Windows10 ImgBox

Windows10 DirectX で ImageBox に画像を表示します。

前田稔(Maeda Minoru)の超初心者のプログラム入門

画像を描画

  1. Image(画像)を表示するだけなら ImageBox を使うのが簡単です。
    Win10 Base を参照して、XAML 空のプロジェクトを作成して下さい。
    空のプロジェクトが存在するときは、フォルダーごとコピーしてフォルダー名を変更してもOKです。
  2. ffx2s.jpg を C:\tmp に準備して下さい。
    画像は問わないので何でも構いません。
  3. ソリューションエクスプローラの APP1 を右クリックして、[追加][既存項目][全てのファイル]から C:\TMP\ffx2s.jpg を選択します。
    ソリューションエクスプローラに追加された ffx2s.jpg の画像を確認して下さい。
  4. DirectXPage.xaml をクリックしてデザインを表示します。
    >>アセットをクリックして[コントロール][全て]から Image をクリックするとアセットの下にコピーされます。
    アセットの下にコピーされた Image をダブルクリックして張り付けます。
    ffx2s.jpg の元のサイズは 240*120 ですが、Image の大きさは適当に設定して下さい。

  5. [緑色の右三角アイコン]でコンパイル&実行すると画像(ffx2s.jpg)が描画されます。
    Windows10 DirectX で Image(画像)を表示するだけなら ImageBox を使うのが簡単です。
    XAML が組み込まれているプロジェクトでは C# や C++ と同様にツールを貼り付けることが出来るようです。

超初心者のプログラム入門(DirectX Store)