Windows10 TextBox

Windows10 DirectX で TextBox にメッセージを表示します。

前田稔(Maeda Minoru)の超初心者のプログラム入門

プログラムの作成

  1. このページは Windows10(Store App)の DirectX2D のプロジェクトです。
    TEXT を表示するなら TextBox を使うのが簡単です。
    Win10 Template 及び Win10 Base を参照して、XAML 空のプロジェクトを作成して下さい。
    プロジェクトの名前は App4 とします。
  2. TextBox は現在使われているものをそのまま使います。
    DirectXPage.xaml を修正して TextBox を中央に移動して表示する TEXT を変更します。
        <TextBlock Text="Win10 Text Box"
                   HorizontalAlignment="Right"
                   VerticalAlignment="Top"
                   FontSize="30" Margin="0,60,92,0" />
    
    この操作は DirectXPage.xaml のデザイン画面で行うことも出来ます。
  3. 次のファイルは使わないので、プロジェクトから削除することが出来ます。
    削除しなくても実行に影響はありません。
      App4\Content\Sample3DSceneRenderer.cpp
      App4\Content\Sample3DSceneRenderer.h
      App4\Content\SampleFpsTextRenderer.cpp
      App4\Content\SampleFpsTextRenderer.h
      App4\Content\SamplePixelShader.hlsl
      App4\Content\SampleVertexShader.hlsl
      App4\Content\ShaderStructures.h
    
  4. これで TextBox に "Win10 Text Box" が表示されます。
    TextBox の座標及び、表示するメッセージを変えてみて下さい。
    Windows10 DirectX でメッセージを表示するだけなら TextBox を使うのが簡単です。
    XAML が組み込まれているプロジェクトでは C# や C++ と同様にツールを貼り付けることが出来るようです。

超初心者のプログラム入門(DirectX Store)