トップイメージ
陽朔 竹のボートで川くだり

桂林・陽朔へ行こう!

桂林といえば、言わずと知れた中国の景勝地。山水画の世界に憧れて、日本からも多くの方が訪れています。私も、死ぬまでに一度は訪れたい場所の筆頭として桂林を挙げていました。そして、2004年のGW、ちょうど長いお休みが取れることになり、憧れの地だった桂林へ旅立つことにしました。

日本からのツアーもたくさん出ていますが、できればパックツアーではなく、自分が選んだ場所をゆっくりと、費用も抑えて楽しみたい。そう考えた私は、個人旅行で桂林を訪れることにしました。インターネットやガイドブックで色々と調べた結果、桂林市ではなく、隣接した陽朔という小さな街を拠点に観光することに決め、飛行機に飛び乗りました。

女性一人、バックパッカー旅行でしたが、面白く、安くてかつ快適な旅を目指して香港からバスで深センへ、そこから長距離バスで桂林(陽朔)へ向かい、のんびりと山水画の世界を堪能してきました。このページでは、私の一人旅の旅行記を交えつつ、皆さんの桂林旅行の参考になる情報をお伝えします。ぜひ皆さんの旅の参考にしてくださいね!

※当サイト旅行記は2004年のGWの記録です。サイトを訪問してくださった方からメール等で新しい情報を頂いたときには隋に情報を更新しておりますが、最新事情は各自ご確認ください。

お知らせ

中国 九寨溝のホテル口コミ情報はトリップアドバイザーでチェック 2010年5月 旅行者のための総合口コミサイト、トリップアドバイザー様のページにて紹介して頂きました。

E-Listバッジ2009年7月16日(木)ジオシティーズのE-list(今週のピックアップサイト)に紹介していただきました!ありがとうございます。

当サイトはリンクフリーです。リンクをしてくださった時にはご一報くださると嬉しいです。メールアドレスはプロフィールの欄にあります。

サイトMENU

Copyright (C) 2008. 山水画の世界 桂林・陽朔へ行こう! All Rights Reserved.