馬渕教室|高校受験|指導システム

教師が聖地に指導するためのシステム作り、つまり教務力。
カリキュラム、テキスト、テスト、進路指導など、様々な側面から教師の指導をバックアップするシステムは、馬渕教室の大きな特徴のひとつです。

定着力こそが、学力につながる!一人ひとりを大切にするシステム

A:宿題
授業終了時には宿題が提示されます。
宿題にはA・B・Cの難易度設定がされており、クラスの授業理解度などから判断して適切な難易度の宿題を提示します。

B:復習テスト
宿題による定着度のチェックをするテストです。
日々の書いて学習の状況が見えてきます。

C:フォローアップ
復習テストの合格点は8割。
これに達しなかった場合には、フォロープリントなどが配布され、さらに弱点箇所を重点的に復習していきます。

D:馬渕公開テスト
総合的な実力をはかる馬渕教室独自のテストです。
これに基づき、進路指導やクラス替えが行われます。

高校受験においての第一志望合格はもちろん、
馬渕教室では将来につながる「真の学力」が身に付きます!

1:基礎学力指導
全ての学習を支えるのが「読み・書き・計算」に代表される基礎学力。特に馬渕教室では、小学生の間に基礎学力の徹底をはかります。

2:教科指導
馬渕教室の各教科のカリキュラムは、大学進学や、さらにその先を見据えて、そこから逆算して組まれています。指導要領にとらわれることなく、「必要なことを必要な学年で学習する」系統立てられた独自カリキュラムです。

3:小学部特別授業プログラム
思考力は「ことば」によって培われます。
小学生の間に、ことばの完成を養うことは将来への大きな力となります。
●国語発声授業●小学英語授業

4:受験指導
日々の復習テストや、実力をはかる公開テストをもとに、馬渕教室の進路指導は、公立高校の「入試当日順位予測」ができるほどの精緻さを備えています。膨大な卒業生のデータを蓄積している馬渕教室ならではの進路指導です。