戻る


  月の星座と病気の関係 


 太陽が一年かけて12星座を一めぐりするのに対し、月は約1ヶ月で一めぐりします。
 ですから
月は毎月一つの星座に2〜3日滞在しています。
 各星座には、それぞれ身体の対応部位があり、その星座に月が滞在している期間は
 その身体の部位に何らかの影響があると考えられています。



おうし座の特徴(月の癒しより)

星座 シンボル 支配している身体部位
主な病気
属性 器官組織 栄養素 欠けていく月 満ちていく月
おうし座 アゴから首まで
のどの痛み  耳の病気
血液循環 5月〜11月 11月〜5月



アゴから首まで


耳 
喉頭  
言語器官 
うなじ  
甲状腺
●支配する身体の部位の手術を行ってはいけない。
●支配する身体の部位に
負担をかけることはよくない。
●支配する身体の部位の
手当てやケアは普段の日の倍の効果がある。

●解毒や洗浄といった『放出的治療』は、欠けていく月の期間に行うのがよい。
●補強や強化といった『吸収的手当て』は、満ちていく月の期間に行うのがよい



●おひつじ座の日に外出する時は、少し暖かめの服装で首を冷やさない様にすると良い。
●首、うなじ、肩のマッサージは効果的。

●春と秋には声がかすれる可能性がある。
●寒い時期は、耳を保護するとよい。




のどの痛み
扁桃腺
●のどの痛み、扁桃腺、首のしこりは、第五・第六頚椎がずれている可能性がある。




甲状腺機能 ●甲状腺が過剰に分泌されると、イライラ、不安、動悸、発汗、不眠、下痢などがおき、ひどい疲労感に見舞われる。

●欠けて行く月のときに、浄血作用のあるお茶を15時から19時の間に飲むと効果的。
●甲状腺を抑制するために、生野菜は効果的。











戻る