Counter

小学生の不登校を克服する方法

夏休み明け説明相談会

小学4.5.6年生先着順2名募集中

不登校克服率100% 出席扱100%

実績豊富で楽しい宿泊型スクール

東京留学ティーチャーズホームステイ

不登校を防ぐアドバイス新聞記事

小学生の不登校を克服しています

東京留学ティーチャーズホームステイの学び

東京留学ティーチャーズホームステイの指導

東京留学ティーチャーズホームステイの生活

東京留学ティーチャーズホームステイの受入

東京留学ティーチャーズホームステイの募集

僕の東京留学体験1

僕の東京留学体験2

不登校克服スペシャリスト 実績と経験豊富な対応

ハイパーサイエンスキャンプ 学童クラブ


小・中・高 不登校克服フォーラム

小・中・高校生の不登校等の専門家相談電話

著書:不登校の子ほどよく伸びる

不登校の子の受け入れ実践教育機関・学校

不登校速報値 文部科学省 2013.8

いじめ緊急調査 文部科学省 2012.10

■不登校になりやすい子 不登校の段階と克服

■不登校を克服するには

■不登校の対応と克服する方法

■不登校のスパイラルから脱出

■不登校の子の行動パターン

■不登校の原因パターン

ネットゲーム・動画にはまって

不登校の対応Q&A

■高校生の不登校克服

■中学生の不登校克服

■小学生の不登校克服

■中1ギャップと対策

■自信回復が不登校克服のカギ

■不登校克服実践教育スーパーバイザー


Yahoo!ジオシティーズ

 

学校基本調査:不登校小中6年ぶり増 前年度比7000人

 

「文部科学省 学校基本調査(速報値)2013年度に全国での小中学生不登校

 

毎日新聞 2014年08月07日より

 
不登校の児童生徒数
 

 2013年度に全国で不登校(年間30日以上欠席)だった小中学生は約12万人で、前年度より約7000人増えたことが、文部科学省が7日公表した「学校基本調査(速報値)」で分かった。12年度まで5年連続で減少していたが6年ぶりに増加に転じ、10年度の水準に戻った。

 学校基本調査は、全国の学校の生徒数など実態を把握するため、文科省が毎年5月に幼稚園から大学まで国公私立の全学校を対象に実施している。

 

 不登校の小学生は2万4175人で前年度より2932人増えた。全児童に占める割合(不登校比率)も0.36%と、0.05ポイント増で過去最高水準。276人に1人の割合だ。中学生は9万5181人で前年度比3932人増。不登校比率は2.69%で0.12ポイント増だった。37人に1人の割合だ。小中学生を合わせると11万9617人(不登校比率1.17%、中等教育学校含む)で、前年度より6928人増加した。

 

 不登校児童生徒数のピークは01年度の13万8733人で、不登校比率は1.23%。特に中学校では中学1年で急に不登校が増える「中1ギャップ」などもあり不登校比率が高く、1991年度は1.04%だったのが毎年増え続け、01年度は2.81%。ピークは07年度(2.91%)だったが、それ以降は減少傾向だった。

 

 不登校を巡っては、06年度に不登校だった中学3年生の5年後の追跡調査の結果、前回調査(93年度に不登校だった中3生対象)に比べ、高校進学率が20ポイント増の85%、高校中退率は24ポイント減の14%になるなど不登校後の進路状況に改善がみられた。文科省は、不登校生を対象にした高校の整備など「受け皿」の多様化が進んだ結果と分析していた。

 

 今回、不登校の児童生徒が増えたことについて同省は「今回の調査は理由を聞いていない。秋に公表予定の問題行動調査では理由を調べているので、その結果を分析しないと分からない」としている。

 

 

 

  不登校を防ぐアドバイス 共同通信社 2013.8.20

 

 ★★★お子さんの教育・不登校」ご家族だけで悩むことはありません。

長年小学生・中学生・高校生の不登校に対応する経験豊富な専門の

アドバイザーが対応しています。お気軽にご相談ください。《相談は無料》


 ★写真及びロゴ等は子ども教育支援センター及び東京留学ティーチャーズホームステイに著作権があります。

複写転用,及び無断でのリンクは固くお断りします。
2001-2014 Copyright(c) KODOMO KYOUIKU SHIEN CENTER & TOKYO TEACHE’S HOME STAY All Right Reserved