家具工房 -soh-

■ 失敗しない家具の選び方講座

Ⅱ 椅子 ーイス・chair- の選び方

①座面の高さは大丈夫?

座った時、座面が高すぎると腿が圧迫されて痛くなったり、むくみの原因になったりします。
でも低すぎると、今度はお尻にばかり体重がかかって、お尻が痛くなります。
座ってみて座面の先と腿の間に若干隙間ができるくらいがちょうどいいのです。


②座面の奥行は大丈夫?

奥行があり過ぎると、何か窮屈な感じがし、前にずれて座るような形になるので、腰に負担がかかります。
また奥行きが無さ過ぎると、不安定な感じがして落ち着きません。
奥まできちんと座って、座面の前方と膝の裏の間に指が3本はいるくらい隙間があるのがちょうどいいです。


③背はしっくり合いますか?

椅子の背は横のカーブの大きさと面積が大切。
カーブの半径が大きいと背骨があたってしまし、少し経つと痛くてたまらなくなります。
半径が小さいと背中が締め付けられるような感じがします。
また背中に接する面積が小さければ圧力が集中し痛くなりやすいと言えます。


④座り心地が重要

背中のどの部分が椅子の背とあたってますか。背中にも痛くなりやすい部分となりにくい部分があります。
背中のどこに、どのようなカーブがあたるかで、疲れやすさ・腰痛のなりやすさが全然ちがいます。どんな形の背であれ、腰のあたりがしっかりと支えられ、背筋が伸びるような座り方ができるものがいいです。
また、座面のフィット感・滑りやすさでも疲れやすさ・腰痛のなりやすさが全然ちがいます。
せめて5分以上座って決めないと、身体に悪い椅子を選んでしまうかも知れません。


⑤接合方法は?

組み立ててしまうと外から見ても分かりませんが、丸い棒(ダボ)でつなぎ合わせて組まれたものと、枘組みで組まれたものがあります。
例外的に接着剤のみで張り付けられたものもありますがこれは論外です。
勿論、精度のある枘で組まれた椅子のほうが丈夫だし、破損も少ないし、修理もしやすいです。
だから結果として長く使えます。



⑥重すぎない?

太い材料で作れば丈夫な椅子ができます。しかし重すぎる椅子は、よく動かす用途には不向きです。
しかし脚などを中途半端に細くすると、かえって力が接合部に集中し、破損しやすくなります。細くするなら、木のしなりの強さを使い、椅子全体をしならせるほど細くした方がかえって丈夫です。
適切な材料の太さは樹種によっても異なるので知識と経験が必要です。


⑦材料は大丈夫?

椅子を作るには、しなる力が強い材料を選ぶ必要があります。
体重を支え、いろいろな方向からの力に耐えなければならないので、どんな樹種でもいいというわけではありません。
代表的なものをあげると、サクラ・ケヤキ・ナラ・ウォールナット・カエデなどです。
あまり柔らかい材料だと破損する可能性も高くなります。


■■  商品のご注文・お問い合わせはこちらまでお気軽ご連絡ください! ■■
家具工房-soh- TEL・FAX  026-248-6105
メール    soh0262486105@nifty.com
ホームページ  http://soh2001.com
〒382-0806 長野県上高井郡高山村中山4771-1