不登校を夏休みをのりきるために

 その子の存在自体をほめよう 夏休み明けの不登校

朝日新聞 教育面 より 夏休み明け不登校 2016.09.15

 子ども教育支援センター 代表

 多くの地域で2学期が始まって約2週間。今年は台風も続き、新年度や大型連休など、環境が変わったり、

長い休みがあったりした後は不登校が増えるとされる。どう対応したらよいのか。

 夏休み中は様々なイベントが多く、子どもたちは体も成長し、物の考え方にも変化が出てきます。

 一方、2学期に入ると久しぶりに会った友達との人間関係がうまくいかなかったりする。

 さらに勉強内容が増え、行事も目白押し。生活の切り替えがうまくできないまま、ギャップを感じて不登校になる例が少なくありません、

 子どもの変化には、幾つかの兆候があります。例えば、表情が乏しくなる。学校のことをあまり言わなくなる。

 親が学校のことに触れると不機嫌になる。などです。学校に行きたくない気持ちが体調に現れる子もいます。

 夏休み明けに学校に行けなくなり、そのままの状態で復帰できない例は残念ながら多く見受けられます。

 親はどうしても「学校に行け」といってしまいがちですが、一番つらいのは本人です、本人や親の力だけでは解決できない場合は、周囲の人の力を借りることも必要です。

 大切なのは、周りがその常に笑顔で接すること。「ちゃんとごはんを食べた?」「つらいことない?」など、

 ちょっとしたことでも声をかけてあげる字とです。地域のおせっかいなおじさん・おばさん。学校ではおせっかいな先生が必要なんです。

 不登校の子どもたちと一緒に寝起きしたり、親や教員からの相談を相談に応じたり、長年活動していますが、

 自主性を尊重して学習の機会を与えると、伸びる生徒が多い。その子の存在自体をほめることで、

 いつか学校に復帰できる訪れるはずです。

 

 新しい環境で不登校を克服することができます

 

 東京留学ティーチャーズホームステイは唯一子どもたちを一人ひとり伸ばす

  

  東京留学ティーチャーズホームステイは不登校克服に実績と経験ある宿泊型スクールです

 東京留学ティーチャーズホームステイは不登校克服に実績と経験ある宿泊型スクールです。

 小学生の不登校はなおります。

児童募集中 定員5名

適応指導教室、山村留学、他の施設とは大きく異なります。学習に力を入れ、右脳開発と左脳開発の両輪教育で学習の仕方から個別指導で学力に自信が持てる指導を行っています。一人ひとり大切に育み将来自らから学ぶ姿勢を作り上げて成果を挙あげています。

一人ひとり慈しんで親代わりとなって親身に指導してす。ボランティアでの活動ですので工学ではありません。右脳開発と左脳開発の両輪開発教育を取り入れ、子どもたち一人ひとりの自身実力自信と実力を高めて将来明るく築き上げていきます。

地方の子は新しく東京の子を体験経験や冒険をすることで新しい発見があできます。

地方各地から子ども達が集います。

不登校だから預けられたのではなく、稀な経験や冒険や体験を経験しに東京留学をし、それが大きな成長になり、不登校克服に繋がります。

友達にちょっと自慢ができるそんな珍しい大きな特別な経験、体験をしましょう。

東京の子もまるで優しい先生や友達に囲まれて暖かくもう一人の親ができることで安定感や安心感が生まれ、積極性や自発性が育まれます。自分自身に自信がつく。

東京の子も各地の友達ができ、方言や習慣なども興味深く受け入れたり、友達への思いやりなど、あらゆる発見など心に余裕が生まれてきます。

 

学校に行くことは将来社会で暮らす上で良き予行練習になります。朗らかに過ごし、自信をつける指導。

 

学校出席扱い

個別指導と毎日が修学旅行。体験学習、社会化見学、スポーツなど楽しんでやってみましょう。

勉強ができるようになれば学校と協議し、試験を学校の試験をホームステイでやって送り返すことも実施しています。

ホームシックなんてありえない!毎日がめっちゃ楽しい!楽しみ!君も。地方の子も東京の子になってみませんか。

小学高学年が最も好奇心旺盛で新しいことに挑戦したがる年頃です。この機会に挑戦しましょう。

 

 東京留学ティーチャーズホームステイはは1998年以来非営利活動(実費)で東京渋谷の教師の自宅を開放して少人数の子どもたちを責任を持って預かり、親代わりとなって対応し、元の学校や新しい小学校や中学校から再出発ができる東京留学ティーチャーズホームステイを始め手います。現在では同じく東京渋谷の国立オリンピック記念青少年総合センターに宿泊し、5人までの少人数の子どもたちとの楽しい共同生活を活動し、子どもたちの生きる力と笑顔と協調性を引き出して楽しい生活の中で優秀な成果を挙げています。全国から、都内からも子どもたちが集っています。

 

 文部科学省例「学校出席扱]をいただいています。在籍の学校に通う代わりに出席扱いにしていただき、教師は優しく寝食共に常に子どもたちのもう一人の親代わりとなって慈しんで対応しています。個別学習と社会科見学、毎日の洗濯や食事などの中で生きる充実感と躍動感を導いています。

 一人でも多くの子どもたちに有意義で楽しい経験を存分にさせてあげたい。そして不登校克服の一助になりたいと考えています。      

 

東京留学ティーチャーズホームステイが不登校を克服する理由

●一人ひとりシラバスを立て、ほめて伸ばす個性を伸ばす。疑問や質問、納得し、自主的、

 積極的になるように指導。友達を見習ったり学びの力が増してきます。

●友達との共同生活で協調性、助け合い、自主的に行動し、優しく譲り譲り合う精神が身につく。

●学ぶ意欲を育み、個別指導でわからないところから学年の学習が楽しくできる。

 先取り学習で得意を伸ばす。

●毎日が修学旅行のように社会科見学スポーツなどを積極的に取り入れ、

 楽しんで経験値を高め、不登校を克服できる子に育てます。

●文部科学省例 出席扱いで在籍校の代わりに出席がつく。試験を代行して成績もつく。自身を持たせる。

●身の回りのことは友達と協力して楽しくできるようになる。楽しい食事、娯楽を勤しむ。

●東京留学し、経験を伸ばすことで発言する力ができ、帰宅後友達にちょっと自慢になり自信がつく。

●毎日が楽しみになるために、自分たちで考え、工夫し、希望や夢を実現していけるよう指導しています。

●親御さんや兄弟、友達にこちらであった出来事を共有して話したくなる。成長します。     

       

 

児童受付中!小4・小5・小6

スキルアップツーリズム

明るく朗らかな幸せな子どもに育てます

東京留学ティーチャーズホームステイ

は少人数5名まで

お早めにお問い合わせください

 児童付中 小4・小5・小6 (計5名)都内・全国から子どもたちが集います。

 スキルアップツーリズム 不登校克服メゾット 宿泊型フリースクール

 東京留学ティーチャーズホームステイ 
 宿泊・研修先・面談 説明相談会 国立オリンピック記念青少年総合センター 
 

 10月生受付中 面談・お申し込み順受付。(9月中から受付けています)

 定員になり次第締切 ご了承ください。

 都内・全国から子どもたちが集います。集団生活と学習とレクリエーションも楽しめます。

 学校復帰も友達関係も褒めて伸ばして経験豊富な宿泊型スクールです。 

 不登校克服 新しい環境で自分をリフレッシュ

 元の学校に復帰、新しい学校や中学から

 新しい気分で自分自身に自信がつき、自ら楽しく朗らかに学べる子に育てています。

 学校の代わりに出席扱い、成績も加味される。 

 経験と実績豊かな教師が一人ひとり親切丁寧にわが子同様に寝食を共に慈しんで育みます。

 東京留学ティーチャーズホームステイ 5名募集(先着順)土平日休日電話で受付中 面談受付中

 既に定員の場合がございますので予めご了承ください。お早めにお尋ねください。

素敵なご縁があることをお祈りしています。

 

 

 

小学生の不登校からたちなおります

東京留学ティーチャーズホームステイの学び

東京留学ティーチャーズホームステイの目的

東京留学ティーチャーズホームステイの教育

東京留学ティーチャーズホームステイの指導

東京留学ティーチャーズホームステイの生活

■小学生の不登校克服メソッドの躍進と成果

■不登校克服メソッドは右脳と左脳の両輪開発

東京留学ティーチャーズホームステイの実績

東京留学ティーチャーズホームステイの受入

東京留学ティーチャーズホームステイの募集

僕の東京留学体験1

僕の東京留学体験2

不登校克服スペシャリスト 実績と経験豊富

 

 

 ★写真及びロゴ等は子ども教育支援センター及び東京留学ティーチャーズホームステイに著作権があります。

複写転用,及び無断でのリンクは固くお断りします。
2001-2016 Copyright(c) KODOMO KYOUIKU SHIEN CENTER & TOKYO TEACHE’S HOME STAY All Right Reserved