小学生の不登校を克服する

実績豊富で楽しい宿泊型スクール

東京留学ティーチャーズホームステイ

 12/20.21

2名募集中 説明相談会

小学4.5.6年生男子先着順募集中

小学6年生は今期が最後の募集となります

不登校を防ぐアドバイス新聞記事

東京留学ティーチャーズホームステイの学び

東京留学ティーチャーズホームステイの指導

東京留学ティーチャーズホームステイの生活

東京留学ティーチャーズホームステイの受入

東京留学ティーチャーズホームステイの募集

僕の東京留学体験1

僕の東京留学体験2

不登校克服スペシャリスト 実績と経験豊富な対応

小学生の不登校を克服しています

ハイパーサイエンスキャンプ 学童クラブ


    

12/20

小・中・高 不登校克服フォーラム

不登校克服の仕方 無料・要予約

小・中・高校生の不登校等の専門家相談電話

著書:不登校の子ほどよく伸びる

不登校の子の受け入れ実践教育機関・学校

小学校いじめ最多 文部科学省 2014.10.7

不登校速報値 文部科学省 2013.8

いじめ緊急調査 文部科学省 2012.10

■不登校になりやすい子 不登校の段階と克服

■不登校を克服するには

■不登校の対応と克服する方法

■不登校のスパイラルから脱出

■不登校の子の行動パターン

■不登校の原因パターン

ネットゲーム・動画にはまって

不登校の対応Q&A

■高校生の不登校克服

■中学生の不登校克服

■小学生の不登校克服

■中1ギャップと対策

■自信回復が不登校克服のカギ

■不登校克服実践教育スーパーバイザー


  Yahoo!ジオシティーズ

 

 小学生の不登校は学校に行けるようになるまで待つだけでは解決しません

 不登校をぶり返さないためには自分自身に自信をつけさせてあげることが大切です

 もうご家族だけで不登校で悩まれることはありません

 不登校から子どもたちを早々に救ってあげましょう

 

 小学生の不登校をなおす方法

 よく学び よく遊び 友達関係、自分自身に自信をつける

 自己肯定力を構築し、目標や夢を抱いて自分好きになることが第一歩

不登校になるこの大半は学校に自分の居場所がつくれない、またはいじめなどのきっかけで居場所を失ってしまう原因です。友達関係も自分自身で閉鎖的になり、思い込みが激しくなったり、こだわりが強くなったりしてしまいます。
また、無理矢理に登校するのでは不登校を改善したことにはなりません。
これからの長い人生です。色んなことがあるのが人生です。
本来は学校は社会に出るための予行練習の場です。良いことばかりではありません。経験を積むことで学んでいくものです。
毎日に流されては何の改善も訪れません。

 

 子どもたちが人との関わりを学び、楽しく生る方法、経験値を高め

  明るい未来を邁進できる支援をしましょう

 

 無理に登校刺激を与えることでなく、心のゆとりと準備と自信をつくりましょう
気持ちの切り替え方、フラストレーションの処理の仕方、自分の考えを表現する方法、
目標を立てて達成する方法、協調性、自己修正力、自ら問題を回避する方法を会得してから楽しい学校生活を送れるようになり、自己を見出し、夢を育み、これからの人生をより良く生きることが大切です。

毎日に流されては何の改善も訪れません。さあ、一歩踏み出し、新しい風を吹き込みましょう。

 

 東京留学ティーチャーズホームステイは山村留学や他の施設と異なり

 不登校克服支援に邁進する唯一の宿泊型スクールです

  子どもたちには明るい未来があります

 小学生の不登校を完全に克服への対応方法とは 一人一人に合わせて慈しんで指導

 ほめて伸ばす、長所を引き出す、心を豊かに、学力にも自主的に自信をつけ、自分自身に自信をつける指導。

 1998年以来、ボランティアで現在は国立オリンピック記念青少年総合センターで行っている

 実績と経験豊かな宿泊型スクールです。    文部科学省令 不登校適応指導実施宿泊型スクール

 

 

 夏休み明け不登校を防ぐアドバイス 学校は失敗していい場所
  共同通信社 新聞記事より (取材受け)


 夏休み明けに不登校になる児童・生徒が増える予防や対処法を、不登校克服を支援している専門家と、こうした経験のある子どもたちに聞いた。
 15年前から活動する『子ども教育支援センター』(東京)会長の木下貴博さんは男子4人を預かり、代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで一緒に合宿生活を送っている。
 木下さんは、いじめや鬱病が疑われる不登校の場合は、無理に登校しない方がいいとした上で、『子どもは失敗を重ねて成長するものですが、今、学校は失敗してはいけない場所だと構えている子どもが多い』と言う。
 『不登校の児童・生徒に比較的多いのは自意識過剰、完璧主義や感情表現が苦手な子。夏休み明けが近づくと恐怖に感じてしまう

 語彙を増やす
 東京留学ティーチャーズホームステイの合宿生活の中の高校1年生は『僕は一目を気にする性格で、小学生の時、夏休みに学校も勉強も面倒くさくなってしまって…』と振り返る。小学6年生の冬、山梨県から木下さんの元に来た。
 木下さんは生徒らをよく社会見学に連れて行き、知らない世界を体感させて心を動かす。語意を増やして気持を吐き出しやすくし、勉強は好きな科目の自習から促し、調べ学習の楽しさから導くようにすると言う。
 山梨県から来た生徒は『地元から外に出ることはなかったけど、東京へ来たら、人目をそんなに気にしなくてもいいんだと思えて、肩の荷が下りました。勉強は少しずつ自信がついて、連れて行ってくれた学童クラブで友達もできました』。東京へ来て1年後に都内の中学に通い出した。
 木下さんはによれば、不登校気味になると、1、やることがなくなってネットゲームなどにはまる。2、昼夜が逆転。3、ネット上では『完璧』を演じられるけど現実世界では孤立。4、親はゲーム機などを取り上げて子と対立…そんな悪循環になりやすい。

 太陽になって
 『親が困ってマイナス思考になるのは分かる。でも家でガミガミ言うより、楽しい場所へ家族で出かけて穏やかに話す方がいい。『北風と太陽』の太陽になってほしい。親子で孤立せず、学校長でも養護教員でもいい、身方を増やしましょう』
木下さんと暮らす児童生徒のうちの3人は、不党校を脱して通学している。彼らは、不登校ぎみの同世代に声をかけるとしたなら『朝早くに日を浴びるといいと思う』『笑顔でいてみる』『心配してくれる友達がいるなら学校に行ってみる』と話してくれた。

 

 著書:『不登校の子ほどよく伸びる』「小学生の不登校克服メソッド」 

《相談は無料》 ご相談・お問合せはお気軽に下記のお問合せ

携帯電話(担当木下)で承っています。下記QRコードを携帯で

読み取ると、電話帳に自動記録もできます。(非通知の対応は行っていません)

 ★写真及びロゴ等は子ども教育支援センター及び東京留学ティーチャーズホームステイに著作権があります。

複写転用,及び無断でのリンクは固くお断りします。
2001-2014 Copyright(c) KODOMO KYOUIKU SHIEN CENTER & TOKYO TEACHE’S HOME STAY All Right Reserved