馬渕教室|高校受験|指導理念

「生徒のためにどのように教え、褒め、叱り、話し、そしてどのように未来に導いてゆくのか」について、つねに真剣にのぞむこと。

成功体験

高校入試において"努力"や"強い思い"は必ず報われるという成功体験
「頑張れば報われる」という「成功体験」を持っていることが、たいへん大きな力となるはずです。そして、この成功体験を弱冠15歳という多感な時期に体得することは、将来の大きな礎となることでしょう。ですから馬渕教室では、生徒たちの第一志望に徹底的にこだわります。第一志望校合格は、単なる高校選びというだけではなく、将来を生き抜く原動力です。

主体性

自分で目標を定め、課題を見つけ出し、克服していこうとする主体性
「何をきちんと教え、何を考えさせるのか」を追究した授業を行います。生徒たちは、教師の指導を踏まえ、そして自分自身の力で目標を決め、弱点を見つけ、克服していきます。自分の学習を自分で管理してゆく力を養ってゆくことは、教育の基本です。

真の学力

高校入学以降、社会人になっても通用する真の学力
馬渕教室では将来に向けて、「本質を見抜く力」「正しい判断ができる力」を養うことを念頭に置き、新指導要領にとらわれないカリキュラムを組んでいます。必要な学習内容を必要な学年にきちんと指導すること。この蓄積が、将来のさまざまな場面での「正しい判断をする力」の知識となってゆくのです。