Direct 2D のプロジェクト

自動生成した Windows8 の Direct2D のプロジェクトです。

前田稔(Maeda Minoru)の超初心者のプログラム入門

プロジェクトの作成

  1. このページは Windows8 ストアアプリ(Metro Style)の DirectX プロジェクトです。
    Windows8(8.1)でもデスクトップモードで DirectX9 を動かすことが出来ます。
    デスクトップモード(Windows7 以前のプロジェクト)は下記のページを参照して下さい。
    超初心者のプログラム入門(DirectX9 game program)
    超初心者のプログラム入門(C#) から [C# DirectX Program]
  2. Microsoft は 2012/10/末 に新しいOSである Windows8 の発売を開始しました。 \(^o^)/
    Windows8 は Windows7 までと、仕様が大きく変わっています。
    ストアアプリ(Metro Style)のプログラムを作成するには、Windows8 に対応した専用の開発ソフトが必要です。
    私は Microsoft Visual Studio Express 2012 for Windows 8 を使っています。
    従来は Visual Studio だけでは動かず、DirectX のインストールも必要だったのですが、その必要は無いようです。
    Windows8 の DirectX は、C言語(C++)で作成します。
  3. プロジェクトを起動して、自動生成される Direct2D のプロジェクトをコンパイルしてみましょう。
    Windows8 のスタート画面から [Visual Studio for Windows 8] を起動します。
    [FILE] [New Project] から [Visual C++] を選択して、Direct2Dアプリケーション(XAML)を選びます。

  4. 後は規定値で [OK] をクリックすると、プロジェクト(Direct2DApp1)が構築されます。
    Direct2DApp1 は、Direct2D のプロジェクト名の規定値です。
    シンプルなプロジェクトでは「ソリューションのディレクトリを作成(D)」のチェックを外す方がわかり易いでしょう。
    そのまま右三角アイコンでコンパイル&実行します。
    ウインドウに次の文字が表示されます。
        Hello, XAML!
        Hello, DirectX!
        
  5. 画面上で右クリックして下さい。
    Previous Color と Next Color のボタンが表示されます。
    ボタンをクリックすると背景画面の色が変わります。
  6. 終了する(Windows マークのキーを押す)と Metro Style のスタート画面に戻ります。
    スタート画面に新しいタイル(アイコン画像)が追加されています。
    追加されたタイル(アイコン画像)をクリックすると先ほど実行した画面が表示されます。
  7. 確認が終われば、アンインストールして下さい。
    追加されたタイルを右クリックして、表示されたアンインストールアイコンを選択します。
    従来はアンインストールしても、レジストリなどにゴミが残っていましたが、Windows8 ではその心配は無いようです。
  8. 作成されたプロジェクトのフォルダ(Direct2DApp1)の中を確認して下さい。
    次のファイルは削除することが出来ます。
    削除した状態で Direct2DApp1.sln をダブルクリックで起動して、コンパイル&実行が出来ることを確かめて下さい。

プログラムの説明

  1. "Hello, XAML!" は DirectXPage.xaml の TextBlock で定義されています。
    DirectXPage.xaml をダブルクリックすると、デザイン画面とソースコードが表示されます。
        <TextBlock x:Name="SimpleTextBlock" HorizontalAlignment="Center" 
        FontSize="42" Height="72" Text="Hello, XAML!" Margin="0,0,0,50"/>
        
  2. これを直接修正してみましょう。
    文章と文字のサイズが変わることを確かめて下さい。
        <TextBlock x:Name="SimpleTextBlock" HorizontalAlignment="Center" 
        FontSize="80" Height="100" Text="Maeda Minoru" Margin="0,0,0,200"/>
        
  3. デザイン画面で視覚的に操作することも出来ます。
    Text 文字をマウスでドラッグして、座標を移動してみて下さい。
    次に Text 文字を選択して[プロパティ][ブラシ]から[エディター][色リソース]を表示します。
    カラーを選択すると、Text 文字に色が設定されます。
  4. "Hello, DirectX!" は SimpleTextRenderer.cpp で定義されています。
    SimpleTextRenderer.cpp ダブルクリックするとソースコードが表示されます。
        Platform::String^ text = "Hello, DirectX!";
        
  5. これを直接修正してみましょう。
    文章が変わることを確かめて下さい。
        Platform::String^ text = "DirectX Windows8";
        
  6. Microsoft は2013年秋に Windows8.1 へのバージョンアップを予定しています。
    バージョンアップに先だって評価版をダウンロードして使ってみます。
    また Windows8.1 に対応した Visual Studio Professional 2013 Preview も提供されています。
    2013/07/24 以降のプロジェクトは、この環境で開発します。
    OSやバージョンの違いにより、多少画像や説明に違いが生じることをご了承下さい。

超初心者のプログラム入門(DirectX Store)