Binary Editor ツール

実行画面

大きなファイルも扱える Binary Editor です。
プログラムはMS-DOSの環境で動作します。

前田稔(Maeda Minoru)の超初心者のプログラム入門

BEdit.exe の機能

  1. binary file を16進数と文字形式で表示します。
  2. 表示されたファイルの16進部分をキーボードからのタイプ入力で修正できます。
  3. 挿入や削除はできません。
  4. ファイルに保存したくないときは Ctrl+C で強制終了して下さい。

編集キーの説明

Page Up 画面のスクロール
Page Down 画面のスクロール
↑↓←→ カーソルの移動
0~F 16進数を上書きして修正する
ESC ファイルに保存して編集を終了

XType.exe の機能

  1. TEXT 形式で16進数と文字形式でファイルに出力するときに使います。
    このプログラムは本来 DOS 画面に表示するプログラムですが、リダイレクトすることによりファイルに出力できます。
  2. コマンドプロンプトを起動して、次のコマンドをタイプして下さい。
    XTYPE.EXE の内容が DOS 画面に16進数と文字形式で表示されたらテスト完了です。
    DOS ではファイル名は8文字以下に、拡張子は3文字以下に制限されているので注意して下さい。
    C:\BIN>XTYPE.EXE XTYPE.EXE
  3. 次のコマンドで W.TXT ファイルに出力されます。
    C:\BIN>XTYPE.EXE XTYPE.EXE > W.TXT

Down Load

BEdit.exe の Down Load

提供するするファイルは LHA で圧縮されています。
解凍して適当なフォルダーに格納して使用して下さい。
プログラムはMS-DOSの環境で動作します。