トップページへ戻る

サロンに戻る


紅竜のお悩み相談事例


ほんのちょっとした心と頭の使い方を切り替えれば、誰だって今すぐに幸せを手に入れる事が出来るのです。

様々な悩みを抱えている方の、その処方を、運命学という観点からアドバイスいたします。



30歳の女性の相談です。

付き合いだして一年になろうとする彼がいるのですが、最近、彼の性格の中にだらしない部分を見つけ、気になって仕方ありません。結婚をするつもりでしたが、本当にこの人と結婚して大丈夫なのか、相性や二人の将来を占ってください。




男女の恋愛関係というのは、大体お付き合いが始まって、半年ぐらいたつと、舞い上がっていた気持ちがひと段落し、お互い地に足が着くようになってきます。

なんて素敵な人だろう、世界中で一番好き、などと初めは、相手のいい部分しか目に入らず、自分も多少無理してでも良く見せようと、頑張りますが、この頑張りが落ち着いてきます。

すると今度は、相手の欠点が浮き彫りになって、そこばかりが目に付くようになる時期があるのですが、この二人はちょうどその時期にきているようです。

さて、まず二人の相性ですが、いわゆる似た者同士のカップルなのです。

ですから、日常生活で思うことや感じる事が、共感しあえるので、一緒にいて楽しく、わいわいと盛り上がるカップルなのでしょう。

しかし、似たもの同士のカップルというのは、物事の捉え方が似通っていますので、一方がネガティブに陥ってしまうと、もう一方も同じように、それに引きずられてしまうのです。

この落ち込みの周期が同じなので、この時期をしっかりとお互いが自覚して、軸がぶれないように協力し合う事が出来れば、周りがうらやむぐらい仲のいい夫婦となるでしょう。

ただ、彼の「だらしない部分」に対する不安は、実は、同じ習性をこの女性も持っており、無意識に自分のコンプレックスになっている部分なのです。つまり、自分のだらしない部分を相手の中に見つけ、嫌がっているのです。

これは、自分を正すことによって解決されます。





夫婦の相性が、いいのか、悪いのかを占ってもらおうとする時に、どういう結婚生活を望んでいるのかを、自分で今一度考えてみる事が、必要なのです。

例えば、何をするにもいつも一緒で、二人でいられれば幸せと感じるのか

お互いが自分の世界を持っており、それを壊さない範囲で共同生活をしたいのか

自分にないものを持っている相手と、補い合う関係を持ちたいのか

同じものを見て同じ様に感じる、価値観の一致した人と一緒にいたいのか

友達同士のような自由で、束縛のない関係でいたいのか

など、自分の結婚生活を想像してみるといいのです。



夫婦の形は一つではありません。

例えば、あまり束縛しない自由な関係が合っているのに、相手が常に一緒にいたいと感じるタイプだと、束縛されたくない方は、自由を奪われるようで、少し距離をおきたいとおもうでしょう。

一方で、一緒にいたいタイプの人は、休日も自分の趣味で出かけてしまう相手に不足感を覚え、物足りなさを感じてしまうでしょう。

しかしこういった感覚の違う二人が、夫婦として生活を共にすると、かなりの苦労が伴うでしょう。

ですから、結婚前に自分はどういうタイプで、相手に何を望んでいるのか、逆に、相手はどういうタイプで、自分に何を望んでいるのか、それを知ることが、第一です。

夫婦の重なりは、70%ぐらいがちょうどいいのです。

100%息の合う夫婦というのは、必ずどこかで、どちらかが無理をしていますので、やがて、ひずみが生まれ、取り返しのつかないことになってしまいかねません。

しかし、まったくすれ違いの夫婦というのは、結婚生活の意義がなされないでしょう。

ですから、お互いが30%の自己主張の部分を認め合い、残りの70%で、相手を尊重する事が、夫婦ともに出来れば、それこそが、最高に相性のいい夫婦といえるのです。






トップページへ戻る

サロンに戻る