小学生の不登校増加 不登校小中6年ぶり増

 前年度比7000人 学校基本調査

 

小・中・高校生の不登校等の専門家相談電話

著書:不登校の子ほどよく伸びる

不登校の子の受け入れ実践教育機関・学校

小学校いじめ最多 文部科学省 2014.10.7

不登校速報値 文部科学省 2013.8

いじめ緊急調査 文部科学省 2012.10

■不登校になりやすい子 不登校の段階と克服

■不登校を克服するには

■不登校の対応と克服する方法

■不登校のスパイラルから脱出

■不登校の子の行動パターン

■不登校の原因パターン

ネットゲーム・動画にはまって

不登校の対応Q&A

■高校生の不登校克服

■中学生の不登校克服

■小学生の不登校克服

■中1ギャップと対策

■自信回復が不登校克服のカギ

■不登校克服実践教育スーパーバイザー


 小学生の不登校を克服する 

実績豊富で楽しい宿泊型スクール

 東京留学ティーチャーズホームステイ

5/29GWあけ児童募集中 

説明相会

小学4.5.6年生男子先着順2名募集

※先着受付少人数につき定員になり次第締切

最近のマスコミ出演取材記事など

フジテレビ 2015.4.15

明石やさんまのホンマでっかTV 

マツコデラックス等と競演

NHKラジオ新生活の疲れが出る5月、

中学1年、心身不調注意

NHK解説委員早川信夫氏と競演 

読売新聞 2014.5.16

共同通信 2013.8.20 

夏休み明け不登校を防ぐアドバイス  

朝日新聞 2011.11.11

親元離れ不登校克服

読売新聞 2016.5.16

日本教育新聞 2016.523 

著書・不登校の子ほどよく伸びる

著書・6歳から15歳の不登校

小学生の不登校を克服しています

東京留学ティーチャーズホームステイの学び

東京留学ティーチャーズホームステイの指導

東京留学ティーチャーズホームステイの生活

東京留学ティーチャーズホームステイの受入

東京留学ティーチャーズホームステイの募集

僕の東京留学体験1

僕の東京留学体験2

不登校克服スペシャリスト 実績と経験豊富な対応

ハイパーサイエンスキャンプ 学童クラブ


 

 

 

  Yahoo!ジオシティーズ

 不登校子ども教育支援センターは、将来を担う子どもたち健全育成のために、

   また、小学生・中学生・高校生のいじめ、不登校克服支援などの教育問題解決の一助となるために、

 長年実践で子どもたちに接している教師及び専門家が中心となり、成功事例などの情報を共有し、

 実践し、学校否定ではなく、子どもたちが楽しく社会に参加していけるよう支援を行っています。

 

小・中・高校生の不登校などの教育相談電話を承っています

各担当相談電話にご相談くださ

不登校克服フォーラム 5/28(土)5/29(日)参加受付中

定期的に実施「不登校を克服する勉強会・個別相談会」

実践で不登校などの子どもたちを支援し、

実績と経験豊富な学校などの教育機関

不登校対応と克服の実例を共有するために全国の教育委員会

学校向けの講演、マスコミ出演の実施

 

 小学生・中学生・高校生の不登校克服活動にご賛同、

ご協力いただける教育機関を受付中 

 

小中学生の不登校12万人 6年ぶり増加 中学では1クラスに1人 学校基本調査で判明

 文部科学省が7日発表した学校基本調査で、平成25年度に学校を長期欠席した「不登校」の小中学生が計11万9617人に上り、前年度より約7千人増え、6年ぶりに増加に転じたことが明らかになった。とくに中学では不登校の比率が2・7%となり、37人に1人が不登校という状況に。文科省では「学校現場でのきめ細かい対応が必要」としている。
 調査によると、病気や経済的な理由以外で25年度に学校を年間30日以上欠席した小学生は前年度比2932人増の2万4175人、中学生は中高一貫校(中等教育学校)の前期課程を含め3996人増の9万5442人だった。
 過去10年の小中学生の不登校者数は、19年度の12万9255人をピークに、20年度以降は5年連続で減少していた。今回、計約7千人も増加した理由について文科省は見解を示していないが、同時に実施した問題行動調査で詳しく分析しており、その結果を9月に公表する方針。
 このほか全体の児童生徒に占める不登校の比率は小学生が0・4%、中学生が2・7%で、いずれも前年度より増加した。
 文科省はこれまで、学校にスクールカウンセラーを配置するなどの取り組みを進めているが、今回の結果を受け、不登校対策の強化を迫られそうだ。
産經新聞 2014.8.7

            詳しく⇒        高校の不登校  詳しく⇒

●高校受験で入学した学校が合わなく不登校に

●高校無料化で厳しい公立を受け、自信喪失した

●出席・単位が足りず進級ができなかった

●私立・公立中学校が合わなく不登校に

●学校での友達関係がつくれず、不登校に

●不登校や保健室登校が続き、高校受験に不安

●私立・公立小学校が合わなく不登校に

●はっきり理由なく学校に行きたがらない

●私立小学校で不登校のために進級できない

 

 不登校克服フォーラムを開催し、豊富な不登校克服実践活動の情報の共有を実施。

各地教育委員会・学校に広く子どもたちの学びと不登校克服の講演依頼を多数実施。

 「不登校の子ほどよく伸びる」 子どもたちはきっかけで自ら歩み始めます。

 「子どもたちの不登校克服」の支援を実践や実例を通して、一人でも多くの子どもたちのための一助になりたいと考えています。子どもたちには何らかの学校に行かれなくなってしまった理由があります。

 不登校の子どもたちは、いじめや学校に居場所がつくれずにいて、また、過度に友達に気を使ったり、プライドが高く、潔癖や完ぺき主義でこだわりが強く、一日6時間学校生活することが苦痛になってしまうことも多いようです。

 まずは理解し、無理矢理に学校に行かせたりすることではなく、学校に行くことのできない子どもたちの根本的な解決を図ってあげましょう。

 不登校になる子どもたちにはをぶり返したりすれば本人も不甲斐なく、ますます自分に自信がなくなっていきます。人は群れて生きる生き物です。孤独感にさいまなれています。

不登校克服の鍵は、その突破口をどう開いていくか、信頼できる相談者を見つけ、新しい風を吹き込むこと、気づいてしっかり前を見つめていけることが何よりも大切です。

 

中1ギャップ乗り越える…不安除く親子の対話

 卒業、入学シーズンを控え、そんな気持ちでいる小学6年生は多いだろう。期待と不安に揺れる心を、親はしっかり受け止めてあげたい。

 中学校に入学したばかりの子どもが新生活に適応できない現象は「中1ギャップ」と呼ばれ、いじめや不登校との関係を指摘する声も多い。 文部科学省の調査によると2011年度に30日以上欠席した不登校児童・生徒数は小学6年生で7522人。中学1年生は3倍近い2万1895人。中1で一気に増加する傾向は毎年続いている。

 原因として指摘されるのが、小中学校間における生活の変化の大きさだ。

 学習面では、教科担任制となり時間ごとに教える教師が替わる。授業時間が45分から50分に増え、学ぶ内容も大幅に増加する。生活面では、複数の小学校から生徒が集まり、学年集団が大規模化する一方、先輩・後輩の関係がはっきりする。こうしたことが、この時期の小学6年生の不安につながっている。

 

クオリティーが高い 子ども

お預かりの不登校克服は効果的

小中高校生の不登校をなおす方

クオリティーの高い不登校克服指導

〜子どもの育ちは他人の触れて何ぼ〜

ただ預かるだけでは不登校は克服できない

将来大学に進みたくなるような希望がわく

勉強が好きになる 友達が好きになる 明るくなる 明るい自分を構築できる

地方の子は新しく東京の子を体験経験することで新しい発見

東京出身の子も東京にもう一人の親ができることで

新しい発見と飛躍ができます 楽しみに

子ども教育支援センター 東京留学ティーチャーズホームステイ
090-8441-0505『担当:木下』03-33694644(教育相談電話)

 

 ●不登校の原因パターン

●不登校を克服する方法

 ★★★お子さんの教育・不登校」ご家族だけで悩むことはありません。

長年小学生・中学生・高校生の不登校に対応している経験豊富な専門の

アドバイザーが対応しています。お気軽にご相談ください。《相談は無料》

 ★写真及びロゴ等は子ども教育支援センター及び東京留学ティーチャーズホームステイに著作権があります。

複写転用,及び無断でのリンクは固くお断りします。
2001-2016 Copyright(c) KODOMO KYOUIKU SHIEN CENTER & TOKYO TEACHE’S HOME STAY All Right Reserved