります。
 

冷却療法


  アイスバック・冷却剤などを使い、痛いところの炎症をとります。
 

温熱療法


  ホットパックで暖めます。
 

テーピング


  痛みがある箇所の安静を保つと同時に、テーピングによって、
  より正確な痛みの箇所を特定することができます。
 

はり・きゅう治療


  “つぼ”をピンポイントで刺激し、痛みを取り除きます。
  ご希望があれば、補助療法としておこないます。