戻る


  月の星座と病気の関係 


 太陽が一年かけて12星座を一めぐりするのに対し、月は約1ヶ月で一めぐりします。
 ですから
月は毎月一つの星座に2〜3日滞在しています。
 各星座には、それぞれ身体の対応部位があり、その星座に月が滞在している期間は
 その身体の部位に何らかの影響があると考えられています。



ふたご座の特徴(月の癒しより)

星座 シンボル 支配している身体部位
主な病気
属性 器官組織 栄養素 欠けていく月 満ちていく月
ふたご座 肩・腕・手
肩の痙攣
脂肪 6月〜12月 12月〜6月



肩 腕 手 ●支配する身体の部位の手術を行ってはいけない。
●支配する身体の部位に
負担をかけることはよくない。
●支配する身体の部位の
手当てやケアは普段の日の倍の効果がある。

●解毒や洗浄といった『放出的治療』は、欠けていく月の期間に行うのがよい。
●補強や強化といった『吸収的手当て』は、満ちていく月の期間に行うのがよい


●ふたご座の日には、生き生きとした元気な気持ちでいられる。

●マッサージや体操など肩のためになる事をすると効果的。

●薄着や、強い風を受けると普段の日よりダメージが大きい。



肩のトラブル ●体操・マッサージ・外科的な手当て・入浴など。針治療など効果的。



リウマチ ●リウマチは、まだ見つかっていない虫歯や第十二胸椎のズレから来る場合もある。











戻る