プログラムを自動的に作成する

プログラムを自動的に作成する

DirectX Sample Browser を使って、プログラムを自動的に作成します。
幾つかのフォルダーと関係する沢山のファイルが格納されるため、すっきしたプロジェクトとは言えないのが難点です。

前田稔(Maeda Minoru)の超初心者のプログラム入門

プロジェクトの作成

  1. 最初に DirectX10 SDK (November 2008) をインストールして下さい。
    DirectX のインストールは DirectX10 のインストール を参照して下さい。
    規定値では次のフォルダーに格納されています。
    c:\Program Files (x86)\Microsoft DirectX SDK (November 2008)\
  2. DirectX10 の include file と library file のパスを設定します。
    詳細は Windows Guide を参照して下さい。
  3. [スタート] から [すべてのプログラム] [Microsoft DirectX SDK (Novmnber 2008)] を選択して [DirectX Sample Browser] を実行して下さい。
    DirectX Sample Browser
  4. show に [Direct3D 10] を選んで、一覧から EmptyProject を探して下さい。
    画面下部の Install Project をクリックすると、既定の場所に新たなプロジェクトが構築されます。
  5. プロジェクトのフォルダーに格納されている EmptyProject10_2005.vcproj または EmptyProject10_2008.vcproj をダブルクリックして起動します。
    そのままコンパイルして実行すると、空のウインドウが表示されます。
    エラーが発生するときや、正常に実行出来ないときは、残念ながら現在の構成は相性が悪いようです。
    OS とコンパイラと DirectX のバージョンとビデオボードの組み合わせを工夫して下さい。
    DirectX10 を始めたころは WindowsXP & Visual Studio .NET2005 & December2006 & DirectX9 対応ボードでした。
    2011/12/10 から Windows7 & C++ 2010 Express & June2010 & DirectX10 対応ボードの組み合わせで動かしています。
  6. 今度は一覧から MeshFromOBJ10 を選んで Install Project をクリックして下さい。
    EmptyProject10_2005.vcproj または EmptyProject10_2008.vcproj をダブルクリックで起動します。
    そのままコンパイルして実行すると、カップの3Dモデルが表示されます。
  7. このように DirectX Sample Browser を使って、簡単にサンプルのプロジェクトを作成することが出来ます。
    難点は、プロジェクトのフォルダーに毎回 DXUT やリソースがコピーされることと、すっきしたプロジェクト構成にならないことです。

前田稔(Maeda Minoru)の超初心者のプログラム入門

超初心者のプログラム入門(DirectX10 game program)