馬渕教室|高校受験|教科毎の指導

学ぼうとする気持ちをどう引き出すか、馬渕教室の指導の原点はそこにあります。
どの教科も原則として、学校の先取り授業となりますが、必要に応じて新指導要領外の単元も学習し、学校の教科書の順序にとらわれず、馬渕教室オリジナルのカリキュラムを組んでいる場合もあります。

算数・数学

小学4年生から中学3年生の6年間を考慮したカリキュラムに沿い、系統立てて整理されたオリジナルテキストを使用しています。算数では反復して定着を図る意味で渦巻き式のカリキュラムで基礎から発展へ無理なく力をつけていき、数学では基礎となる原理原則をもとに発展的な内容へ掘り下げていきます。

国語

「ことばの感覚」と「論理力」、そして他者理解に繋がる「心情把握」を十分に考えた小学4年生から中学3年生まで、それぞれの段階に合ったステップを踏みながら学習していくカリキュラムとなっています。情操教育も含んだたいへん大きな意味での「国語力」を学習し、高校受験への対策はもちろんのこと、それ以降の学習にも直結する教科です。

英語

効率よく学習効果を上げるための独自のカリキュラムを構築し、それに基づいて作成したオリジナルテキストを使用します。基本事項を理解し定着させ、発展的内容まで深く学習します。音声学習にも力を入れ、テキスト内容を音声化し、オリジナルで作成した準拠CDを使用し、「耳からの学習」の強化を並行して行っていきます。

理科

新指導要領で削減項目になった原理・原則も、できるだけ内容を簡単にせず、カリキュラムに取り入れる方針をとっています。これにより、高校での学習内容の負担をすこしでも小さくできるとともに、将来必要な「自ら学び解決する」能力の開発にも寄与できると確信しています。

社会

「高校入試」に十分に対応できるよう、「地理」「歴史」「公民」の各分野ごとに精緻なカリキュラムを編成し、各分野の学習がバラバラになるのではなく、相互が関連するような工夫もなされています。それにより、分野による偏りのない、バランスの取れた総合力を身につけた上で入試に臨めるようになっております。