○○サークル 本文へジャンプ
操体法(そうたいほう)とは・・・

操体法は、仙台の医師 橋本敬三(1897-1993)が 西洋医学の治療に限界を感じ、
東洋医学、民間療法などを自ら実践し提唱した治療・健康法。

生命はそのバランスの法則の基に生かされていて、
体の不調の根源には身体の歪みがあり、そしてその歪みの原因は
「息・食・動・想+環境」の総合的なバランスにあるということを提唱されました。



操体とは、からだを動かしてからだの歪みを正し、もとの「正体」にもどすことである。
からだの訴える異常感覚・苦痛は、健康悪化、病気への警告信号。
逆に異常感覚が解消するのは治癒への第一歩で、次にからだの機能が回復して
くる。

  操体の原則
・苦しい動きはしないこと。

・本人にとって痛みや不快感の生じない動きであること。
・からだの動きの中に「安定した気持よさ、快感」を求めることが勘所である。    

                橋本敬三著「万病を治せる妙療法-操体法-」より


   私なりに操体法を簡単に説明すると「身体が心地よいと感じることをすれば、
   
自然にもとの身体に戻るように出来ている。」という理論に基づいた
   実にシンプルで奥が深い治療・健康法です。


 操体法は施術者によって捉え方が違い、施術者の特色が色濃く出ます。
 私のやっている操体法の流れを簡単に説明すると


   痛い動作と痛くない動作を見つけて、

   痛くない、楽な方へ楽な方へ、ゆ〜〜っくりと心地よいだけ動いていきます。
   (動き方の感じとしては、朝起きた時にする「伸び」ととても似ています。)

   最後に少し心地よさをキープしてから、ふぅっと全身の力を抜いて、

   その場でしばらくだら〜んとリラックスして休んでから、ゆっくり元に戻ります。


 それだけです。

 それだけなのに、気がついてみると身体全体の歪が整ってゆきます。


 操体法には、「ここちよさ」はありますが、やっている「手応え」はありません。
 楽な動きしかしないので、治療している感じは少ないです。
 操体中はハッキリ言って、「こんな事して、何になるの?」って感じです。


 それなのに、前後の動きを確認してみると、「痛い動き」が「痛くなく」なり、
 「出来なかった動き」が「自然と動く」ようになります。

 半信半疑で始めても、わかる方には「大した動きをしてない割には、身体の芯が温まる」とか
 「身体の中に何かスッと通る感じがあった」とか終わった後に言って戴けます。




操体法は、1つの動きを身体全体に波及させて、全身のバランスを整えるので、
整体と近いものがあるとも言えますが、カイロプラクティックや整体と大きく違う所は、

カイロや整体では、術者が患者様の身体を押したり捻ったりして、
「外」からの力を使って、身体の歪みを正すのに対して、

操体法では、患者様がご自身で身体を動かして、
「内」からの感覚を利用して、身体の歪みを整えてゆきます。

(術者は患者様が動きやすいように、内からの動きを引き出すお手伝いをします。)


操体法では、「痛みのある動き」は厳禁です。痛みや違和感の出る動きは、すぐ止めます。

また、「術者主体の動き」ではなく、「患者様主体の動き」で
「患者様の内部感覚(原始感覚といいます)」を重要視するので、非常に安全安心です。



操体法は、とても奥が深く、上記のような操体法は初歩の初歩になります。
それでも充分、その場で操体法の効果を実感して戴けると思います。


本当の操体法は、じっくり時間を掛けて、「身体と対話する」感じになり、
からだだけでなく、こころのバランスも自然に整えてゆける素晴しさがあるのですが、
時間の都合で、「ゆっくり・ゆったり・じっくりと身体と向き合う操体法」は、
完全予約制の[癒し庵 ほぐのび]で承っております。


 操体法は、どちらかというと マイナーな治療法ですが、
 『操体法』と検索をかければ、たくさんのページがヒットします。
 本もたくさん出ています。興味が御座いましたら、大きな本屋さんで探してみて下さい。
 (私はPCの扱いに慣れていないので、本の紹介のリンクが貼れなくてスミマセンm(_ _)m


TOP(操体法について)へ戻る


操体法(そうたいほう)

出典:はてなダイアリー

操体法は、仙台の医師 橋本敬三(1897-1993)が 昭和初期様々な民間療法を試すうち
高橋迪雄(みちお)の正体術(整体とは異なる)に巡り会い創案・体系づけたもの。
正体術は、対なる2つの動きを比較対照させ、楽な動きの方、痛くない痛方向に動かし、
最後に瞬間急速脱力をすることによって歪みが解消されるというものである。

初期の操体理論(橋本の著書に詳しい)では、治療者が客観的に患者の骨格構造を観察して、
運動系の歪みを修正(治療)することを主題としているのが特徴で、殆ど正体術と同じである。
操法の回数、脱力の仕方などは、施術者が殆決めていた。

初期には、対なる2つの動きを比較対照させて、痛くない、辛くない方向の可動域極限まで
動かして瞬間脱力させていたが、途中から、きもちよさの最高極限でたわめの間をつくり
脱力する、というように、運動感覚差(可動域)ではなく、被験者の感覚を大切にするように
変化している。


最近では、治療者の客観的な見方を離れ、個々人の内部感覚(快・不快)にもとづいて、
生体のフィードバック機能を洗練させることが重要であることをより強調する形に進化している。

例えば、現在では、筋骨格系のみならず、皮膚へのアプローチなども分析に加え、より質の高い
快適感覚を「からだ」に聞き分け、味わうという感覚分析をするように変化している。
よって、本人のポジション、操法の回数、脱力の方法は、本人のからだの要求を満たすものを
選択させるようになってきている。


なお、橋本が実際臨床で行っていたものを「操体法」とし、臨床の部分に橋本の思想、哲学を
加えたものを「操体」と区別している。
(実際橋本も「操体」と「操体法」は違う、という言葉を残している)


その他操体の特徴として、被験者(患者)自身が医療者であるという立場をとる。これは、被験者
本人にしかわからない感覚を聞き分け(診断)味わう(治療)、それによって、治す力、治せる力
(自己治癒力)を高め、健康体に導くということだ。


また、東洋医学には形態を評価するという診断法はあったが、形態を動かして、感覚分析を行う
という診断法は東洋医学には見られない。
勿論西洋医学にも見られず、橋本は『これは日本医学である』と、著書で述べている。


TOP(操体法とは・・・)へもどる

HOME(河村鍼灸整骨院)へもどる