Dolphin Model

Dolphin Model

Dolphin Model("dolphin1.x")を描画します。
"dolphin1.x" は「頂点+法線+色」で構成される X-FILE です。

前田稔(Maeda Minoru)の超初心者のプログラム入門

XLoader Norm Model

  1. 3体の Dolphin Model の頂点座標をブレンドしながらアニメーションします。
    DirectX9 の初期に、私が最も感動したアニメーションです。
    最初のステップとして "dolphin1.x" を描画します。
    Load_X Normal Color を参照してプロジェクトを作成して下さい。
    X-FILE("gal2.x") が回転しながら描画されます。
  2. X-FILE("dolphin1.x") をプロジェクトに加えます。
    "dolphin1.x", "dolphin2.x", "dolphin3.x" は X Model から取得して下さい。
    X-FILE を右クリックしてコンテンツを True に設定して下さい。
    "dolphin1.x" のモデルサイズは非常に大きく、500.0f 程度に設定されています。
    それに伴いカメラの設定が必要です。
    またページ先頭の画像のように背景色を設定します。
  3. gal2.x" に代えて "dolphin1.x" をロードします。
    Sample3DSceneRenderer.cpp を修正して下さい。
        // 両方のシェーダーの読み込みが完了したら、メッシュを作成します。
        auto createCubeTask = (createPSTask && createVSTask).then([this] () {
            model = new Load_X(m_deviceResources);
            model->Load("dolphin1.x", &m_vertexBuffer, &m_indexBuffer, &m_indexCount);
        });
    
  4. モデルのサイズが大きいので描画環境をモデルに合わせます。
        XMMATRIX perspectiveMatrix = XMMatrixPerspectiveFovRH(
            fovAngleY, aspectRatio, 1.0f, 5000.0f);
    
    カメラの座標も調整して下さい。
        static const XMVECTORF32 eye = { 0.0f, 0.0f, 600.0f, 0.0f };
    
  5. App1Main.cpp を修正して背景色を設定します。
        context->ClearRenderTargetView(m_deviceResources->GetBackBufferRenderTargetView(), DirectX::Colors::DarkBlue);
    
  6. カリングを設定して "dolphin1.x" を描画します。
        // カリングを設定
        model->SetCullMode();
        // オブジェクトを描画します。
        context->DrawIndexed(m_indexCount, 0, 0);
    

[Next Chapter ↓] Load_Vertex Class

超初心者のプログラム入門(DirectX Store)