Counter

 

 12月生1月 受付中 見学 短期体験(2週間)

学校に通っているのと同等学校出席扱い(学校と連携して出席扱いしています)

また学校のテストを行うことで成績も獲得できます。楽しさとやる気が出ます。

 どこよりも親切丁寧に対応します。楽しい。学習が楽しい。

(事前電話予約)先着受付店員定員5名になり次第締め切り。

 お早めにお申し込みください。最新のタブレットを用いた図解や説明算数などの学習や

理科社会の図解の興味ある本物を学習、英語や国語の最新の学習方法。興味を持って学習できる学習を採用し、実際に見たり聞いたりでき興味の体験学習をしています。生きた教育で伸ばす。施設内外でも他の友達との接触がで友達関係が豊かになります。他に例のない経験と豊かな学習体験ができます。

 

 少数精鋭5名受け入れ定員に限りがあります。

 

 現在の学校に通い始めたり、新しい学校でやり始めたり、「東京留学では楽しい仲間や先生、小学生の不登校を克服できるように自信をつけ、見守ってくれる親以外の大人がいる」ことが東京留学ティーチャーズホームステイではオリンピック記念青少年総合センター(文部科学省所管施設)を利用し、現実に実現します。ほとんどの場合3か月から5か月1年くらいで学校に通うようになります。新しい環境で先ず慣れて自信をつけることが大切なことです。フリースクールで楽しく豊かに心を癒し、友達と接すること、自分自身に自信がつき、余裕ができた時にいてきたときに、子どもが選んだ学校、受け入れてくれる学校を探します。帰省して在籍校に戻ることも可能ですが、在籍校での人間関係などがきっかけで不登校になるケースがほとんどなので、ホストファミリーの近くの公立小学校に通うことが多いです。受入れをしてくれる学校の先生からの声がけなどによって子どもが登校したいという気になれば、その子どもの住民票を移し、転校のための手続きに入ります。学習のやり方は従来のものとは異なり、新しくドリルや教科書で学習する子はいますが、負担の少ない最新のタブレットなどの最新の機械を駆使すると図解が詳しく楽しく学びます。博物館などの理科や社会、国語などの学習も見たり聞いたり、学校よりも生きた強化を学びよい楽しい学習が可能になりました。体育なども楽しく学習します。学校よりも楽しく学べます。

 

しっかりとした小学高学年の不登校から立ち直る宿泊型スクール

子どもたちを守る 明るく育てる 将来頼もしく育てる

東京のもう一人のもう一人の親になった気持ちで大事に育てています

大切な子どもたちは慈しんで不登校の克服に向けてシラバス子たて

伸ばして社会で立派に育つように指導しています

 

小学生の不登校を確実に楽しく克服する 

実績豊富で楽しい宿泊型スクール東京留学ティーチャーズホームステイ

12月1月生受付中(定員限定) 見学・個別相談会受付中

 面談 見学・お申し込み順受付

(事前に電話予約)申し込み順受付 定員5名 宿泊研修先 東京都渋谷区代々木神園町3-1

 国立オリンピック記念青少年総合センター 

 定員になり次第締切 ご了承ください。 

  児童付中!小3・小4・小5・小6(男子) 計5名 不登校克服メソッド宿泊型フリースクール受付中 

短期3.4か月不登校克服コース 中期期5.6か月不登校克服コース 長期コース 
学校の代わりに学校出席扱い。不登校克服 朗らかに育ち 
学ぶ子に 経験と実績豊富

 

その子の存在自体をほめよう

 朝日新聞 教育面 掲載 より 2016.09.15

 子ども教育支援センター 代表

 

長い休みがあったりした後は不登校が増えるとされる。どう対応したらよいのか。

 夏休み中は様々なイベントが多く、子どもたちは体も成長し、物の考え方にも変化が出てきます。一方、2学期に入ると久しぶりに会った友達との人間関係がうまくいかなかったりする。

 さらに勉強内容が増え、行事も目白押し。

生活の切り替えがうまくできないまま、ギャップを感じて不登校になる例が少なくありません。

 子どもの変化には、幾つかの兆候があります。例えば、表情が乏しくなる。学校のことをあまり言わなくなる。親が学校のことに触れると不機嫌になる。などです。学校に行きたくない気持ちが体調に現れる子もいます。

 夏休み明けに学校に行けなくなり、そのままの状態で復帰できない例は残念ながら多く見受けられます。

 親はどうしても「学校に行け」といってしまいがちですが、一番つらいのは本人です、本人や親の力だけでは解決できない場合は、

 周囲の人の力を借りることも必要です。

 大切なのは、周りがその常に笑顔で接すること。「ちゃんとごはんを食べた?」「つらいことない?」など、ちょっとしたことでも声をかけてあげる字とです。地域のおせっかいなおじさん・おばさん。学校ではおせっかいな先生が必要なんです。

 不登校の子どもたちと一緒に寝起きしたり、親や教員からの相談を相談に応じたり、長年活動していますが、

 自主性を尊重して学習の機会を与えると、伸びる生徒が多い。その子の存在自体をほめることで、いつか学校に復帰できる訪れるはずです。

 

 きのした・たかひろ 1962年 東京生都まれ。通信制高校教員、

小学校非常勤教師等をを経て2000年「子ども教育支援センター」を立ち上げ、不登校克服フォーラムや個別相談会を実施。「東京留学ティーチャーズホームステイ」として、不登校の子どもたちと侵食をともにして支援活動を続けている。

 

ベテランの経験豊富な教師が子どもたち一人ひとりに優しく寝食を共にわが子以上に慈しみ支援

毎日が修学旅行のような

東京留学ティーチャーズホームステイ

学校と連携在籍校出席扱

実績と経験豊富な教師が寝食を共にし、一人ひとり丁寧に、将来社会で対応できる立派な人間に育ってほしい。午前中は個別学習。基本から学力を伸ばし、褒めて伸ばす。自然にやる気を引き出し、自分自身に自信をつけてあげる方法で、確実にこの社会で自立していける力をつけさせてあげる指導を行っています。午後は社会科見学などの見たり聞いたり実体験による体験授業など盛り沢山の内容を行っています。ほかの山村留学や不登校施設と異なり、ボランティア(非営利活動)ですのでリーズナブルな費用です。
指導記録提出で在籍校の出席扱いをいただいています。

毎日が修学旅行

親元離れて自立していく生活を身に着けます

大いに楽しむことができる

東京留学ティーチャーズホームステイ

「学校に行けるようになるまで待ちましょう」では、そのままでは子どもたちは一人の力ではどうすることもできません。東京留学ティーチャーズは子どもたちが楽しく自立していけるように指導しています。子どもたちの長所を最も伸ばしていく環境です。親元離れて、自分で身の回りのことができることに大きな意義があります。子ども達同士の共同生活の中で、考え、協力し合ったり、楽しく生活が送れることで自立心がわき、心が豊かに育まれます。

早ければ3ヶ月で不登校克服

元の学校、新しい学校、新しく中学校からリスタートできる子

早ければ3ヶ月・4ヵ月ぐらいから不登校克服をしています。
本人の希望で元の学校や新しい学校に学校復帰し、スキルアップ。二十年足らずの経験と実績。卒業した子どもたちは全員不登校を克服し、元の学校や新しく転校した、入学した学校で活躍しています。

小学3年生・4年生・5年生・6年生

男子(定員5名)
公立のほか国立・私立小学生の対応ができます。

在籍の小学校の出席扱いをいただいています。学校の代わりに出席扱いになります。 宿泊場所から新しく転校先の学校など通学通学可能なら不登校を克服してから希望により東京留学を継続もできます。基本的に不登校を克服して受け答えできる子に育てる。親御さんの下へお返ししたい考えです。

 

ベテランの先生が、ボランティアで子どもたち一人ひとり楽しく友達と対話を作って、自主的に積極的に皆で楽しいときを過ごし、共通した時をすごして行き、学校生活を共にすごす醍醐味味わうことができるようになってきます。ご縁がありまして東京留学ティーチャーズホームステイに参加してきて、楽しい先生や友達と徐々に参加し、学校参加が可能になってきます。

東京留学ティーチャーズホームステイは学校の代わりに入学することによって公立・国立・私立の教科書内の学習を含み、シラバスを含め、東京でのびのびと自発的な学習を営むことで、在籍校に出席扱いをいただいています。最近では算数などで

  

学習の基本姿勢

興味が湧く学習 ほめて長所を伸ばし 自ら学ぶ姿勢をつくる

在籍校出席扱

使用教科書

学校に学習記録提出

学校で使用している教科書を使用の他タブレットなどの最新機械を導入することでより効率的な学習を進められ興味が出ます。 算国のから段階で先取り学習、理科社会学習意欲を伸ばす 英語へと本人の希望で学習の幅を広げる

独自の教材も使用 基本から応用まで幅広く学習意欲を高める

学校の試験実施

本人の希望で通知表の成績がほしい場合は学校の試験を受けることもできる

担任に連絡し郵送で処理する

英検漢検などの受験

なお余力ができた場合、本人が要望があれば指導を支援します


 
※東京留学ティーチャーズホームステイは 少人数定員です。先着受付となりますので、

 定員に満たった場合はすぐに対応ができない場合がありますので予めご了承ください。

 お気軽にお問い合わせください。

 

生きる基本を東京留学ティーチャーズホームステイで学べます

自分のことは自分で

出来るうれしさと自信

工夫をする力

親御さんがいなくても洗濯や掃除の生活に必要なことは自分のことは自分でできるようになること 親のありがたみがわかる ベッドメイキングも

または友達と協力して協調して助け合って工夫することも覚えます。

挨拶と朗らかな心

コミュニケーション力

友達や他の人にも顔輝に笑顔で挨拶することはすべての始まりです

施設内外の子供たちとのコミュニケーションも生まれ、遊びなどを通して健やかな心でお互いの心が通い、基本でもあり始まりでもあります

身体を強くすること

身体を強くすることは心も強く心も身体も朗らかになることです 体調管理

食育と栄養

生きる基本

伸び盛りの子どもたちの身体をつくるのは食事です おいしいだけでなく

栄養素も学びます・アレルギーも防ぎます。 テーブルマナーも行ってます。実際に生きるための調理実習も行っています。

 

*ホームステイの条件
 心身共に健康であること。投与中の薬などがある、通院中、ADHD、アスペルガー、

 家庭不和、肥満、著しい偏食、嘘つき癖、暴力傾向がある場合。

 楽しく学ぼうという意思があり、東京留学ティーチャーズホームステイに入る意思があること。
 保護者との信頼関係、ご理解、ご協力、信託。

 同意及び本人の入室の意思が必要となります。
 父母会以外の親御さんの宿泊はできません。定期的に保護者お泊り会を用意しています。

 

*東京留学ティーチャーズホームステイ入学受付中(定員5名)親子相談会受付中
 お問い合わせ・お申込は下記担当:木下までお気軽にご連絡ください。
 親子説明会相談会は予約制につき必ずアポイントメントを取ってからお気軽にお越しください。

 先着順で定員5名の少人数のため既に満員も場合がありますので予めご了承ください。

 お電話でい確かめください。健康であることが条件とまります。
 素敵なご縁があって、大切な子どもたちの一助になれます様に願う次第です。


 東京留学ティーチャーズホームステイ
 

 

  児童付中!小3・小4・小5・小6

  計5名 不登校克服メソッド 

  宿泊型フリースクール受付中

 東京留学ティーチャーズホームステイ 
 宿泊・研修先・面談 説明相談会

 国立オリンピック記念青少年総合センター

(文部科学省所管)を利用 

12月1月生受付 個別相談会受付中

定員になり次第締め切ります。親子面談別途

期間

短期3.4か月不登校克服コース

中期期5.6か月不登校克服コース 長期コース 

 

 

 

小学生の不登校からたちなおる最新の方法

 

小学生の不登校からたちなおなおります

東京留学ティーチャーズホームステイの学び

東京留学ティーチャーズティーチャーズホームステイの教育

東京留学ティーチャーズホームステイの指導

東京留学ティーチャーズホームステイの生活

■小学生の不登校克服メソッドの躍進と成果

■不登校克服メソッドは右脳と左脳の両輪開発

東京留学ティーチャーズホームステイの実績

東京留学ティーチャーズホームステイの受入

東京留学ティーチャーズホームステイの募集ホームステイの目的

僕の東京留学体験1

僕の東京留学体験2

不登校克服スペシャリスト 実績と経験豊富

東京留学

不登校の子どもの将来に不安を抱いてはいけません

 

 

 

最近のテレビ・ラジオ出演・新聞など

NHKラジオ新生活の疲れが出る5月、

中学1年、心身不調注意NHK解説委員早川信夫氏と競演 

フジテレビ 2015.4.15 明石やさんまのホンマでっかTV

マツコデラックス等と共演

共同通信 2013.8.20 不登校を防ぐアドバイス  

朝日新聞 2011.11.11 夏親元離れて不登校克服

朝日新聞教育面 その子の存在自体をほめよう 2016.9.15

「学校へ行きなさい」の境界線 2016.10.18

サンケイリビング研修会 講師出演 日本橋

★写真及びロゴ等は子ども教育支援センター及び東京留学ティーチャーズホームステイに著作権があります。

複写転用,及び無断でのリンクは固くお断りします。
2001-2016 Copyright(c) KODOMO KYOUIKU SHIEN CENTER & TOKYO TEACHE’S HOME STAY All Right Reserved