乳がん診療の新しい体制のお知らせ (乳腺・内分泌外科/臨床腫瘍科)

 

 乳腺内分泌外科

臨床腫瘍科

部長

川端英孝医師

1963年3月愛媛県生まれ

1988年東京大学医学部卒業
東大病院第二外科助手、JR東京総合病院外科医長を経て20069月より現職、20114月より東大医学部非常勤講師 専門は乳癌の診療 これまでに2400名の乳癌患者さんの手術を行う

部長

高野利実医師
19728月神奈川県生まれ

1998年東京大学医学部卒業 

2002年国立がんセンター中央病院内科レジデント。20056月東京共済病院腫瘍内科医長。20082月帝京大学医学部腫瘍内科講師。20104月より現職 WJOG乳腺委員長 専門は乳癌、肺癌を中心としたがんの薬物療法 がん薬物療法専門医

部長

三浦大周医師

196410月東京都生まれ

1990年日本医科大学卒業  

虎の門病院外科レジデント、医員、米California大学腫瘍外科などを経て200711月虎の門病院乳腺内分泌外科医長 20104月より現職  専門は内分泌外科(甲状腺、副甲状腺の手術)、 乳癌の診療

医員

田辺裕子医師

2001年福井大学医学部卒業 

日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
日本がん治療認定機構 がん治療認定医
日本呼吸器学会専門医
日本内科学会 認定内科医

国立がん研究センター中央病院先端医療科を経て2015年4月より現職

医員

田村宜子医師

2003年東京医科歯科大学医学部卒業

東京医科歯科大学腫瘍外科入局   国立がん研究センター中央病院外科を経て 2013年4月より 虎の門病院乳腺内分泌外科赴任 「若年乳癌患者のサバイバーシップ支援プログラムの構築に関する研究」班員 

乳腺専門医 外科専門医

医員

近藤千紘医師

2016年4月1日より現職

医員

小倉拓也医師

2007年東京医科歯科大学医学部卒業

東京医科歯科大学腫瘍外科、国立がん研究センター中央病院外科(乳腺外科チーフレジデント等)を経て2015年4月より現職   

乳腺認定医 外科専門医 がん治療認定医

医員

尾崎由記範医師 

2008年 慶應大学医学部卒業 

東京歯科大学市川総合病院、亀田総合病院腫瘍内科を経て2014年4月より現職

 

非常勤医員

田中希世医師

2011年大阪大学医学部卒業

堺市立病院、大阪医療センター外科を経て2016年4月より国立がん研究センター中央病院・臨床研究支援部門レジデント

アメリカ留学中

 

三浦裕司医師 

2002年鹿児島大学医学部卒業

河北総合病院で内科研修後、虎の門病院、国立がんセンター、帝京大学ちば総合医療センターを経て、2010年より現職。複数がん種にかかわる腫瘍内科に従事。

専門は腎がんを中心とする泌尿器腫瘍 

がん薬物療法専門医、臨床腫瘍学会評議員

非常勤医員

門脇正美医師

千葉大学医学部(2000年卒)を経て、千葉大学第一外科入局

2013年4月より虎の門病院乳腺内分泌外科赴任  乳腺専門医 外科専門医 

2015年9月恵比寿門脇ブレストクリニック開業

 

 

非常勤医員

中澤英樹医師

昭和45年5月 札幌医科大学卒業

昭和46年4月 虎の門病院外科レジデント

平成05年4月 虎の門病院内分泌外科部長

平成16年3月 虎の門病院退職

平成16年5月 中澤プレスセンタークリニック開設

 

 

 

 

お知らせ 

 

◇2015年2月JCOG日本臨床腫瘍研究グループ)の乳がんグループ(全国36施設)に参加しました

◇2015年4月1日当院臨床腫瘍科 陶山浩一医師は熊本大学病院 化学療法センター長(講師)として転出されました。 

◇2015年4月1日小倉拓也医師、田辺裕子医師が国立がん研究センター中央病院から当院に赴任いたしました。

◇2015年7月31日門脇正美医師が当院を退職し(非常勤は継続)、9月1日恵比寿門脇ブレストクリニックを開業。

◇2015年の乳癌初回手術件数360件、全手術件数(甲状腺等も含む)479件でした。

 

 

 

 

 

 

 

新虎の門病院(UR都市開発機構のホームページより)


トップページに戻る: