戻る


  月の星座カレンダー

自分の肉体と感情を知的に理解するために、月のカレンダーを利用しよう!!

月は毎年地球から50cm離れて行っており、なおかつ生き物が生息しない死の星だいう説があります。

しかし、今現在も月の引力が私たちの体と精神に深く影響を及ぼしているのも事実です。

月のサイクルを知って自分の感情と肉体の動きを意識的に理解することは、
自分自身のコントロール能力を高めるために一役買ってくれるでしょう。

月のサイクルを知るということは、自分の中の約29日間サイクルを理解するということにもつながります。


約29日で地球を一周する、動きの早い月が、それぞれの星座にとどまるのは2〜3日です。

それぞれの星座と月の関係、また月の満ち欠けによって変化する肉体面と、
宿曜経によって、自分の宿と他の宿との関係を知り、精神面に及ぼす影響など事前にキャッチし
日常生活に役立ててください。


 
2013年   月の星座・宿曜カレンダー new!!


このカレンダーは、宿曜経と月の星座がわかるものです。
宿曜経を組み合わせているのは、他ではあまり見かけないでしょう。
どうぞ、PDFファイルになっていますので、ご自由にお使いください。

 
2013-01.pdf

2013-02.pdf

2013-03.pdf

2013-04.pdf

2013-05.pdf


2013-06.pdf

2013-07.pdf

2013-08.pdf

2013-09.pdf

2013-10.pdf

2013-11.pdf

2013-12.pdf



 

このカレンダーは、紅竜が空いている時間に作成しているものです。
毎年楽しみにしてくださっている方がおりますので、
来年はまだか?のお声に、尻を叩かれて作りました。
ご連絡くださった方ありがとうございました。

このカレンダーは、無料ですのでご自由にお使いください。
そして、もし誤字脱字、ミス等がありましたら、
紅竜までメールいただけると、かなりうれしいです。
私は、誤字脱字がすごく多いので、
ぶっきらぼうの、用件のみのメールでいいので、
もしあったら教えて下さいませ。

2012年12月10日作成



 








※宿曜経の星について

『漢字が続くのですがそういう時もあるのですか?』

同じ漢字、つまり同じ宿の日が続くことがありますので、間違いではないのです。

宿曜経の場合、27宿と28宿の二種類があります。
お日柄を見るのに使われているのは28宿のほうで、
毎年書店に平積みされる暦などに使われています。

しかしここでは、自分とその日の関係というように、
人の心理面(月の占いなので)に焦点を当てているので、27宿で日をみています。
まずこの違いがあるのを知ってください。

そして、27宿の宿星の出し方は、
旧暦の1月〜12月までの1日(朔日)と15日(望月)の宿を予め決めておいて、
残りを、宿星の順番に当てはめていくやり方をしています。
例えば、
1月1日は「室宿」、1月15日は「翼宿」、
2月1日は「奎宿」、2月15日は「角宿」、
3月1日は「胃宿、」3月15日は「氏宿」・・・と12月まで決まっています。

この法則にあわせて、1ヶ月、つまり30日分の宿星を当てはめていくと、
なんと12ヶ月中、9ヶ月も宿がだぶる日がでてくるのです。
ただし、ここで使う暦は旧暦ですので、今のカレンダーは関係ないです。


宿曜経は、実際の月の運行とは関係なく、
暦のからくりの中に存在している占いです。

なので、現実味がない、といって宿曜経を嫌う人もいますが、
占星術でも天体の逆行(実際は逆行はしていないが地球から見るとそう見える)というのがあるように、宿曜経にも月が二泊する宿があってもいいのではないかと思います。

人智の及ぶ範囲をはるかに越えた自然界や宇宙の動きが、
不定期であったり、不確実であっても何らおかしくないです。

宿曜経は、暦をきっちり計算して導きだす占い研究者よりも、
霊的感性の高い人に好まれて使われているというのも、
何か意味があるのでしょう。





 
2012年 月の星座・宿曜カレンダー 

 
2012-01.pdf
2012-02.pdf
2012-03.pdf
2012-04.pdf
2012-05.pdf
2012-06.pdf
2012-07.pdf
2012-08.pdf
2012-09.pdf
2012-10.pdf
2012-11.pdf
2012-12.pdf

 
2011年   月の星座・宿曜カレンダー    

2011-1.pdf
2011-2.pdf
2011-3.pdf

2011-4.pdf
2011-5.pdf
2011-6.pdf

2011-7.pdf
2011-8.pdf
2011-9.pdf
2011-10.pdf
2011-11.pdf
2011-12.pdf


※6月のカレンダーの曜日の間違いを修正しました。
間違いに気づいてご連絡くださった方ありがとうございました。(2011年2月13日)



各星座の特徴(月の癒しより) ※星座をクリックすると詳しい病気と対処方が見られます。
星座 シンボル 支配している身体部位
主な病気
属性 器官組織 栄養素 欠けていく月 満ちていく月
おひつじ座 頭・目・鼻
頭痛  目の病気
感覚器官 たんぱく質 4月〜10月 10月〜4月
おうし座 アゴから首まで
のどの痛み  耳の病気
血液循環 5月〜11月 11月〜5月
ふたご座 肩・腕・手
肩の痙攣
脂肪 6月〜12月 12月〜6月
かに座 肺から胆のうまで
気管支炎 胃・肝臓・胆のう・肺の病気
神経 炭水化物 7月〜1月 1月〜7月
しし座 血液・心臓
心臓や血液循環の病気
感覚器官 たんぱく質 8月〜2月 2月〜8月
おとめ座 大腸・小腸・脾臓・膵臓
消化器官と膵臓の病気
血液循環 9月〜3月 3月〜9月
てんびん座 腰・腎臓・膀胱
腰(臀部)・腎臓・膀胱の病気
脂肪 10月〜4月 4月〜10月
さそり座 生殖器・尿路
生殖器や尿道の病気
神経 炭水化物 11月〜5月 5月〜11月
いて座 大腿
大腿の病気
感覚器官 たんぱく質 12月〜6月 6月〜12月
やぎ座 膝・皮膚・骨
膝・皮膚・骨の病気
血液循環 1月〜7月 7月〜1月
みずがめ座 下腿
下腿の病気
脂肪 2月〜8月 8月〜2月
うお座 くるぶしから下の足
足のトラブル
神経 炭水化物 3月〜9月 9月〜3月


宿曜経の六害宿
宿曜経(しゅくようきょう)
この日にしてはいけない行為
【命メイ】 金銭を失う 
(自分の宿) 
暴飲暴食・火の不始末・喧嘩・スポーツの試合・入院・密談・病気見舞い・契約・決定
【意イ】 地位を失う 
(命から左に3番目の宿)
横領・陰口・批判・出張・交渉事・訴訟
【事ジ】 病を背負う 
(命から左に9番目の宿)
人事異動・転勤・転職・引越し・旅行・事業の拡張・開業・建築・留学・
【克コク】 愛を失う 
(命から左に12番目の宿)
挙式・墓参・寺社詣で・祝い事・婚約・パーティー
【聚シュウ】 財産を失う
(命から左に15番目の宿)
投資・預金・金銭貸借・商談・貿易・土地売買・政治折衝・講演・宣伝活動
【同ドウ】 家族を失う 
(命から左に19番目の宿)
浮気・夫婦喧嘩・親子喧嘩・デート・見合い・プロポーズ・出版・計画の変更
・恐ろしい、暗黒の一週間とは、「業宿」の次の日から6日間、「壊宿」までの期間です。
・六害宿は、吉凶逆転期間に当たると、要注意日となります。


宿曜経の三九の法・対日の吉凶
宿 関係 一日の吉凶
■ 因縁 生命の潮が最高のため、神経が高ぶる。憂うつ・考え込む。運命を決めることが起こりやすい。控え目、慎重に静観して吉。外出先で人に見つかる。久々の音沙汰あり。
◎ 仕事・夫婦 心身の緊張を前日から引きずるが、気分は悪くない。見通し明るい。臨時収入。売り買い良い・精神的喜び・婚約・入学・開店吉
○ 友人・恋人 見込み違いでがっかり・寂しい・気分低調。午後から金運・旅行凶
勝 部下・目下 比較的安泰日。ホット一安心の出来事あり。金運良い。相場の利益あり。建築・移転・旅行吉
負 上司・目上 ビジネスの動きはにぎやか。しかし空騒ぎ。見込み違い、勘違い、約束違い。騒がしい、人の集まるところ、交友運、宴会、お祭り騒ぎなど吉。散財・ケガ・事故注意。
勝 部下・目下 「栄」に次ぐ良い日。見込みどおり入金あり・即実行・グズグズしない。入学、入居は良い。しかし午後2時までに行動・翌日「壊」なので、夜から下がる。
負 上司・目上 たたかれる。出費多い。売買凶・静観・自ら事を起こさず。この日の事故、怪我は死に至るおそれあり。ただし、借金の返済は吉=災いをはらう
○ 友人・恋人 「命」と「業」の前々日の「友」は、一ヶ月の内で、勝負の時。ビジネスに最高の時。賭け時。契約・取引吉・交友・結婚式・会合も吉。
◎ 仕事・夫婦 「友」に次いで良い・善事「命」・「胎」・「業」と続くが、
「業」の前日は、翌日から暗黒の一週間に入る。
10 ■ 因縁 自分の前世の業が現れる。この日を境に暗黒の一週間に突入。仕事多忙・他動的に起こることは、あまり芳しくない。徳をつむこと
11 ◎ 仕事・夫婦 暗黒の一週間、要注意週間。どうしてもの場合だけ、慎重に行動。
12 ○ 友人・恋人 はなはだしい見込み違いのズレ。ショックで寂しいこと。静かに慎重に。株は持ったまま。
13 勝 部下・目下 要注意ではあるが、小康の日。どうしてもの場合は、細心の注意で臨む。
14 負 上司・目上 変動に振り回されて大きな見込み違いを起こす。危険極まりない日。早とちり、誤算に注意。
15 勝 部下・目下 どうしてもの場合は、早めに済ます。午後からの仕事は極力避ける。夜遅くの電話や誘いは悪魔のワナ。絶対にやめること。
16 負 上司・目上 心身ともに落ち込み、天空の自動自活のエネルギーがストップ。最後の凶日。入るお金は明日に伸ばし、清算は済ませる。成果の上がらぬくたびれる日。タダひたすら明日を待つ姿勢。夜遅くから回復の兆し。
17 ○ 友人・恋人 暗黒の一週間が明けて、最高の気分に浸れる日。
交友・結婚式・会合吉。ビジネス契約・金銭に最も縁深き日。
18 ◎ 仕事・夫婦 「友」に次いで良い・善事「命」・「胎」・「業」と続くが、
「胎」の前日は、病気に縁生じがち。
19 ■ 因縁 「命」に同じ。商売・取引などはせぬこと。ここから運勢が上昇カーブに入っていく。希望の光が見えはじめる。
20 ◎ 仕事・夫婦 心身の緊張を前日から引きずるが、気分は悪くない。見通し明るい。臨時収入。売り買い良い・精神的喜び・婚約・入学・開店吉
21 ○ 友人・恋人 見込み違いでがっかり・寂しい・気分低調。午後から金運・旅行凶
22 勝 部下・目下 比較的安泰日。ホット一安心の出来事あり。金運良い。相場の利益あり。建築・移転・旅行吉
23 負 上司・目上 ビジネスの動きはにぎやか。しかし空騒ぎ。見込み違い、勘違い、約束違い。騒がしい、人の集まるところ、交友運、宴会、お祭り騒ぎなど吉。散財・ケガ・事故注意。
24 勝 部下・目下 「栄」に次ぐ良い日。見込みどおり入金あり・即実行・グズグズしない。入学、入居は良い。しかし午後2時までに行動・翌日「壊」なので、夜から下がる。
25 負 上司・目上 たたかれる。出費多い。売買凶・静観・自ら事を起こさず。この日の事故、怪我は死に至るおそれあり。ただし、借金の返済は吉=災いをはらう
26 ○ 友人・恋人 「命」と「業」の前々日の「友」は、一ヶ月の内で、勝負の時。ビジネスに最高の時。賭け時。契約・取引吉・交友・結婚式・会合も吉。
27 ◎ 仕事・夫婦 「友」に次いで良い・善事「命」・「胎」・「業」と続くが、
「命」の前日は、気分重く、何事も手早く済ませておくこと。
■ 暗黒の一週間について
体力・気力ともに沈みがちで、スランプ続き。
仕事は多忙で追い回される割には、全てが期待はずれ、
予定はのびのびでクラクラ。何か決まっても、ろくな結果になりにくく、
運命を分岐するよう危難にも合いやすい。散々。自ら積極的に事を進めないこと。
・特に最低の日は、「 成と壊」     
・次に悪いのが 「栄と衰」     
・次の次に悪いのが 「危と安」
※七曜陵逼の期間は、吉凶が逆転する、
故に、暗黒の一週間は大吉の一週間となる。
■ 三九が逆転する日
「業・栄・安・成・友・親」が凶
「衰・危・壊」が吉

日   尾 壁 参 軫
月   箕 井 奎
火   鬼 斗 角 婁
水   亢 女 柳 胃
木   氏 昴 虚 星
金   房 畢 張 危
土   心 室 觜 翼 







戻る